半年でTOEICを700点獲得した方にインタビュー

半年でTOEICを700点獲得した方にインタビュー

今回は半年TOEIC700点を獲得した大高まりえさんにインタビューしました。

半年で700点達成した方法は?

TAK)「本日はどうぞよろしくお願いいたします。お時間をいただきましてありがとうございます」

大高)「こちらこそどうぞよろしくお願いいたします」

TAK)「まずはじめになんですが、大高さんはTOEIC700点をなんと半年で達成できたということなんですが、実際にはどういう勉強方法を行ったのでしょうか?

大高)「自分の場合は、半年といっても元々英語が好きだったので得意ではあったんですね。それで、今まで資格は何もとっていなかったので、今年の目標はTOEICをとりあえず受けようと思ったんです。」

「点数に関しては別に気にはしなかったんですが、600点超えればいいかなぐらいで受けました。」

友人に紹介してもらったテキストでTOEICを勉強

大高)「勉強方法は、友人に大手の英会話教室で働いている人がいるので、おすすめのテキストを教えていただいて勉強しました。基本的にはテキストですね。特段スクールに通ったとかはないです。ただ、時間が空いた時に趣味でオンライン英会話サービスを利用していました。」

「そのオンライン英会話サービスって何を利用しましたか?」

「外国人と話せる無料のアプリをはじめに使っていたんですが、すぐに電話を切る人や、マナーの悪い人、自己紹介だけで終わってしまうことがあったので。お金を払ってしっかりできるオンライン英会話サービスを利用しました。」

「有料といってもそこまでお金を払いたくなかったので、キャンブリーというサービスを利用しました。」

オンライン英会話サービスはキャンブリーを利用した大高さん

TAK)「キャンブリーですね。キャンブリーは私もおすすめしています。」

大高)「そうなんですね。あのサービス良いですよね。友達に話す感じで利用できるし、いろんな海外の人と話すことができるので楽しいんですよね。なので、趣味の延長線みたいな形で使ってました。」

「趣味で使っていたんですけど、実際に話すことの大事さを知ることができました。文字で勉強しているとなんというか、わかった気になっているんですよね。あと、テキストで学んだだけだと、リスニングが全くできない(笑)」

TAK)「そうなんですよね。テキストでわかってもリスニングは別物ですかね」

大高)「全くその通りなんですよ。1ヵ月ほど短期留学に行っていたことがあって、リスニングができない事はわかっていたんですが、オンライン英会話をはじめてあらためてリスニングの難しさがわかりました。」

「その点キャンブリーは友達感覚で話すことができるので、リスニングが楽しみながら伸びていきました。」

TAK)「キャンブリーを利用される方は結構みなさん、同じようなことを仰っていますね」

TOEICの勉強後もキャンブリーを利用する大高さん

大高)「そうなんですか。TOEICをまた受ける予定はないのでテキストでの勉強はやめたんですけど、キャンブリーだけは続けています。楽しいので。」

TAK)「英語は長期的なものなので、やっぱり楽しくないと続かないですよね」

大高)「それはごもっともです。留学に行ったときは授業だけ受けて、ホームステイ先の人もあまりよくなかったので(笑)話す相手が大事なんだなと思いました。」

過去に留学経験がある大高さん

TAK)「留学はどこへ行ったのですか?」

大高)「オーストラリアのメルボルンというところです。オーストラリアの英語はなまっている?というかあまり慣れていなかったので、それもあってリスニングに抵抗がその当時はあったのかもしれないです。。。」

「キャンブリーでは、オーストラリアやイギリスいろんな国の英語を聞けるので、耳もだいぶ慣れてきました。オーストラリアのネイティブ、イギリスのネイティブ。ネイティブの方から英語が学べるのもいいですね!」

TAK)「キャンブリーはネイティブの方だけが在籍していますからね」

大高)「そうですね。やっぱり英語を学ぶのであればネイティブの方が安心ではありますね。」

TAK)「ちょっと話がずれてしまったのですが、TOEIC700点はどうやればとれますでしょうか?」

TOEIC700点を獲得した具体的な方法

大高)「もともと自分の場合は基盤ができていたからということもあったのでしょうが、単語からの勉強ではなく、完全にTOEICに特化して勉強をしました。」

「TOEICの過去問題を解いて、わからない文法などがあればその点を勉強する。その繰り返しです。過去問題をとにかく解くというのが私の勉強方法でした。過去問題をたくさん解いていると、問題の傾向がつかめてくるんですよね。得点は特に気にせず勉強はしていましたが、実感としては過去問題を解いてわからない箇所はテキストでまた学ぶ。それでもわからないところは、キャンブリーの先生に問題を見てもらって、英語で説明してもらう。日本語では感覚?という部分がつかめない事があるのですが、英語で解説してもらうことによってネイティブのフィーリングがわかるので、そうすると不思議なくらいにスーッと腹落ちする瞬間があります。」

TAK)「なるほどですね。私もオーストラリアに住んでいたことがあるので、その英語感覚というのは、かなり共感できます。英語で話していると、自然と頭ではなく、瞬発力といいますか、パッとでてくるようになるんですよね」

英語学習は瞬発力が大事

大高)「それですそれです!TOEICの問題も、あの時会話した流れで覚えてる!という感じでパッとわかるようになる瞬間がありました。」

TAK)「英語を話すことっていうのはやっぱり大事ですよね。」「みなさんに聞いているんですが、オンライン英会話サービスはキャンブリーを利用しているとして、テキストは何を使っていましたでしょうか?」

大高)「テキストはTOEICの過去問〇〇です!」

TAK)「あのテキストもいいんですね。参考になりました。・・・・今日はお時間をいただきましてありがとうございます。」

大高)「いえいえ、こちらこそありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。」