【ビジネス英語徹底強化!】おすすめのオンライン英語学習サービス『SpeaKing Biz』

ビジネス英語学習SpeakingBiz
・「TOEICでいい点数を取れるくらいの文法や単語は身につけている。ただ、いざ実践の場となると言いたいことがなんとなく頭に思い浮かぶだけで、英語でとっさに言いたいことが口から出てこない・・・」

・「パッと単語は思いつくけど、文として組み立てられずカタコトになってしまう・・・」

・「相手の言っていることはなんとなく聞き取れるけど、全体の意味の理解が追いつかなくて、正確に意味をとれているのかが不安。。。」

今回は、そんな方の課題を解決するために、ビジネス英語に特化したオンライン英語学習ツール「SpeaKing Biz」をご紹介します。

Contents

Speaking Bizはこんな方におすすめのオンライン英語学習教材

SpeaKing Bizは、以下のような方におすすめです。

  • 実践的なビジネス英語を効率よく学びたい
  • 日常会話ならほぼ問題ないけど、ビジネスで使う英語に自信がない
  • TOEICスコア600〜800点取れてるけど、英語でとっさに言いたいことを表現できない
  • なんとなく聞き取れるけど、意味の理解が追いついていない
  • 英文をゆっくりとなら読めるくらいの単語力はあるけど、英会話で瞬時に英文を作れない
1つでも当てはまる方には、SpeaKing Bizはおすすめのオンライン英語学習教材です。

なぜなら、SpeaKing Biz利用者の90%が国外在住者の方で、そのビジネスの最前線で英語を使う方から、以下のような評価をされています。

  • 実践的な内容のビジネス英語が学べる
  • ビジネスの議論に付いていけるようになった。
  • 片言の英語でなく、完成された文章が自然に出てくるようになった。
  • 聞いた英語を日本語になおさず、そのまま理解できるようになった。
  • 複雑な文章でも英語の語順のまま理解できるようになった。

特に、「TOEICはそれなりにハイスコアがとれるけれど、英会話になるとサッパリ、、、」という方には、ぜひ試してもらいたいです。

Speaking Bizの学習で、英語のアウトプット量を増やすことで英語が口からスムーズに出てくるようにトレーニングしていけます。

SpeaKing Bizとはビジネス英語に特化したオンライン学習プログラム

SpeakingBizの3つの特徴

SpeaKing Bizとは、「ビジネス英語を話せるようにすることを目的としたスピーキング特化型学習プログラム」です。

SpeaKing Bizは、サービス開始が2017年とスタートして間もないオンライン英語学習サービスですが、アメリカの名門大学の1つであるマサチューセッツ工科大学(MIT)に在籍したことのある日本人のみで構成されている「日本MIT会」から高い評価を得ています。

マサチューセッツ工科大学(MIT)は、アメリカのマサチューセッツ州ケンブリッジに本部を置く全米屈指のエリート名門大学の1つで、ノーベル賞受賞者を多数輩出。名実ともに世界最高峰の大学として知られています。

その、MIT日本人理事会で、英語ノンネイティブの日本人が英文を瞬時に作れるようになる教材として以下のようにレビューをされています。

・この教材は「MBAに行くならこれくらいは知っておくべき」というビジネス文章に特化して学べる点がいい
・英語の組立を訓練する非常に論理的な訓練方法
・日本人が苦手とする文の構造をつくる訓練としてよさそう etc…

ただ、まだ新しいサービスなので、今後の機能追加などを期待する声があるのも事実です。

《1週間返金無料キャンペーン中》
1,000円割引のクーポンコード:FPd7zMCJ2hIrKO4ffAuWMw

SpeaKing Bizの特徴

SpeaKing Bizの特徴を一言であらわすとすれば、「ビジネス英語に特化した瞬間英作文のトレーニングができるツール」です。

瞬間英作文とは、日本語の文章を見て、瞬時に英作文をして声に出していくというものです。

同時通訳の知人もオススメしている勉強方法の1つで、ひたすら日本語をスピーディーに英語に置き換えていくことで、頭の中に英語の回路をつくっていき、知っている英語を「使える英語」に変えていける効果があります。

言ってしまえば、同時通訳の練習です。

SpeaKing Bizでは、一般的なビジネスの場面で使われる単語や表現を、まずは日本語文を見て、すぐに英語に置き換えるという同時通訳の反復練習のようなものです。

では、具体的にどのような特徴があるのかをみていきましょう。

SpeaKing Bizでは、瞬時に文を組立てる力《語順力》を身につけることが可能

SpeakingBizの特徴

TOEICでは600点〜800点以上といい点数をとれるのに、実際の会話となると、なぜとっさに口から言いたいことが出てこないのか?

それは、「瞬時に文を組み立てる力《語順力》が脳に染み込んでいないことが原因」だとSpeaKing Bizの開発者の方は考えています。

SpeaKing Bizでは、その《語順力》を体で覚えていくことを目的とした教材です。

語順力とは瞬時に単語を組み合わせ、意味のある文を作る力。または、文を構造で捕らえ正しく理解する力

日本語と英語は真逆の言語体系だから、英語習得に苦労して当たり前

日本語と英語の距離出典:エースネイティヴ発音リスニングスピーチ研修所

実際に、このように日本語と英語では、言語体系的に真逆にあります。

日本語と英語の違い

このちがいにより、多くの英語学習者が英語習得の際につまづいてしまう理由です。

たとえば、

「毎日仕事に行きます」

を英語にすると、

「I go to work every day」 行きます→仕事に→毎日

こんなシンプルな英語でさえ、日本語と英語の語順はここまで違います。

ですので、日本人にとって英文が複雑になればなるほど、英語が口から出てこなくても当たり前といえば当たり前です。

では、どうしたらとっさに英語が口から出てくるようになるのかというと、日本語を覚えてきたように「口を何度も動かして体と脳に染み込ませていく」ことが必要です。

テストとはちがい、会話では瞬間的に、可能であれば無意識的に文を頭で組み立てる必要があります。

私たち日本人が、日本語を話している時の感覚です。

そして、瞬間的・無意識的に英語を使えるようにするためには、英語の《語順力》を体で覚えていく必要があります。

SpeakingBizで語順力を鍛える

簡単にいえば、英語のルールを体に染み込ませることです。

そのためには、時間もかかりますし、多くの英語にふれてたくさん口を動かしていく必要があります。

そこで、SpeaKing Bizはビジネス英語に特化して、英語の語順力を体で覚えていくことができるようなレッスンになっています。

SpeaKing Bizで身につけられる英語力

これからビジネスシーンで英語を使いこなせるようになろうとした場合、まずは基本の単語力、リスニング力、英語の語順力、そしてビジネスでの英語表現力を鍛える必要があります。

SpeaKing Bizは、これらの能力を効率よくまとめて身につけることができるように開発されたサービスとのこと。

SpeaKingBizで身につけられる英語力

この図のように、SpeaKing Bizでは

①基本語彙力(ボキャブラリー)
②音力(リスニング力)
③語順力
④ビジネス英語表現

これらをまとめて身につけることができる、効率的なオンライン英語学習ツールです。

SpeaKing Bizのビジネス英語学習方法

では、SpeaKing Bizでどのように英語の語順力を身につけていくのか?

下の動画が、SpeaKing Bizの学習方法です。

SpeaKing Bizの独自メソッド

1レッスンにひとつの動詞を使って、最初はSVO(主語-動詞-目的語)といった基本文からはじまり、不定詞を活用した文、関係詞や疑問詞を活用した文など、英文が段階的に複雑化されていき次々とスピーキング練習をしていきます。

SpeakingBizで様々な文法パターンを学ぶ

このように、様々な文法のパターンで英文の「部品化→組立て」を繰り返すことで複雑な文にも慣れることができ、実際の英会話の場面で瞬時に英文をつくれるようになるための練習ができます。

ビジネスの場面で一般的によく使われる単語や表現を使い、レッスンをこなしていくことで《語順力》を体に染み込ませていきます。

動画の通り、SpeaKing Bizでの学習は、

①日本語→英語に変換していく
②英文を確認して、ネイティブの音声を聞き、口に出して練習していく

この2つをひたすら繰り返します。

シンプルすぎるくらいシンプルです。「Simple is Best」です。笑

やってみることが一番手っ取り早いので、レッスンの流れを知るために実際に1レッスン体験してみてください。

SpeaKing Bizのお試しレッスンはこちら(1レッスンをスグに試せます)

SpeaKing Bizのレッスン内容

次に、SpeaKing Bizのレッスン内容です。

「STANDARD」と「ADVANCED」の2クラスを選択して学習

SpeaKingBizの2つのコース
SpeaKing Bizでは、写真のように「STANDARD」(標準クラス)「ADVANCED」(上級クラス)の2クラスから選べます。

どちらのクラスも自由に切り替えて受けることができます。

それぞれのレッスン内容の違いですが、2つのクラスで使われるメインの英単語は同じですが、文の内容が変わります。

たとえば、同じ英単語「make」を使ったレッスンで、それぞれのクラスの完成形の英文は以下のようになります。

「STANDARD」クラス↓

SpeaKingBizレッスンの流れ

「ADVANCED」クラス↓

SpeakingBizのADVANCEDクラス

このように「ADVANCED」クラスは、「STANDARD」クラスにくらべると英文と使われる単語のレベルがアップします。

1レッスンで学ぶメインの動詞は、この例のように「make」や「cut」「increase」など比較的簡単なものが中心ですが、そのほかにも英文からビジネス英語でよく使われる単語を学べるので単語力もアップできます。

全480レッスン、合計で3,360の英文をネイティブ音声付きで学べる

「STANDARD」、「ADVANCED」それぞれのクラスは、12コースで構成されています。

そして、各クラスとも1コース20レッスンで組まれています。

SpeakingBizのコースとレッスン構成

ですので、2つのクラスの合計で480レッスンになります。

また、1レッスンの中で部品と組立を合わせて7つの英文が学べるので、

480レッスン×7英文=3,360のビジネスで一般的によく使われる英文を学ぶことができます。

さらに、動画で紹介されていたように、すべての問題にネイティブ音声が付いています。

その音声を使って、ネイティブと同じように発話できるようにマネをすることで、耳と口でも覚えていくことができます。

また、学ぶ英文の表現は、すべて英語圏MBA保有者が作成した実践的なビジネス英語です。

なので、英語の語順力と同時にすぐに使えるビジネス表現を身につけることも可能です。

そんな実践的なビジネス英語を、ネイティブの英語音声を追って、スピーキングの練習をするシャドーイングが多くできるのでいい訓練になります。

3段階の速度設定でスピーキング練習ができる

SpeakingBizレッスンの速度設定

それぞれのコースで、「LEVEL1」「LEVEL2」「LEVEL3」の3つのレベルから選択することができます。

レベルに応じて、「日本語文を英文に変換するまでの制限時間」が設定されていて、瞬発力をを養うことができます。

レベル設定とそれぞれの制限時間

LEVEL1 誰でもできるスピード 制限時間:無制限

LEVEL2 日常会話レベルのスピード 制限時間 :15秒

LEVEL3 ビジネス会話レベルのスピード 制限時間 :7秒

この3段階の速度設定で練習を繰り返すことで、1万回を超えるスピーキング練習ができるようなレッスン内容になっているそうです。

個人的には、基本的に「LEVEL1」の制限時間無制限で取り組み、自分の中で「日本語→英語」への変換のスピードを上げていけば問題ないかなと思います。

ちょっと飽きてきたら、ゲーム感覚で制限時間をつけて練習という使い方がいいかもしれません。

SpeaKing Bizを使ってみて感じた5つのメリット

1ヶ月ほどSpeaKing Bizを使って学習をしてみたので、感じたメリットをまとめてみました。

SpeaKing Bizで学ぶメリット
  1. ビジネスシーンで、すぐに使えるようなボキャブラリーや表現方法を増やしていける
  2. ビジネスで一般的に使われる基礎的な単語が厳選されていて、集中して覚えられる
  3. 自分の好きなタイミングで自由に学習ができる
  4. 納得いくまで繰り返し学習できる
  5. 5分ほどのスキマ時間でも有効活用できる
実践的なビジネス英語の表現を増やしていけることは、やはりSpeaKing Bizの大きなメリットです。

また、講師がいるわけではないので好きなタイミングで、自分の納得いくまでじっくり学ぶことができます。

1レッスンは、5分ほどあれば終わるくらいのボリュームなので、ちょっとしたスキマ時間にすすめていけます。

SpeaKing Bizのレッスンの中で、メインで使われる動詞は120個弱くらいですが、それ以外にもビジネスシーンで覚えておいた方がいいボキャブラリーも身につけていけるのが魅力です。

SpeaKing Bizを使ってみて感じたデメリットと注意点

次に、SpeaKing Bizで学習してみて感じたデメリットをまとめました。

SpeaKing Bizのデメリット
  1. 文法や用語の解説は一切ない
  2. オンライン英会話のように講師相手に英会話練習はできない
  3. 自由度が高く自己判断の部分が大きい
  4. レッスン内容がわかりづらい(あらかじめ使う英語の状況がわからない)
  5. 専用のアプリがない

1.文法や用語の解説がない

まず、SpeaKing Bizをはじめる大前提として、英語の基礎力は必須です。

なぜなら、使われている文法や用語についての特別な解説がないからです。TOEICでいうと600〜800点くらい取れるくらいの英語の基礎力がないと難しいと思います。

SpeaKing Bizのレッスンは、ひたすら英文の部品と組立の繰り返しなので、どうしてこういう表現ができるのかという文法や単語の基礎がないとストレスになり、続かない可能性があります。

そもそものSpeaKing Bizの対象が、ある程度英語ができる方なので仕方ないですかね。。。

2.オンライン英会話のように講師相手に英会話練習はできない

SpeaKing Bizは、ひとりでひたすらスピーキングを練習していくオンライン英語学習ツールです。

そのため、オンライン英会話のレッスンのように、講師相手に英会話を学べるわけではありません。ですので、どうしても会話相手がいた方がいいという方には向きません。

逆に考えれば、ひとりでスピーキングを鍛えられるので、オンライン英会話や英会話スクールで講師と話すのがニガテな人には向いているかもです。

3.自由度が高く自己判断の部分が大きい

レッスンに出てくる日本語文を、英語に変換して「言えた・言えなかった」の判断は自分でしなければいけません。

SpeaKingBizレッスン

また、レッスンの進め方も、オンライン英会話スクールのようにレッスンを予約するわけではなく、自分の自由にすすめていくだけなので、強制力はオンライン英会話以下なので、継続して学習していけるかは完全に自分次第です。

4.レッスン内容がわかりづらい(あらかじめ使う英語の状況がわからない)

どの単語を学び、ビジネスのどういうシチュエーションで使う英語を学ぶのか体系化されているわけではありません。

SpeaKingBizコース内容・レッスン内容

上のように「COURSE1」、「LESSON1」という表示だけなので、レッスンをひらくまではどういう内容を学ぶのかがわからないのはちょっとなーという感じでした。

ちなみに、SpeaKing Bizの方にコースの順番についてたずねてみたのですが、コースの流れはランダムではなく意図的にこの順番になっているそうです。

スタンダードクラス、アドバンスクラスそれぞれ、コース1、2、3と上がるにつれて少しずつ文章やワードが難しくなっていくようになっているとのことでした。

ですので、レッスンは上から順番通りにすすめていく方がよさげです。

5.専用のアプリがない

SpeaKing Bizには、今のところ専用のアプリがありません。

ですので、自分でスマホのホーム画面に設定をしました。

ちなみに、僕はiPhoneを使用しているのでiPhoneでのホーム画面への設定方法の流れを書いておきます。

まず、スマホのブラウザ上でSpeaKing Bizにログインします。あとは、以下のような流れでホーム画面に設定できます。

SpeaKing Bizホーム画面設定 SpeaKing Bizホーム画面設定 SpeaKing Bizホーム画面設定 SpeaKing Bizホーム画面設定

その他では、SpeaKing Bizはオンライン英語学習ツールなので、インターネット環境がなければ使えません。

MIT日本人理事会でも、評価されている面もあれば、以下のように改善を期待する声もあります。

  • 成果効果は定性的に測れる形になっておらず、スピードラーニングと同様、感覚的なものになっている。効果測定機能の追加を期待したい。
  • AIで伝わったらOKなどのチェック機能の開発を期待する。
まだまだスタートしてまもないサービスだけに、これからの進化にとても期待したいです^^

SpeaKing Bizでレッスンをすすめるうえでの注意点

SpeaKing Bizでは、あらかじめ用意された日本語を英語に変換し、それを「言えたか・言えなかった」かの答え合わせをしていくような流れになっています。

ただ、そこで注意すべき点は、「正解の英文が絶対ではない」ということです。

ちがった表現の仕方もあるので、正解にこだわらないようにすることが大切です。

もちろん、はじめは表現の仕方をそのまま覚えるようにしても問題はないです。

ただ、結局ずっとフレーズの丸暗記では応用力も身についていきません。

「こういう言い方があるんだ」というものを蓄積していくイメージで、レッスンをすすめていくのが効果的だと思います。

また、ビジネスでよく使われている動詞を「どのように使って」「どのように伝えるのか」を覚えるために使うようにすることでより力もついていくと思います。

Speaking Biz3つの料金プラン

では、最後にSpeaKing Bizの料金プランをみていきましょう。

SpeakingBizの料金プラン

以上の3つの料金プランです。

ビジネス英語を、オンライン英会話や英会話スクールで習おうとすると料金がけっこう高かったりします。

そう考えると、6ヶ月コースでも月々2,500円くらいなのでリーズナブルにビジネス英語を学ぶことができます。

ただ、SpeaKing Bizでは、英語講師から教えてもらうのではなく、すべて自分で学習を進めていかなければいけません。

それでも、これだけの料金で実践的なビジネス英語を学んでいけるのはとてもお得です。

個人的には、オンライン英会話スクールなど、実践の場との併用をしていくのがベストだとは思います。

Speaking Bizの動作環境について

SpeaKing Bizは、パソコンでもスマホでもレッスンを進めることができます。

それぞれの動作環境は以下になります。
(※バージョンアップ等により動作に不都合が発生する場合もあるとのことです)

Speaking Bizの動作環境

<パソコン>
Internet Explorer 10以降
Firefox 最新版
Google Chrome 最新版

<スマートフォン>
iOS ver10.0以降
Android ver7.0以降

Speaking Bizの会員登録方法

SpeakingBiz(スピーキングビズ)の会員登録はとても簡単です。

①まず、SpeaKing Biz公式サイトトップページの一番下までスクロールしていき「お申込みはこちら」ボタンをクリックします。

SpeaKing Biz申し込みボタン

②次に、「メールアドレス」または「facebookアカウント」で登録します。

SpeaKing Bizメルアド登録

③パスワードを設定し、「会員登録する」ボタンをクリックし、会員登録は完了です。

SpeaKing Biz申し込み

④次に、3つの料金プランから1つ選びます。

SpeaKing Bizプラン選択

⑤最後に、お支払い画面でクレジットカード情報を入力します。

SpeaKing Biz支払い
ここで写真赤枠のCoupon codeの部分に、下のコードを入力していただくと1,000円割引が適用されます。

1,000円割引クーポンコード:FPd7zMCJ2hIrKO4ffAuWMw

⑥「お支払い」ボタンをクリックし登録完了です。

これで、公式サイトからログインをして、パソコン・スマホどちらからでもSpeaking Bizレッスンが開始できます。

まとめ:【ビジネス英語徹底強化!】おすすめのオンライン英語学習サービス『SpeaKing Biz』

グローバルに活躍するビジネスマンから支持されている、スピーキング特化型オンライン英語学習サービス「SpeaKing Biz」。

これまで、海外駐在員・ビジネスマンに人気のサービスで、SpeaKing Biz利用者の90%が国外在住者。

ビジネスの最前線で英語を使う方々から【ビジネス英語を効率よく学ぶメソッド】として支持されているそうです。

今のところ実際に使ってみて、今後のサービス改善に期待するところはあるものの、実践的なビジネス英語を身につけていけることは間違いないです。

1ヶ月試してみて、ビジネスで使えるボキャブラリーを増やしていきたい自分にとって、とても参考になるものばかりでした。

私のように、日常英会話以外のボキャブラリーを増やしていきたい方にとっても、SpeaKing Bizの内容はとても学びになることは多いです。

話す力を徹底的に鍛えるということで、「スピーキングの自主練」をSpeaKing Bizでやり、オンライン英会話レッスンなど講師と実際に話す実践を「スピーキングの本番の試合」として取り組んでいくとより効果的だと思います。

気になる方は、ぜひ使ってみてください。

《1週間返金無料キャンペーン中》
1,000円割引のクーポンコード:FPd7zMCJ2hIrKO4ffAuWMw
※申し込み時にこちらのクーポンコードを入力すると1,000円割引になります^^