オンライン英会話をカメラなしで受けるメリット・デメリット

オンライン英会話をカメラなしで受けるメリット・デメリット

⏳この記事は 3 で読めます。


オンライン英会話では、Skypeや専用のアプリ(レアジョブ英会話やネイティブキャンプなど)をつかって、ビデオ通話でどこでも英会話レッスンを受けられることが大きなメリットです。

ただ、状況によっては

「散らかっている部屋を見られたくない」
「疲れているから寝転がりながらリラックスしてレッスンを受けたい」

また、女性であれば「すっぴんの時は恥ずかしいから見られたくない」などの理由で、ビデオ通話ではなく音声通話のみでのレッスンを受けたいという時もありますよね。

そこで、オンライン英会話レッスンを受けるときにWebカメラなしでもできるのか。

結論からいえば、基本的には多くのオンライン英会話でWebカメラなしでレッスンを受けることができます。

ただ、講師の方の立場からすれば、私たち生徒側の表情や反応が見えたほうがレッスンをスムーズにすすめやすいし、教えやすいとは言っていました。

講師の方の通信環境によっては音声品質を維持するために、カメラをオフにしてレッスンをする方もたまにいます。

ここでは、オンライン英会話レッスンをWebカメラなしでを受けることのメリットや注意点、デメリットについてご紹介していきます。

オンライン英会話はWebカメラなしでレッスン受講可能

はじめにも言いましたが、オンライン英会話レッスンはWebカメラなしでもレッスンを受けることができます。

ただ、オンライン英会話サービス側からすれば、カメラを使うことをおすすめしています。

しかし、必ずしもウェブカメラを使わなければいけないと言うわけではありません。

では、オンライン英会話レッスンでウェブカメラを使わないためにはどうしたら良いかというと、講師からSkypeなどの通して連絡あったときにビデオ通話ではなく音声通話に切り替えればいいだけです。

(写真入れる)

このボタンを押して切り替えることができます。(Skypeの例)

カメラなしでレッスンを受けたいときは講師に正直に伝える

講師に、カメラなしでレッスンを受けたいことをはじめに伝えておきましょう。

何も言わないでカメラをオフにしていると、「カメラは使わないの?」と講師から聞いてくることもあるので、正直にひとことことわりを入れます。

たとえば、

I’m sorry , but I would like to take this lesson without my web camera.

とカンタンに伝えておけば問題ありません。

 オンライン英会話レッスンをカメラなしで受けるメリット

まず、オンライン英会話レッスンをカメラなしで受けるメリットです。

  1. 身だしなみを気にしなくていい
  2. 好きな体勢でリラックスして受けられる
  3. 部屋が散らかっていてもOK

このように、カメラなしの大きなメリットは、気軽にどのような状況でもオンライン英会話レッスンを受けられることです。

たとえば、早朝のレッスンをとっていてレッスン前ギリギリに起きたとしても、寝グセがあろうが気にする必要がありません。

また、女性であればスッピンでも気にしなくていいので助かると思います。

おすすめはしませんが、散らかっている部屋でも寝ころがりながら英会話レッスンもできてしまいます。笑

 オンライン英会話レッスンをカメラなしで受けるデメリット

次にカメラなしでレッスンを受けるデメリットです。

①講師側もカメラをオフにすることがある

こちらが音声通話のみにしていると、講師の中にはカメラを使わない先生もいるので注意が必要です。

基本的には、カメラをオフにされることはないですが、中には「こちらもカメラなしでもいいですか?」と聞いてくる方もいました。

ただ、この時に「カメラありでお願いします」と伝えれば問題ありません。

もし、講師がそれを断るのであれば次回はその講師を選ばなければいいです。

しかし、貴重なレッスン時間ですので、断る講師もいるということを頭に入れておいてください。

②発音の仕方などの的確なアドバイスがもらえない

カメラなしですと、生徒側の様子を見ることができないため、的確なアドバイスがもらえない可能性があります。

なぜなら講師の方は、こちらの口の動きや表情を見て正しい発音ができているか、また理解ができているかなどを読みとることができ、より的確なアドバイスをしてくれるからです。

③ジャスチャーで伝えられない

ボディランゲージというように、英語では特に身ぶり手ぶりジェスチャーが多いです。

どう伝えたらいいかわからない時に、ジェスチャーで伝えられることもあるため、カメラなしですとそういった部分では不便です。

④講師を不安にさせてしまう

英語初心者のときは、私もよくあったのですが、英会話中に返答に困って考えているときに無言になってしまうことがありました。

すると、カメラなしではこちらの様子がわからないため、講師はその「沈黙の間」を音声が途切れてしまったのか、どういった理由なのかわからず不安にさせてしまいます。

ですので、そういう時は「Let me think…」 など沈黙の間をつなぐ言葉を使っておくようにしましょう。

まとめ:オンライン英会話をカメラなしで受けるメリット・デメリット

多くのオンライン英会話スクールでは、Webカメラの利用を必須条件とはしていません。

しかし、基本的にどのオンライン英会話でもウェブカメラを使ってのレッスン受講をおすすめしています。

なぜなら、Webカメラを使うことでオンライン英会話の講師が生徒である私たちの状況や表情を把握しながらより的確で適切な指導ができるからです。

さらに、私たちも講師の顔や口元の動きを確認して発音の仕方などを目でおぼえられるため、できるだけWebカメラを利用をすることをおすすめします。

ただ、カメラなしで受けることで電話対応ということを想定して英語を話す練習にもなります。ですので、あえてカメラなしでレッスンを受けるのもありです。

あなたの状況に合わせて、オンライン英会話レッスンを活用していきましょう。