英語学習のモチベーションを保つ秘訣とは?

英語学習のモチベーションを保つ秘訣とは?

⏳この記事は 2 で読めます。


英語はゴールが見えずに、だらだらと勉強してしまったり、モチベーションがあがらずに勉強をやめてしまったりされる方が多くいらっしゃいます。

今回は英語学習を長続きさせるコツをご紹介します。

英語習得した先をイメージする

英語そのものを目的とし、学習する方法もいいですが、何か他に目的があり、そのために英語を学習する場合も結果的に英語をマスターすることができます。

たとえば、アメリカのビジネスについて英語で直接情報を集めようという場合や、ガーデニングに興味があり、イギリス人に色々と相談にのってもらうなどという場合、あるいは日本人があまりいない英語圏の地域に旅行するなど。

これらのケースははっきりした目的があります。

何かについて調べようとしている人は、自分の知りたいことが何なのかが具体的にわかっています。

ですから、そのことをどうやって英語で質問しようかとあれこれ事前に調べるでしょうし、ビジネスの資料を読んでわからないところは自分が納得できるまで調べるでしょう。

また、実際にコミュニケーションしているうちに新しい表現を知りますし、自分でもどう表現すれば効果的に相手に伝わるかを常に意識するようになります。

目的が英語ではなく、他のなにかである場合、英語を使わないとそこから進めない状態になることもあり、飛躍的に実力がつきます。

実体験をすることが実力を定着させるのに効果的です。

また、英語学習は続かないという人でも、他に目的があり、それには英語が必要だというのなら続けようとしなくても続けることができ、結果として英語が身に付くのではないでしょうか。

普段の学習にも少し取り入れるといいでしょう。

英語を目的にするのではなく、目的はなにかほかのもの、自分の好きなことから始めるといいと思います。

英語習得は通過点

英語を目的にしない。

実際にやってみたことがあります。

たとえば、海外の女優の情報を知りたいけど、日本語のホームページのみを調べても情報が少ないので英語のホームページを調べ、その女優についての詳しい情報を得る。

マーケティングの知識が欲しくて、本場アメリカのビジネス論を英語で調べる。

このように、最初から目的があるわけです。

ですから、自分の欲しい情報を得ようと、より集中して英語に向き合うことができます。

まとめ

英語学習がストップされている方は今一度、自分の目的は何であるのかを考える必要があります。

今回の記事を参考にしていただき、英語学習が続くこと願っております。