フィリピン人のビジネス英語力は世界No.1

フィリピン人のビジネス英語力は世界No.1

⏳この記事は 4 で読めます。


「ビジネス英語を身につけなきゃいけなくなってしまった・・・」

そんなときに、今ではオンライン英会話スクールでも学ぶことができます。そこで調べるみると、多くのオンライン英会話スクールでフィリピン人講師が採用されています。

ビジネス英語に特化したオンライン英会話スクールで有名なビズメイツもフィリピン人講師のみでレッスンを行なっています。

フィリピン人講師を採用している理由は、人件費が安いなどいくつかありますが、ここではビジネス英語という点から見ていきます。

結論から言いますと、フィリピン人のビジネス英語能力は世界でとても高く評価されています。

ここでは、その証拠を見ていきましょう。

フィリピン人のビジネス英語力は世界一

フィリピンは世界一ビジネス英語能力が高い国として認められています。2013年とデータは古いですが、、、。

こちらのデータは、米国に本社のあるオンラインのビジネス英会話学習ソフトウェアを提供している GlobalEnglishという会社が、国ごとにビジネス英語能力を評価する「ビジネス英語指数(BEI – Business English Index)」を2013年に発表したものです。

フィリピン人のビジネス英語力は世界一

引用:ビジネス英語能力の国別ランキング「ビジネス英語指数(BEI)」(2013年)

実際のデータは以下のものになります。↓

フィリピン人のビジネス英語力は世界一

(出典:GlobalEnglish「2013 BUSINESS ENGLISH INDEX」

この表では、右下に行くほどビジネス英語能力が高く、左上がもっとも低いという評価となっています。

このように、フィリピンは世界一のビジネス英語能力を持つ国として選ばれています。ちなみにこの時点では、日本は上位半分にも入れていませんね。。。

このビジネス英語指数(BEI)ですが、英語ノンネイティブスピーカーのビジネス英語力を国ごとに評価しており、グローバル企業が拠点を置く際に参考にする1つの指標となっています。

また、このデータにはアメリカやイギリスなど英語を母国語とする国内でも英語ノンネイティブスピーカーがいるため調査対象となっています。ちなみにイギリス4位、カナダ16位、アメリカは24位となっています。

ジネス英語指数 のレベル評価と定義

この中でフィリピンは中級レベルに入っています。日本はというと基礎レベルになんとか入れているレベルです。

イギリス人やアメリカ人に限定してしまえば、もちろんフィリピンは世界一ではなくなるとは思いますが、英語ノンネイティブスピーカーが多い今の世界では十分説得力のあるデータであると言えます。

フィリピン人の英語は環境によって洗練されている

フィリピンは人件費や物価が安いという理由でビジネスをするうえでもメリットが多く、データが示すようにビジネス英語能力も認められています。

そのため、多くのグローバル企業のコールセンターがフィリピンに設置されているほどです。

このような理由からも、世界からフィリピン人のビジネス英語能力が高く評価されており、オンライン英会話でフィリピン人の講師が多く採用されているのもとても納得できますね。

コールセンターと同様に英会話講師もフィリピン人には給料のいい職業であり、そういった人気の職種には英語運用能力の高い人たちが自然と集まってきます。

古いデータにはなりましたが、ビジネス英語をフィリピン人から学ぶことのメリットの証拠としては十分ではないでしょうか。

ビジネス英会話と日常会話の違いは?

まず、ビジネス英会話とは日常英会話では使わないような少し堅いフォーマルな表現の英会話になります。

ビジネス英会話と日常英会話の大きな違いとしては、ビジネスの業界ごとにある「専門用語」や「フォーマルな場面で使う丁寧な表現」を使うことが多い、というような特徴があります。

ビジネス英語で使う丁寧な表現

同僚であれば問題ありませんが、仕事上の顧客などが相手になれば日常で使うようなフランクな英語ではなく、丁寧な表現を使うことが多いです。

それは日本でのビジネスシーンでも同じなので、イメージしやすいのではないでしょうか。

英語でいう「丁寧な表現」とはたとえば、

・「I want to〜」ではなく「I would like to〜」

・「Can you〜」ではなく「Could you〜」

のようなものです。

感覚的にはすこし遠回しな表現になるため、直接的でない分、やわらかい印象を与えることができます。

ビジネス業界ごとの専門用語

一般的なビジネスシーンで使う英語であれば、どこの業界でも基本的には同じでしょう。

しかし、ビジネスの世界ではそれぞれの業界や職種によっても多くの専門用語があります。日本語でも、自分と関係のない分野の専門用語であれば、聞いてもわからない言葉はありますよね。

ですので、ビジネス英語で大切になるのは、あなたの働く業界で多く使われる専門用語を覚えていくことではないでしょうか。

ビジネス英語を学ぶポイント

ビジネス英語だと、複雑な表現を使わなければいけないというイメージがあるかもしれませんが、実際はシンプルな表現でもしっかりと相手に伝えるられることができれば問題ありません。

ビジネス英語といっても、会話のベースとなる文法は日常英会話と特に変わりはありません。

日本語と同じように、日常会話の延長線上にビジネス英語があります

大きなポイントは「丁寧な表現」また、「業界でつかわれる専門用語」を身につけていくことです。

しっかりと英語の基礎となる文法や単語、それに合わせてビジネスシーンに合わせた表現などを身につけていくことが重要です。

まとめ:フィリピン人のビジネス英語力は世界No.1

フィリピン人のビジネス英語能力は、日本人よりも圧倒的に優れていて、世界的に見ても評価されていることがお分かりいただけたと思います。

実際、私の職場にいるフィリピン人の先生たちも、イギリス人やカナダ人のネイティブの先生よりも教え方はダンゼン上手でわかりやすいです。

もちろん訛りや発音のアクセントなど人それぞれではありますが、ビジネスでの会話でも伝わることが何より大切です。

まずは、オンライン英会話スクールの無料体験レッスンで実際にご自身で体験してみてください。必ずあなたの力になってくれる講師に出会えると思います。