オンライン英会話おすすめ情報【ビジネス英会話学習】

オンライン英会話おすすめ情報【ビジネス英会話学習】

「ビジネスシーンで活かせる英会話をしっかり学びたい」

そんなときは、可能であれば短期集中型コーチングスクールやビジネス英会話コースがある通学型英会話スクールに通った方がベストかもしれません。

なぜなら、強制力が働くのでどんなに忙しくても学習の継続がしやすい環境が作れるからです。

ただ、そうはいっても実際は

「毎日の仕事などで忙しくてそんなスクールに通う時間を取る気力も起きない」
「経済的にも時間的にもそういったスクールはなんだか気がひける」

と思ってしまうこともあると思います。

しかし、今ではオンライン英会話スクールでも上記のコーチングスクールなどビジネス英会話に特化した通学型英会話スクールと同じようなクオリティーでビジネス英会話を学べるオンライン英会話サービスがあります。

オンライン英会話であれば、インターネット環境、パソコン、スマホなどがあれば好きな時間に場所を問わずに英会話レッスンが受講できます。

通学型スクールにくらべても圧倒的に料金も安いので、時間的にも経済的にも英会話スクールに通えないという方にはとてもおすすめです。

オンライン英会話でビジネス英会話を学ぶことはおすすめとは言いましたが、「どのサービスがいいのか?」「どのように進めていけばいいのか?」「英語できないのにビジネス英会話から始めるのは心配だなー」というお悩みを解消するためにここで解説していきます。

オンライン英会話ビジネス向け比較ランキングTOP5

オンライン英会話【ビジネス向け】比較ランキングTOP5

2018年11月27日

オンライン英会話で「ビジネス英会話」を学ぶときの注意点

ビジネス英会話を学びたいから「ビジネス英会話コース」があるところで! という理由で決めないようにしましょう。

「ビジネス英会話コース」というものに、まずは注意が必要です。

よくビジネス英語と日常英語とを比較して、以下のような感覚で区別されていることが多いです。

日常英会話(初級向け):家族や友達との会話など文字通り日常での会話、道案内や海外旅行で使う会話など
ビジネス英会話(中上級者向け):電話対応やミーティング、商談などビジネスシーンで使う英会話

しかし、日本語でイメージしてもらえればわかると思いますが、日常会話の日本語と、ビジネスシーンで使う日本語ってそんなに違いはないですよね。

あるとすれば敬語や丁寧語、また仕事でしか使わない専門的な用語や単語もありますが、基本的な違いとしては会話をする相手やシチュエーションが違うだけではないでしょうか。

英会話スクール側の視点で考えると、会話のシチュエーションを仕事のシーンにするだけで、ビジネス英会話の教材を作成することは難しくないでしょうし、そこからビジネス英会話コースをつくることも可能です。

その証拠に、今では多くのオンライン英会話で「ビジネス英会話コース」があります。

オンライン英会話でビジネス英会話を学ぶおすすめの判断基準は1つ

そこで、オンライン英会話スクールでビジネス英語を学びたいあなたへおすすめする重要な判断基準はたった1つだけです。

それは、「誰から学ぶか」ということです。

もちろん、前提としてビジネス英会話用教材やカリキュラムがあることですが、どんなに教材が優れていたとしても、ビジネス経験のない学生や主婦の方がビジネス英会話の講師では、実際のビジネスでのリアルな会話のシチュエーションをイメージすることは難しいと思います。

そのため的確なアドバイスや指導は期待できないです。

ビジネス英語を学ぶためには、コースやカリキュラムではなく、ビジネス経験のある講師に絞って選ぶことをおすすめします。

例えば、ビズメイツでは、講師のビジネス経験から選ぶことができるのでおすすめです。

(写真:講師選択画面、レッスンテキスト)

ビジネス英会話の特徴

ここにタイトル
  1. ビジネス英会話ではより論理的にかつ簡潔に伝える技術が必要
  2. 求められる英語力は必ずしも高くない
  3. ビジネス英会話で使うフレーズや単語は限定的
  4. ビジネス英会話でも丁寧な言い回しを身につけておくことは重要

1.ビジネス英会話ではより論理的にかつ簡潔に伝える技術が必要

英語でも日本語でも変わらないとは思いますが、まずビジネスでは論理的に簡潔に伝える能力が求められます。

まず結論を述べ、次に理由、そして結論に至った証拠やデータの提示、または具体例を伝えるというような流れが説得力のある話し方です。

しかし、こう聞くと英語だとさらに難しそうだと思うかもしれませんが、そもそも英語自体が結論から先に話していく言語です。

オンライン英会話で、ビジネス英会話学んでいくうちに自然とその流れは身についていくと思います。

(英例文入れる?)

2.求められる英語力は必ずしも高くない

ビジネス英会話で求められる英語のレベルもあなたの業界や職種にもよります。

海外企業との商談やミーティングであれば、それなりの英語力とその分野に特化した専門用語がわからないといけないので求められる英語力も当然高くなります。

しかし、メール対応や電話対応に限られるのであれば前者にくらべると、そこまで高い英語力は求められないでしょう。

3.ビジネス英会話で使うフレーズや単語は限定的

ビジネス英会話では、日常会話にくらべると使う単語やフレーズなどはある程度決まっています。

メール対応や電話対応、書類で使われるような単語を一通り頭に入れてしまえば、専門用語でないかぎりは基本の英語力があれば大体は理解できます。

また、ビジネス英会話では、実は言い回しがテンプレート化されているものも多いです。この言い回しのパターンなどを覚えてしまえばあとは単語を変えるだけで応用も可能になります。

日本でのメール対応でも、「いつもお世話になっております」のような感じでテンプレート化されているようなものです。

4.ビジネス英会話でも丁寧な言い回しを身につけておくことは重要

英語では、敬語などの概念は日本ほどないですが、敬語に当たるような丁寧(フォーマル)な言い回しは存在します。

同僚であれば、ある程度日常英会話での言い回しでも問題はないです。

例えば、「ありがとう」というのも「Thank you」でも問題ないです。

ただ、上司や顧客などにであればでも「I appreciate it」のように使う単語も少しフォーマルなものに変わってきます。

このようにビジネスシーンでの会話を具体的に想定して、TPOに合わせた英語をあつかえるようになることが重要です。

正直言ってしまえば、高度な英語は相手も求めていません。まずは、伝えたいことを正確に簡潔に丁寧に伝えようとする姿勢が大切です。

おすすめのビジネス英会話学習法

おすすめのビジネス英会話学習法
・TOIEC700点を目指す
・ビジネス一般で使う単語と専門用語を学習
・ビジネスシーンをリアルに想定したロールプレイング

TOIEC700点を目指す

英語学習継続をしていくために具体的な指標や目標があった方がいいです。

ビジネス英会話を学ぶといっても、漠然としているため上達の指標として取り入れることをおすすめします。

今では就職や転職、また昇進要件にもTOEICスコアが有利に働くことも多いです。ですので、TOEIC対策も同時に進めておいて損はないです。

ただ、TOEIC700点でも高いスコアとは言えませんが、しっかり英語学習に取り組めば対策をそこまでしなくても十分取れる点数です。

(TOEICでの求められる要件入れる:国内メーカーTOIEC点数550点から600点を昇進・昇格の要件など)

オンライン英会話スクールの中には、TOEIC対策に対応しているところもあるのでをうまく活用をしてみてください。

(おすすめランキング添付)

ビジネス一般で使う単語と専門用語を学習

ビジネス英会話でも文法は基本を押さえておけば問題ありません。地道ではありますが重要なのは、単語力をつけることです。

ビジネスシーンでよく使われる単語
・あなたの業界、職種でよく使われる単語

このあたりは必ず強化していきましょう。

ビジネスシーンをリアルに想定したロールプレイング

オンライン英会話レッスンで、商談やミーティング、プレゼンテーション、電話対応などあなた自身の経験するであろうリアルなビジネスシーンを設定してロールプレイングを講師の方にしてもらうのも効果的です。

ある程度力がついたらチャレンジしてみてください。

オンライン英会話のビジネス英会話コースの質はどうなの?

「通学型英会話スクールに比べて圧倒的に安いオンライン英会話スクールのビジネス英会話コースのクオリティーってどうなの?」 と不安になる部分もあるかと思います。

ただ、ビジネス英会話コースのクオリティーは基本的には「講師と教材の質」に左右されると思います。

ですので、安い高いという料金の部分で判断すると結局後悔してしまう可能性は高いです。

オンライン英会話でビジネス英会話を選ぶ時には、教材やカリキュラムのサンプルを事前にチェックしたり、気になったオンライン英会話スクールで無料体験レッスンを受けて講師の質やシステムの使いやすさなどを確認することをおすすめします。

ビジネス英会話をフィリピン人講師から学ぶメリット

フィリピンの方にとって、フィリピン国内で働くよりも海外で働いた方が稼げるため、海外に出稼ぎに行く方が多いです。

私の子供時代にも友達のお母さんがフィリピン人で、日本で稼いでフィリピンにいる家族に仕送りをしているという話を聞いていました。

また、英語を話せれば稼げる可能性も高くなるため、フィリピン人にとって英語は必須なのです。その他に、フィリピン国内に多くある「海外企業のコールセンター」も大きく影響しているようです。

コールセンターの仕事は給料も高くフィリピンでは人気の仕事の一つです。基本的に英語ネイティブが電話の相手のためビジネス英会話力が当然求められます。

そういった背景もあり、フィリピン人の英語はアジアの中でもトップクラスであることがわかると思います。

実際に、フィリピン人のビジネス英語能力はとても高いというデータが実際にあります。別記事でまとめましたのでぜひお時間のあるときに読んでみてください。

→「フィリピン人のビジネス英語力は世界No.1

まとめ:オンライン英会話おすすめ情報【ビジネス英会話学習】

ここまで見てきましたように、ビジネス英会話を身につけていくためには教材やカリキュラムで専門的に学ぶと効率的です。

業界や職種、シチュエーションによっても使う英語はぜんぜん異なります。

ですので、あなたの業界や職種に合わせて専門的にビジネスで活かせる英会話を学んでいくことが上達への近道となります。

まずは、ビジネス英会話のカリキュラムなどが充実している気になるオンライン英会話スクールで無料体験レッスンを受けてみて、講師の質やあなたに合ったカリキュラムなどを比較してみることをおすすめします。