なぜ、日本語英語や日本語訛りの英語じゃ駄目なのか?

なぜ、日本語英語や日本語訛りの英語じゃ駄目なのか?

「日本語英語だからださい!英語をしっかり発音できないと恥ずかしい!日本語訛りの英語だから自信がない!」英語をはじめる時にこういった事を聞いたこと、または実際に思ってしまっている方はいらっしゃらないですか?

まず、上記のような事を考えていらっしゃるのであれば、考えを変えていただければと思います。

日本語英語でも大丈夫!日本語訛りの英語でも大丈夫!その理由についてお話します。

英語のなまりなど気にしない!堂々と日本なまりの英語で!

日本人は、英語の発音に対して少々こだわりすぎているところがあると思います。

インドなまりの英語、ニュージーランドなまりの英語。イギリスでさえ、なまりがあります。

それなのに、日本人は発音を気にしすぎます。堂々と日本語なまりでいいのです。

基本的に、意思疎通ができればそれでいい。大事なのは会話の「中身」です。

日本語訛りの英語、日本語英語でも伝わればOK

日本人は完璧主義のため、発音も完璧でないといけないと思っていらっしゃる方が多くいますが、あくまで言語はコミュニケーションを図るためのもの、相手に言いたいことが伝わればいいのです、表面上の形よりも、中身の方が大事です。

言い方よりも、熱意だったりとか、想いというものは伝わるものです。発音を完璧に行うという事よりも、もっと大事なものがあります。

ですので、日本語訛りの英語や、日本語英語をどうにかしたいと思っている方、悩んでいる方はベクトルの先を変えてもよいのではないでしょうか?

もちろん、リスニングや、文法は完全にマスターし、発音のみ課題というのであれば日本語訛りを矯正してもよいかと思います。

もし、日本語訛りの英語や、日本語英語を直したい場合は?

もし、日本語英語や日本語訛りの英語を直したい場合は、間違いなく、アウトプット、すなわち英語を話す環境をつくる必要があります。日本語訛りや日本語英語を直す場合は間違いなく、オンライン英会話をおすすめします。その場合、先生の出身国によって英語の発音は変わってきますので、出身国を調べたうえでオンライン英会話を利用するようにしましょう。