【初心者必見】英語学習者に心からおすすめする本4選【即実践】

【初心者必見】英語学習者に心からおすすめする本4選【即実践】

こんにちは。takです。

僕は、オーストラリアで2年間生活し(ワーホリ)、現地でほぼ独学で英語を学びました。
帰国後は、約4年ほどバイリンガル教育の現場で働いてきました。

さて、先日下記のツイートをしました。

今から「使える」英語を身につけたい人にかなりオススメの4冊

  • 科学的に正しい英語勉強法
    ーメンタリストDaiGo
  • 英語の多動力
    ーホリエモン
  • もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか
    ー金沢優
  • 英語学習論
    ー青谷正妥

読んで損は絶対にありません。
むしろ読まないと損するレベル。

正直いうと、上記の本はすべて帰国後に読みましたが、4冊とも英語を学び直す前に読んでおきたかった内容が満載でした。

もちろん、今すでに英語学習をしている方にもおすすめです。新たな気づきもあるので。

今回は、簡単にそれぞれ紹介をするので気になる本があればぜひ読んでみてください。すべて全力でおすすめです。

英語学習者におすすめする本4選【初心者の方は必見です】

では、それぞれ紹介していきます。

科学的に正しい英語勉強法|メンタリストDaiGo

科学的に正しい英語勉強法|メンタリストDaiGo

作者は、今ではほとんどの人が知っている有名な方ですね。

この本からは、下記のようなことが学べます。

科学的に正しい英語勉強法|メンタリストDaiGo引用:Amazon

DaiGoさんに留学経験はありません。

以前、オックスフォード大学の教授に英語でインタビューする様子がテレビで放送されていたり、海外の論文をよく読んだりしているので、てっきり留学していたのかと思いきや、違いました。

動画があったので貼っておきます。

このように留学経験がなくても、問題なく「英語でコミュニケーション」ができることを証明してくれていますね。

そんなDaiGoさんが、新しい英語の勉強法を提案してくれる本です。

詳しくはこちらの動画でみた方が早いかもなので見てみてください。

学べることが多い一冊です。

英語の多動力:世界でビジネスするホリエモンの英語術|堀江貴文

英語の多動力:世界でビジネスするホリエモンの英語術|堀江貴文

こちらも、説明不要ですね。ホリエモンこと堀江貴文さんの著書です。

これまでの日本人の英語に対する価値観や学び方を一度見直してみよう、といった主旨で書かれている本です。

本当に大切なのは、高度な英語力ではない。
人間の中身だ。拙い英語でも伝えようとする行動力のほうだ。

これは本書に書かれている言葉です。

堀江さんは「英語は実践で学ぶべき」という強い思いがあり、これはもう共感しかないです。

なぜなら、僕も海外に行ってから独学で基礎を学び直し、実践を繰り返す中で英語を身につけてきた経験があるから。

細かい説明をするまでもなく、学ぶことが多くある必読の1冊です。

下の動画は、いろんな意味で話題でしたが、まさに堀江さんが実践の中で身につけてきた英語を使って対談されてると思います。

英語の多動力 世界でビジネスするホリエモンの英語術 [ 堀江貴文 ]
created by Rinker

ちなみに、本書の中で堀江さんが紹介していたオンライン英会話サービス「Cambly」についての記事もあるので、ご興味があればお読みください。

>> Camblyカントリーマネージャーに聞くオンライン英会話活用法【前編】

もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか|金沢優

もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか|金沢優

こちらは「英会話を諦めたすべての日本人に贈る、新しい英会話学習×爽快青春小説」です。

SNSなどで、英語学習者からも反響の大きい人気の本です。

ストーリーの中で英語学習に対する考え方を見直しつつ、目頭が熱くなる人もいるくらい(※僕です)、小説としても楽しめる1冊です。

インタビューもさせていただきました

金沢さんとは、冒頭のツイートがキッカケでお会いすることができ、お話も聞くことができました。

とても英語に対する熱い思いを持った方なので、学べることが多くありました。その時のインタビュー記事もあるので気になる方はぜひ。

このような動画があったので、合わせてどうぞ。

もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか【電子書籍】[ 金沢優 ]
created by Rinker

英語学習論 ースピーキングと総合力ー|青谷正妥

英語学習論 ースピーキングと総合力ー|青谷正妥

最後は、TOEFL iBT満点、TOEIC満点、英語教育学の博士号を持つ京都大学の青谷正妥さんの本です。

下記のツイートは、2018年にツイートしたものですが、「英語学習論」を読んでから冒頭のツイート(2019年)のように追記しました。

ちなみに「英語学習論」は、英語学習者だけではなく、英語を指導している方にもとてもおすすめの内容です。

本書は、大学の先生が書いたなぁと思うような少し読み進めづらさはありました。

ただその分、内容はかなり濃いです。

「言語習得の土台はスピーキング」

上記の言葉は、青山さんの本を読みいちばん心に響いたものです。

また、当サイトの記事でたびたび僕が引用するほど好きな言葉が下記です。

実はスピーキングは低次機能でピラミッドの土台です。スピーキング力が英語運用力のインフラであり、読み書きの力(リーディング/ライティング)を下支えし、聞く力(リスニング)を横支えするのがスピーキング。

「うんうん!本当そうだと思う!」と何度もうなずきながら読んだ一冊です。

ややハードルが高い感じもしますが、具体的なおすすめの英語学習方法も書いてあり、英語学習者や英語を教えている方にもおすすめしたい1冊です。

英語学習論 スピーキングと総合力 [ 青谷正妥 ]
created by Rinker

以上が、「使える英語」を身につけたい方におすすめの本4選です。

英語学習系の本は読みつつ即実践【どんなノウハウも実践ありき】

英語学習系の本は読みつつ即実践【どんなノウハウも実践ありき】

今回おすすめした4冊すべて、英語に対する心構えや、英語を身につけるための「ノウハウ」の部分を学ぶための本です。

すべて間違いなく素晴らしい本です。でも、どんな素晴らしいノウハウも実践しなければ価値はゼロですよね。

英語は、体を使ったスキルだから。

スポーツもどれだけ素晴らしい理論を学んだところで、実際に体を動かさなければ上達はありえないですよね。

実践から得られるフィードバックほど強烈な学びはない

と、僕は心底思っています。

ぜひ、今回ご紹介した本を読みつつ即実践することを常に意識して、今後の英語学習に役立てていただけたら幸いです😌

オススメ 英語学習は筋トレと「同じ」ようなもの【挫折を防ぐ方法】
オススメ 【英語初心者必見】Essential Grammar in Useの使い方
オススメ English Grammar in Useの使い方【愚直にコツコツが近道】