【SpeaKing Bizレビュー】ビジネス英語を独学徹底学習

SpeaKing Biz体験レビュー
  • 「TOEICではそれなりに高得点取れるようになってきたけど、実際に話すとなると自信がない」
  • 「ビジネスですぐに活かせるような英語を学びたい」
  • 「仕事で活かせるような英語のボキャブラリーを効率的に身につけたい」

こんな方におすすめしたいビジネス英語を話すためのスピーキング特化型オンライン学習プログラムSpeaKing Biz」を体験談をもとにご紹介します。

ちなみに、僕は今インターナショナルスクールに勤務しているので、そこまでビジネスで使うような英語は必要ないです。

ただ、自分自身の英語力面、将来面両方から考えて今後のステップアップのためにも、ビジネスで使える英語表現やボキャブラリーを身につけたいと思い、SpeaKing Bizをはじめてみました。

現時点で、学習開始から3ヶ月ほどたつので、体験談をもとにSpeaKing Bizは実際どんなサービスなのかレビューしたいと思います。

ビジネス英語を効率よく使いこなせるようになりたい方は、ぜひ参考にしてみてください^^

SpeaKing Bizについて、以前の記事で詳しくご紹介しているのでよければ合わせて読んでみてください。

ビジネス英語学習SpeakingBiz

【ビジネス英語徹底強化!】おすすめのオンライン英語学習サービス『SpeaKing Biz』

2019年7月30日

《1週間返金無料キャンペーン中》
1,000円割引のクーポンコード:FPd7zMCJ2hIrKO4ffAuWMw

【SpeaKing Biz体験レビュー】レッスン開始までの流れ

まず、レッスンを開始するまでの流れをご説明します。

SpeaKing Bizは、レッスンを始めるまでが非常にシンプルです。

①SpeaKing Bizの3つの料金プランから選択

まず、SpeaKing Bizでは、下の3つの料金プランがあります。

会員登録をするとコース選択の画面にいくので、そこでコースを選びます。

SpeakingBizの料金プラン

ちなみに、僕は速習コースで学んでいます。

使ってみている感覚では、よっぽど学習の時間のとれない方でなければ、6ヶ月の速習コースで十分だと思います。

僕はですが、じっくり1レッスンずつやらずに一気にとにかくすべてひと通りこなすことを意識してやっていて、あとで見直せるようにノートに取りながらやっています。

書くことでさらに頭に定着しますし、スペルもなんとなくでも覚えることができるのでおすすめです^^

②「STANDARD」と「ADVANCED」の2クラスから選択【クラスは自由に変更可】

料金プランを決めたら、次にクラスを選びます。

SpeaKing Bizは、「STANDARD」(標準クラス)「ADVANCED」(上級クラス)の2クラスから選べます。

SpeaKingBizの2つのコース

ちなみに、この2つのクラスはいつでも切り替え可能です。

下の写真のように、各クラスの画面で一番下までスクロールすると、クラスを切り替えられるボタンがあるのでこちらで「STANDARD」↔︎「ADVANCED」を自由に変更できます。

SpeaKing Bizでのクラス変更方法

それぞれのクラスには、COURSE1〜12まであり、それぞれのコースには20レッスン用意されています。

ちなみに、COURSE1→2→3と上がるにつれて少しずつ文章やワードが難しくなっていくようになっているそうです。

なので、僕は「STANDARD」クラスから始めて、うえから順番にドンドン学んでいっています。

SpeakingBizのコースとレッスン構成

③レベル・レッスンを選択し、レッスンスタート

クラスを選択したら、次にレベルを決めます。LEVEL1〜LEVEL3の中から選びます。

レベルといっても、「日本語から英語に変換するまでの制限時間のちがい」です。

制限時間の設定は、以下のようになっています。

SpeaKing Bizレベル設定
SpeaKing Bizレベル設定②
SpeaKing Bizレベル設定③

LEVEL1:制限時間 無制限
LEVEL2:制限時間 15秒(日常会話レベルのスピード)
LEVEL3:制限時間 7秒(ビジネス会話レベルのスピード)

レベルを選んだら、あとはどんどんレッスンを進めていくのみです。

ですので、レッスン開始までの流れとしては、

①会員登録をし料金プランを選ぶ

②クラスを選ぶ

③レベル・レッスンを選びレッスンスタート

とすごくシンプルです。

【SpeaKing Biz体験レビュー】レッスンのすすめ方

ここからは、SpeaKing Bizのレッスンを受けてみてのレッスン体験レビューをしていきます。

まず、SpeaKing Bizの1レッスンのすすめ方は、以下のようになります。

①まず、文章を組み立てる。《英語の語順を頭で理解する》

②次に、《シャドーイング》を行う。

  1. はじめは、音だけを意識してマネをし、同じように言えるようになるまで繰り返す。
    →ナチュラルスピードで口を動かせるようになることが目標
  2. 次に、文章の意味をイメージしながら、同じように繰り返す
    →ナチュラルスピードで発話しながら、「意味を頭で映像を思い浮かべられるようにすることが目標」
  3. 次に、文法を意識しながら、ナチュラルスピードで発話する
    →ナチュラルスピードで話しながら、「文法を意識できること」「文の構造を意識できること」が目標
15秒コース、7秒コースで文の構築・発話を行う。
どの程度の習熟度か、試しましょう。瞬時に文をつくり、ナチュラルスピードで発話できれば7秒コースも問題ないはずです。15秒コースをクリアしていればゆっくり議論できる、ということを意味しています。

参考:『SpeaKing Biz公式サイト』

シャドーイングとは、言葉のとおり、影のように英語の音声をあとから追ってマネをしていくこと。基本的には、文字を見ずに、ネイティブの英語音声を聞いたあとすぐその言葉の音を追いながら、同じように声に出して復唱する練習方法です。

さらに具体的にいうと、、

①表示される日本語文を英語に変換する
レッスン画面に「次の文章を英語で発声しよう」と表示されるので、出てきた日本語文を英語に変換して、実際に声に出します。

②答えの確認をし、シャドーイングを行なう
英語に変換できたと思えば「言えた」、できなかったら「言えなかった」ボタンを押します。

どちらのボタンを押しても正解の英文が表示されるので、答えを確認します。ここで「音声再生」ボタンを押すと、ネイティブ音声で英文を読みあげてくれるので、ここでシャドーイングをします。

基本的にはこの①、②を繰り返し基本の文から、より複雑な完成形の文を作っていく流れがSpeaKing Bizのレッスンです。

SpeaKing Bizのレッスンの流れ

レッスンを選ぶとき、「LESSON1」としか書いていないため、レッスンの内容が事前にはわかりません。

なので、とりあえずはうえから順に進めていくのがいいと思います。

SpeaKingBizコース内容・レッスン内容

ここでは、LEVEL1の制限時間なしでレッスンをすすめます。

レッスンを開くと、次のような画面が出てきて、このレッスンで学ぶ単語が表示されます。

このレッスンでは、「make」を軸にビジネスで使う英語の文をつくっていきます。

SpeaKingBiz学習する単語

①「レッスン開始」を押すと、まず《基本の文①》が日本語で表示されます。

そして、この日本語文を英訳して「言えた」か「言えなかった」かを自己申告します。
※どちらのボタンを押しても、答えの例文は出てくるので、そこまで真剣に考えずにパッと英語にできたなら「言えた」、そうでなければ「言えなかった」を押す感じで大丈夫です。

SpeaKingBizレッスンの流れ

②すると、答えの英文が出てくるので自分の考えた英語とくらべます。
ここで「音声再生をするとネイティブ音声が流れるので、発音を確認し、シャドーイングをします 。

SpeaKingBizレッスンの流れ

③基本の文がわかったところで、《部品①》として、ここでは関係詞を使った英語文を日本語文から組み立てます。

そして、また「言えた」、「言えなかった」ボタンのどちらかを押して次に進み、答えを確認します。

ここでもしっかり声に出してシャドーイングをします。

SpeaKingBizレッスンの流れ SpeaKingBizレッスンの流れ

④次に、出てきた日本語文を先ほどの部品①の関係詞を活用して英語を組み立てます。

そして、また答えの確認をし、シャドーイングをします。とにかく口から英語を出すようにします。
SpeaKingBizレッスンの流れ

SpeaKingBizレッスンの流れ

⑤次は、部品②として不定詞を使った英語に変換し、答えの確認をします。

SpeaKingBizレッスンの流れ SpeaKingBizレッスンの流れ

⑥部品②の不定詞を使って、表示される日本語文を英語に変換し、答えの確認をします。

SpeaKingBizレッスンの流れ SpeaKingBizレッスンの流れ

⑦最後の部品として、部品③疑問詞+主語(S)+動詞(V)で、表示される日本語文を英訳し、答えの確認です。

SpeaKingBizレッスンの流れ SpeaKingBizレッスンの流れ

⑧最後に、部品③を使って英語を組み立てます。

SpeaKingBizレッスンの流れ SpeaKingBizレッスンの流れ

⑨最後の完成形の文を確認し、結果を表示すると「基本文・部品・組立」合わせて7つの文を、何問言えたかが表示されます。

SpeaKingBizレッスンの流れ

今回は、7問中5問言えたと判断したので、下の画像のように言えた文の箇所に、オレンジの丸5個つきました。

言えなかったを押すと、グレーの丸のままになります。

SpeaKing Bizレッスンクリアの表示

このようにレッスンは、「STANDARD」クラス「ADVANCED」クラスともに同じ流れです。

レッスンをすすめていくと、写真のようにレッスンのコンプリート率が表示されます。

SpeaKing Bizコンプリート率

また、マイページでは「クリアしたレッスン」や「レッスントライ回数」を確認できます。

SpeaKing Bizレッスン回数など

SpeaKing Bizは、1人で黙々と単調にレッスンをこなしていくしかありません。そのため、やる気の持続が難しい部分もあります。

ですので、レッスン回数が増えていくことや、コンプリートすることを目的にすすめることで、モチベーションを維持しつつレッスンをこなしていけるように、マイページを定期的に確認していくといいです。

SpeaKing Bizでは実践的なビジネス英語力を伸ばせるのが魅力

Speaking Bizを学習していて感じる大きな魅力は、実践的なビジネス英語を学べることです。

なぜなら、学ぶ表現はすべてMBA保有者が作成した実践的なビジネス英語だからです。

SpeaKing Bizのレッスンをこなしていくことで、英語を素早く組み立てる能力とともに、明日からでもすぐに使えるビジネス表現を身につけることが可能です。

また、学習するメインの英単語は、ビジネスシーンでも一般的によく使われるものを100個ほどに厳選されています。

学習するメインの単語例

work、have、cover、cut、increase、lead、make、connect、build、hold、grow、plan、give、promote、bring、use、calculat など…

これらの学習するメインの単語以外にも、英文の中からビジネスで使われる単語も学べるので、ボキャブラリーを増やしたい自分にとっても、かなり重宝しています。

ですので、日常会話はある程度こなせるようになってきたけど、今後ビジネスでも使えるようなボキャブラリーも増やしたい方にはSpeaKing Bizはかなりおすすめです。

SpeaKing Bizを始めるにあたって基礎の英語力は必須

ただし、SpeaKing Bizでレッスンをストレスなく進めていくためには、英語の基礎力が必要になります。

具体的には、TOEIC600〜800点くらい取れるくらいの英語力は必要です。

なぜかというと、レッスンを進める過程の中で文法などの詳しい解説はないからです。少なくとも基礎的な文法の知識はしっかりないと厳しいかなと思います。

SpeaKing Biz自体がビジネス英語に特化したサービスですので、日常英会話レベルから始めたいという方には正直向いていません。

ただ、どうしてもすぐにビジネスで使える実践的な英語を身につけたいという方は英語の基礎は他で学びつつ、並行してSpeaKing Bizをすすめていくのがベストです。

英語の基礎が身につくオススメの教材

うえでもお話ししたように、SpeaKing Bizは完全なる中級者以上向けのオンライン英語学習教材です。

SpeaKing Bizのレッスンには、文法などの解説がないため、関係代名詞や動名詞、分詞などの基本的な知識がないと感覚的に学ぶだけになってしまいます。

せっかく実用的なビジネス英語を学んでも、なぜ英語ではこういう組み立てができるのか根本を理解していないと応用していくことは難しいです。

そこで、英語の基礎的な文法が不安な方にオススメの教材があります。

それは、「Essential Grammar in Use」(ビギナー向け)「English Grammar in Use」(中級者向け)です。

オンライン英会話おすすめ教材

こちらは洋書の文法書にはなりますが、日常会話で使える文法をしっかり身につけていくことができます。

なので、まずは日常英会話を身につけたいという方にもとてもオススメです。

僕がオーストラリアにいた時に、オーストラリアでビジネスをしている日本人の方が「English Grammar in Use」(中級者向け)の知識を身につけていれば「海外でもビジネスレベルで十分通用するよ」と教えてくれました。

実際に、僕はビギナー向けの「Essential Grammar in Use」から徹底的にやり、これのおかげでだいぶ話せるようになりました。

ビジネス英語も、言ってみれば日常英会話の延長線上にあるものです。

ビジネス英語も学びたいけど、まずは基礎からしっかり固めたいという方に超オススメの英語教材です。

少しでも早くビジネス英語を身につけたいのであれば、SpeaKing Bizと並行してこちらも取り入れてみてもいいかもしれません。

Essential Grammar in Use 4th Edition: Book with Answers (エッセンシャル・グラマー・イン・ユース イギリス英語初級 第4版)解答付き

送料無料!解答・Interactive ebook付き!【English Grammar in Use (4th Edition) with Answers and Interactive ebook】英文法 英語

created by Rinker
¥4,169 (2019/10/06 09:27:06時点 楽天市場調べ-詳細)

また、SpeaKing Bizはビジネス英語に特化した瞬間英作文とも言えます。

もし、基礎から瞬間英作文を学びたい方は今では有名な本ですが、こちらもオススメです。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング 反射的に言える (CD book) [ 森沢洋介 ]

created by Rinker
¥1,980 (2019/10/06 09:27:06時点 楽天市場調べ-詳細)

ぜひ参考にしてみてください。

SpeaKing Bizの1週間返金無料キャンペーン

今なら、SpeaKing Bizは1週間返金無料キャンペーン中です。

なので、もし万が一SpeaKing Bizのレッスンが自分の思い描いていたものとは違うなと思った場合、今なら1週間のうちであれば返金無料でやめられます。

解約手続きを進める場合は、解約フォームなどは用意されていないので、メールでのお手続きになるそうです。

会員登録をした時に送られてきたメール、もしくは公式ホームページ一番下の問い合わせから手続きを行えます。

《1週間返金無料キャンペーン中》
1,000円割引のクーポンコード:FPd7zMCJ2hIrKO4ffAuWMw

まとめ:【SpeaKing Bizレビュー】ビジネス英語を独学徹底学習

SpeaKing Bizでは、オンライン英会話スクールのように講師と会話をするわけではありません。

オンライン英会話レッスンのように講師相手に英会話をするのが試合だとするなら、SpeaKing Bizでのレッスンは自主練です。

スキルを伸ばしていくには自主練は欠かせません。ただ、自主練だけをしていても実践の場で活かせるとは限りません。

実際のビジネスシーンではやはり相手ありきです。相手が何を言っているのかわからなければ答えることもできません。

ですので、SpeaKing Bizで自主練を重ねつつ、オンライン英会話スクールなどを活用して、実際に人相手に英語を使う実践の場をつくることも必要になります。

まずは、ビジネスシーンで英語を話せるようになるために自主練としてSpeaKing Bizを活用してみてください。

《1週間返金無料キャンペーン中》
1,000円割引のクーポンコード:FPd7zMCJ2hIrKO4ffAuWMw
※お申し込み時にこちらのクーポンコードを入力すると1,000円割引になります^^

ビジネス英語学習SpeakingBiz

【ビジネス英語徹底強化!】おすすめのオンライン英語学習サービス『SpeaKing Biz』

2019年7月30日