Camblyカントリーマネージャーに聞くオンライン英会話活用法【前編】

オンライン英会話Camblyインタビュー前編

⏳この記事は 10 で読めます。


《テクノロジーを駆使し、「世界の人々が学習する形」に革命を起こすこと》をミッションとしている世界中で人気のオンライン英会話サービスCambly(キャンブリー)で、日本のカントリーマネージャーとして活躍されている佐藤亜希子さんにインタビューをさせていただきました。

Camblyさんの存在を知ったのは、堀江貴文さんの著書『英語の多動力』で紹介されていたことがキッカケです。

英語の多動力 堀江貴文

その時から、Camblyさんのサービスが気になっていて、ありがたいことにご縁があり直接お話を聞かせていただく機会をいただきました。

今回、前編・後編に分け、それぞれ佐藤さんへインタビューをさせていただいた内容をまとめました。

この記事は、前編になります。前編では、「Camblyさんの強みや特徴、効果的に活用する方法」など、オンライン英会話についての内容です。

また、後編では、以前大手外資系企業で働かれており、現在もグローバルに活躍されている佐藤さんに、「英語に対する考え方や英語を身につけるための心構え」など、ご自身の経験も踏まえてお話いただいた内容となっています。(後編はこちら

ぜひ、合わせて読んでみてください^^

前編はこんな方におすすめの内容

  • Camblyについて詳しく知りたい
  • 英語ネイティブから英語を学びたいけど心配
  • 英語初心者でオンライン英会話を始めるのが不安
  • オンライン英会話を効果的に活用する方法を知りたい

今後の英語学習にとても役立つお話をたくさんしていただきましたので、ぜひ参考にしてみてください。

オンライン英会話Cambly(キャンブリー)とは?

Camblyは、サンフランシスコを拠点とし、ネイティブスピーカーとの英会話レッスンを24時間利用できるオンライン英会話サービス。
2012年、Google出身の2人のエンジニアが創設。
現在、世界130カ国以上で英語学習者がCamblyを利用しており、英語教育分野における世界有数の成長企業。

世界中に100万人以上の利用者を持つCamblyの特徴と強み

オンライン英会話Camblyとは?

ーー今では、多くのオンライン英会話サービスがありますが、Camblyさんならではの特徴や強みはどういったところにあるのでしょうか?

Cambly最大の特徴は、すべての講師が英語のネイティブスピーカー(アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど)であることです。

また、1万人もの講師が登録しているので、24時間、予約なしで、スキマ時間などいつでも好きなときに気軽にレッスンを受けられるという点も大きな特徴です。

ーー実際に、私もCamblyさんでレッスンを受けましたが、まるで友達に電話をかけるような気軽さで、英会話レッスンができるのがとても印象的でした。

そこも、Camblyの1つの特徴であって、カジュアルにリアルな英語が学べます。

レッスンまでのアクセスも、とてもシンプルです。多くのオンライン英会話サービスでは、Skype(無料通話アプリ)を使ってのレッスンです。しかし、Camblyでは、スマホ専用のアプリ、もしくはパソコンのWebブラウザを開くと、オンライン中の講師が表示されるので、そこからレッスンを受けたい講師を選んで、電話をかけるようにワンタッチで講師につながり、すぐにレッスンが受けられます。

また、Camblyはテクノロジーに強い会社です。もともと、Google出身のエンジニアが立ち上げた会社ですので、アプリや独自のシステムも自社で開発している点も強みです。

独自システムの部分で、Camblyご利用者の方からご好評いただいているものが、「レッスン録画機能」です。

受けたレッスンは、すべて自動的に録画されるので、レッスン後にビデオを見返して復習することができます。レッスン動画を見かえすことで、得られるメリットがあります。

たとえば、レッスン中に聞きとれなくて、流してしまうことがあると思います。そこで、ビデオで見返してみると、「こうやって言ってたんだな」というように、しっかり理解することができます。また、はじめは恥ずかしいかもしれないですが、”自分の話し方のクセ”や”発音”などを客観的に聞くことはすごく重要で、自分自身の改善すべき点がはっきり見えてきます。

もう1つのシステム的な特徴としては、レッスン中の「チャット機能」と「翻訳機能」です。

Cambly翻訳機能
Cambly翻訳機能

聞きとれなかった時などに、講師がチャットにタイピングをしてくれるので、まず英文を目で確かめることができます。さらに、生徒さん側は、その英文を翻訳機能により日本語で確認することも可能です。もし、英語でうまく説明できない場面があっても、日本語でチャットにタイプをすると、講師側には英語に翻訳されて送られるシステムもありますので、安心してレッスンを受けられると思います。

また、システム以外でのCamblyの魅力は、さまざまな講師がいることです。英語を教える資格を持っている講師はもちろん、マーケティング関連の方、元医師や元パイロット、個人でビジネスをされている方など、さまざまなバックグラウンドを持った講師が多く在籍しています。ですので、英語を教えることに特化した英会話講師とはできないような、リアルな英会話を学ぶことができます。

もし、ある特定の分野の仕事をしているとします。すると、その仕事内容に関しては、英会話講師とですとこまかい部分であまり伝わらなかったり、こういう言い方をしたらいいんじゃないかというところなど、あまり踏み込んでは教えてもらうことができないと思います。

たとえば、マーケティングの仕事をしているとして、講師検索で”marketer”、”marketing”とタイプすると、マーケティングのバックグラウンドを持った講師が出てきます。そして、その講師とレッスンをすると共通の話題があるためスムーズにレッスンができます。このように、学びたい分野の「実用的な英語」が学べるというのも大きな特徴です。人事部にいる講師もいたりして、面接の仕方について教えてもらうというようなことも可能です。

さらに、趣味的なところでいえば、”soccer”や”fishing”と講師検索でタイプすると、そのことについて話せる講師が出てきます。会話をするにあたって、興味がない内容を話すよりも、共通の趣味など自分の興味がある内容を話す方が、自分自身の中に話すネタとなるアイディアもすでにあるので、それを英語でどう説明するかなどを学べるいい機会をつくることができます。

以上のような点が、主なCamblyの特徴や強みです。

Camblyの講師陣について

ーーCamblyさんの講師の方たちは、どのような基準で採用しているのでしょうか?

実は、講師の方たちの募集というのは特にはかけてはいなくて、Camblyで講師をしている方達の口コミでどんどん広がって入ってきてくれています。

講師自身は、別にメインの仕事があるのですが、英語を自宅から教えられるという便利さや、講師自身も世界中の人たちと話ができるという楽しさみたいなものを感じていて、そういった方たちが講師として入ってきてくれています。ですので、人に教えることが大好きで、世界の人とつながれるというところに魅力を感じている方たちが、講師として英会話レッスンをしてくださっています。

ただ、生徒さん側からすれば、やはり講師の質は気になるところだと思います。

講師の質の維持については、レーティング(生徒さんによる評価)によって保つようにしています。具体的には、生徒さんからの評価が高い講師の方が、多くレッスンを提供できるよう優先的に講師一覧に表示されるシステムです。そうすることで、満足度の高いレッスンを提供できる講師が選ばれやすいような仕組みになっています。

ーーたしかに、レッスンが終わったあとに、評価をつけるようにメッセージが出てきました。

レッスン後に、生徒さんに星(星5つ中で評価)をつけて評価をしてもらい、その平均値をとって講師の方を評価する仕組みです。

英語を学ぶなら英語ネイティブ講師からというのが世界のスタンダード

ーーちなみに、ネイティブ講師のみにしている理由はどういったところにあるのでしょうか?

もともと、Camblyは世界中で利用されているサービスです。世界的にみると、英語を学ぶのであれば英語ネイティブの講師からというのがスタンダードなので、そこがいちばんの理由です。

フィリピン人などの、英語ノンネイティブの講師から英語を学ぶというのは、日本特有かもしれません。実際、Camblyが日本へ展開しはじめたときに、すでにノンネイティブ講師の方によるオンライン英会話サービスに大きな市場がありました。ですので、Camblyはそういった部分で自然とすみ分けができていました。

Camblyは自己紹介できるレベルから利用可能

ーーオンライン英会話は、特に英語初心者にはハードルが高いというイメージがあります。Camblyさんのサイトにも、「ある程度の英語の基礎のある方には最適」と書かれていましたが、具体的にはどういったレベルであればCamblyさんを利用するうえで最適なのでしょうか?

まず、自己紹介ができるレベルであれば、Camblyをご利用していただくことは可能です。ただ、自己紹介はできるけど、そこまで言葉のキャッチボールができる自信がない方におすすめしている方法があります。

まず、講師検索で”Japanese”や”Japan”と入力します。すると、「日本語を話せます」や「日本で英語教えてました」といった講師が表示されますので、そういった講師からはじめはレッスンを受けて、少しずつ慣れていくという方法です。

Cambly日本語可能講師検索
Cambly日本語使える講師

ある程度慣れてきたら、他の講師からもレッスンを受けるというようなことをおすすめしています。

ですので、まずは自己紹介ができるレベルであれば、最初は日本語が理解できる先生とかんたんな身の回りのことについて話せるようにしていく。そして、次のステップとして特定のトピックについてテーマを掘り下げて会話をするなどして、トライしていくとうまくステップアップしていくと思います。

よく「英語初心者なんですけど、大丈夫ですか?」と聞かれるんですが、実は初心者ではないんですよね。日本人は、自分では初心者と思ってるんですけど、実際はボキャブラリーとかすごく頭の中に入っているんです。ただ、英語を話したことが今までずっとなかったので、「話せない」というように思ってしまいがちなんです。しかし、英語を話せないと思うのは当たり前のことです。なぜなら、今まで話をしたことがないからです。

ですので、まず最初に英語を話すことをはじめないと、絶対に英語は話せるようにはならないので、最初の第一歩を踏み出すことが大切です。

そして、もうひとつ大事なのは、相性の合う講師をみつけることです。Camblyには、1万人と多くの講師がいるので、相性のいい講師とかならず出会えるはずです。相性のいい講師と出会えたら、何回かその講師の方で予約をとりながら、レッスンをしていくことで、英会話をすることの楽しみが増えていきます。そのようにして、1度ハードルを乗り越えると「楽しかった。もっと話したい!」となっていき、そこから少しずつ英会話力が伸びていきます。

2〜3ヶ月とかで、英語が話せるようになるというのはとても難しいことです。理想的なのは、1日15分でもいいので、なるべく英語を話すとか、英語にふれる時間を毎日のようにつくること。今日話しても、明日話さないとすぐ忘れてしまうので。なるべく、毎日のように5分でも10分でもいいから、少しずつ頭を英語に切り替えて話すということを続けていくと英語の筋肉が鍛えられます。英語を話すことは、スポーツのようにやればやるほど確実に力になるので、まずは”英語を使うことを習慣化させる”ということがすごく重要です。

英語学習していて、効果が出ているかわからないということで、挫折してしまう方も多くいると思いますが、途中であきらめてしまうのはいちばんもったいないことです。長期的に、「英語を話す」ということを生活の一部とすることが、英語を身につけるためのいちばんのキーポイントで、その環境をつくることさえできれば、かならず英語は話せるようになると思います。

オンライン英会話では自己管理することが大切

ーー毎日英語を使う環境をつくれるという部分では、オンライン英会話の大きなメリットだと思います。その他に、オンライン英会話のメリットとデメリットはどんなところにありますか?

メリットとしては、時間と場所に縛られずに、自分のスケジュールなどに合わせて自由にレッスンを受けられるというところだと思います。ただ、自由がきくぶん自分ですべてコントロールしないといけないので、ある意味デメリットにもなりえるところでもあります。今日やらなくても、明日やればいいかなという風になってしまう可能性もあります。

ですので、オンライン英会話では特に自己管理することが大切です。ただ、自己管理といっても、そこまで負担に考える必要もなくて、1日に15分でもいいので、英語にふれることを習慣化していってほしいです。15分くらいであれば、日常のちょっとしたスキマ時間でも、なんとかつくれると思います。たった15分でも、英会話をすることを習慣化できるように、メンタルの部分や考え方をかえることができさえすれば、オンライン英会話というのは、英語習得に役立つ画期的なシステムだと思います。

また、もうひとつのオンライン英会話のメリットとしては、講師を自由に選ぶことができ、柔軟性がある点です。通学型英会話スクールですと、担任の講師はほぼ固定になってしまうことも多いですが、オンライン英会話であれば毎回ちがう講師を選んでレッスンを受けることもできますし、いろいろな国の先生とも話ができる点は大きなメリットです。

テーマを自ら決めてレッスンの主導権を自分が握ることが重要

ーーオンライン英会話を、どのように活かせば英語力向上につながるのか気になっている方も多いです。そこで、Camblyさんでのレッスンの場合、どのように活用すると効果的なのでしょうか?

いちばん効果的なCamblyの使い方は、受け身になるのではなく、「テーマを自ら決めて、レッスンの主導権を自分が握る」ということです。

これは、すごく重要なポイントです。”自分はこの分野を学びたい”とか、”英語ができるようになったら、自分は何がしたいのか”というように、まずはクリアなゴールを設定すること。そして、ゴールに到達するため、マスターすべき必要なトピック、分野についてレッスンをしていくことが大切です。

日本人は、「受け身」になりがちです。講師から「今日は何を話したいですか?」と言われて無言になってしまうことも多いと思います。そうならないように、”今日は仕事のことについて話す”とか、”今日は家族のことについて話す”など前もって自分で話すテーマを決めておき、テーマについて英語で話す機会として、レッスンを活用することが効果的です。ですので、「レッスンの主導権は、自分にある」と考えて利用することがいちばん理想です。

また、これまでに学校やご自身で文法など学習していること、されてきたことなど、学んできた英語をアウトプットする場としてCamblyをご活用していただけると思います。Camblyだけで英語学習するのではなく、学習してきたものを、話せるようになるためにCamblyをご利用してもらえたらいいですね。

たとえば、TOEICに特化した教材や文法書を使って学んだことなどと併用して、スピーキングの部分はCamblyを利用して、というように合わせて使うとすごく効果が出ると思います。

その他にも、興味のあるニュースの記事を、講師の前で読んでみるという方法もあります。読み方を直してもらったり、内容について講師とディスカッションするということをされる方もいらっしゃいます。前もってニュースの記事を読んでいる分、自分の意見など話したいことも出てきやすいので、それを実際に会話としてレッスンができるためすごく効果的な学習方法です。

また、Camblyではただ英会話を学ぶだけではなく、多様な考え方であったり、異なる文化にふれたりと、世界中の講師と会話ができるという意味で世界が広がるという魅力があります。そういったところも楽しみにしながら、Camblyを通して英語力を向上させていっていただきたいです。

まとめ:Camblyカントリーマネージャーに聞くオンライン英会話活用法【前編】

堀江貴文さんの著書の中で、以下のように書かれていたことが印象的でした。

Camblyのアプリを使えば、アメリカなど英語圏の講師とスマホ上で話すことができる。最近では格安でフィリピンの先生と話せるシステムが多いが、Camblyでは英語が母国語であるネイティブ講師が相手だ。中には講師というより、普通の一般人もいるのだが、場合によっては、話し相手が講師である場合よりも、普通の一般人のほうが良かったりする。というのは、講師は生徒との会話に慣れているが、一般の人は慣れていない。慣れていない彼らは英語で本音をつい喋ってくる。それこそ生の英語なのだから、一般の人と話をするのも効果的な学習になるのだ。『英語の多動力』著者:堀江 貴文

「Camblyの魅力の1つに、さまざまなバックグラウンドを持つ講師が多く在籍していること」と佐藤さんが言っていたように、英語講師ではない方とだからこそ学べる「生のリアルな英語」にふれながら、英語学習することで得られるものがあります。

私も体験してみましたが、海外の友達に電話をかけるような感覚で英語ネイティブの方とレッスンできるというのは、他のオンライン英会話サービスにはない新鮮な感覚でした。

講師もフレンドリーな方が多く、まるで本当に海外の友達ができたかと錯覚するほどでした。

実際、Camblyさんのご利用者の中には「リアルな英語が学べる」というところに魅力を感じている方も多く、他社オンライン英会話サービスから、次のステップとして選ばれる方も多くいるそうです。

また、「ただ英会話を学ぶのではなく、自分で主導権を握ってレッスンをすすめていく」という部分は、今までなかった考え方でした。

実際に、自分からテーマを決めてレッスンに取り組んでみた結果、これまで以上に身になっているという実感を得ることができました。主体的に取り組むことによって、オンラインの英会話レッスンであっても、どういった効果を感じられるかというのは、Camblyさんを使ってみることで、新たな気づきがあると思います。

そこで、、、

Camblyを体験してみたい方への特典!

Cambly Japanチームの皆さんCambly Japanチームのみなさん

今回、この記事をお読みいただいた方へCamblyさんから追加の無料レッスンをプレゼントしていただけるとのことです^^

流れとしては、まずCambly公式サイト(→こちら)、もしくはスマホのアプリからアクセスし、アカウントを作成します。

その後、『メニュー > 紹介コード』と進んでいただき、紹介コード『takえいご』と入力していただくと通常15分のところ、25分の無料レッスンを受けることができます。

ぜひ、今回のお話を参考にしていただき、Camblyさんのサービスを体験してみてください。

インタビュー後編はこちら
後編:以前大手外資系企業で働かれており、現在もグローバルに活躍されている佐藤さんに、「英語に対する考え方や英語を身につけるための心構え」など、ご自身の経験も踏まえてお話いただいた内容です。