オンライン英会話でTOEIC対策をする効果は?【5つのメリット】

オンライン英会話でTOEIC対策をする効果は?【5つのメリット】
オンライン英会話でTOEIC対策をする効果はあるのかな?メリットがあれば知りたいな。本格的にTOEIC対策をしたいけど、英語は学生以来だし、なにからやればいいか教えてほしいです。

こういった疑問にお答えします。

もくじ
  • オンライン英会話でのTOEIC対策は効果あり
  • オンライン英会話でTOEIC対策をする5つのメリット

僕は以前、TOEIC765点を取得しました。

なので、まずは600点〜700点を超えたい方には参考になるお話ができるかなと思います。

ぜひ参考にしていただけるとうれしいです。

本記事の対象:TOEICスコアだけでなく、話す力も同時につけたい方。
※正直、とにかくはやく目標スコアを取りたい方にはオンライン英会話は非効率かもです。

オンライン英会話でTOEIC対策は効果あり

オンライン英会話でTOEIC対策は効果あり

結論、オンライン英会話はTOEIC対策に効果ありです。

特に、冒頭でも書いたようにスコアだけでなく、話す力もつけたい方にはおすすめです。

詳細は、次項のオンライン英会話でTOEIC対策をするメリットで解説していきます。

オンライン英会話でTOEIC対策をする効果【5つのメリット】

オンライン英会話でTOEIC対策をする効果【5つのメリット】

下記のとおりです。

オンライン英会話でTOEIC対策をする5つのメリット
  1. 通学型スクールにくらべて、圧倒的に料金が安い
  2. 毎日レッスン受講可能なので、習慣化しやすい
  3. 自分の生活リズムに合わせて、学習できる
  4. リスニング力アップにもつながる
  5. 自習との両立がしやすい

それぞれ、順に解説します。

①通学型スクールにくらべて、圧倒的に料金が安い

AEON(イーオン)などの通学型スクールでは、マンツーマンレッスンの場合1レッスン40分で5,000円以上するところが多いです。

大手通学制スクールのマンツーマン1レッスンあたりのおよその料金

通学型スクール レッスン時間 1レッスンあたりの料金
シェーン英会話 40分 約7000円
AEON 40分 約8000円
Gaba 40分 約5000円〜7000円

一方、オンライン英会話ではマンツーマンで1レッスン25分毎日受けても月額約6,500円ほどです。

オンライン英会話のマンツーマン1レッスンあたりのおよその料金

(※1ヶ月(31日計算)で毎日レッスンを受けた場合)

オンライン英会話 レッスン時間 1レッスンあたりの料金 
レアジョブ英会話 25分 約200円
ネイティブキャンプ 25分 約100円〜200円
mytutor 25分 約500円〜

上記のとおりです。

また、ネイティブキャンプであれば、レッスン受講回数無制限であるため1ヶ月にレッスンを受ける回数によっては1レッスン200円を余裕で切ります。

また、オンライン英会話は入会金も無料、基本的な教材も無料で利用可能です。

tak

僕は英語学習にムダにお金をかける必要はないと思っているので、断然オンライン英会話がおすすめです。

②毎日レッスン受講可能なので、習慣化しやすい

オンライン英会話は、毎日レッスンを受けられるので、英語学習の習慣化がしやすいことです。

毎日レッスンで強制的な環境をつくる

ちなみに、レアジョブ英会話など多くのオンライン英会話は1日1回のレッスン受講が可能ですが、残念ながら1日分のレッスンを別の日に振替することができないところが多いです。

つまり、その日に受けないと1日分のレッスン料をムダにすることになります。

「振替ができないのは不便」とデメリットではあります。

ただ、「やらなくては損をしてしまう」と思えば、学習にとりかかるためのいい強制力として生かすこともできます。

英語学習のいいサイクルをつくれる

例えば、「通勤時に文法や単語のインプット→帰宅してレッスン時にアウトプット→レッスン後に復習や自習」

というように、英語学習のいいサイクルを作ることができます。

学習のリズムが生まれると習慣化がしやすいです。

毎日英語を話せるのでスピーキング力も上がる

オンライン英会話は「海外にいるような環境」をつくれるので話す力を伸ばすことができます。

TOEIC800点以上など高得点を取っている方でも、英会話ができない、という人はけっこういます。

しかし、オンライン英会話であれば、TOEICスコアアップのテクニックのみにかたよることなく、英会話力の向上にも役立ちます。

③ 自分の生活リズムに合わせて、学習できる

オンライン英会話は、下記のような時間でレッスン受講可能です。ほんの一例です。

  • レアジョブ英会話:朝6時~深夜1時
  • ネイティブキャンプ・DMM英会話:24時間

つまり、早朝や深夜でもレッスンが可能

時間の融通がきくのは、オンライン英会話のなによりのメリットです。

また、オンライン英会話は「レッスンを受ける場所」も⾃由です。

tak
スマホやパソコン、タブレットでレッスン受講可能なので、ネット環境があればいつでもどこでもレッスンを受けられます。 

④リスニング力アップにもつながる

オンライン英会話は、基本的にマンツーマンレッスンです。

なので、常に先生の質問に対して自分が答える必要があり、グループレッスンよりも意識的に聴こうと集中します。

また、必然的に話す機会も多くあります。はじめは少ないかもですが、慣れれば増えていきます。

スピーキングはすべてのスキルの土台

当サイトでよく引用しているのですが、青谷正妥さんという方の著書「英語学習論−スピーキングと総合力−」に以下のようなことが書かれていました。

実はスピーキングは低次機能でピラミッドの土台です。スピーキング力が英語運用力のインフラであり、読み書きの力(リーディング/ライティング)を下支えし、聞く力(リスニング)を横支えするのがスピーキング。

英語学習論 スピーキングと総合力 [ 青谷正妥 ]
created by Rinker

これが、話す力をつけることがリスニング力にもつながる理由です。

僕もこれは体感的に感じているところです。

⑤自習との両立がしやすい

オンライン英会話を活用してTOEIC対策をはじめる場合、自習は必須です。

レアジョブ英会話の日本人カウンセラーのアドバイス

いただいたアドバイスは下記です。

カウンセラー
オンライン英会話を続けていくことで、まずはリスニング力が伸びていくので、並行して文法やTOEIC参考書の自習をしていくことがより効果的です。

オンライン英会話は基本的に1レッスン25分

仕事終わりでも帰ってきても、自習や復習の時間を確保できるほどよいレッスン時間だと思います。

通学型スクールだと、40分〜60分ほどのレッスンが多いです。

レッスンが終わって、帰るまでにいったん勉強モードもリセットされてしまうので、家に帰ってから復習や自習となるとけっこうしんどかったりします。

一方、オンライン英会話であれば、仕事終わりでクタクタで帰ってきても、シャワーを浴びてリフレッシュしてからなど一息ついてからレッスンを受けらます。

強制力がないというデメリットもある

ただ、通学型スクールは強制力がある反面、オンライン英会話はサボろうと思えばいくらでもサボれます。

なので、自分をコントロールする力は必要になります。

tak
以上、オンライン英会話でTOEIC対策をする5つのメリットです。

まとめ:オンライン英会話でTOEIC対策は効果あり【自習は必須】

まとめ:オンライン英会話でTOEIC対策は効果あり【自習は必須】

では、最後にまとめます。

オンライン英会話でTOEIC対策をする5つのメリット
  1. 通学型スクールにくらべて、圧倒的に料金が安い
  2. 毎日レッスン受講可能なので、習慣化しやすい
  3. 自分の生活リズムに合わせて、学習できる
  4. リスニング力アップにもつながる
  5. 自習との両立がしやすい

上記のとおりです。
オンライン英会話なら、時間とお金の節約が可能。

そして、いちばんのメリットは、毎日英語のアウトプットができるところ。黙々と勉強しているとけっこうつらくなる瞬間がくるからですね。

僕自身、海外にいる時に、毎日英語を話せる環境があったので向上心を持って続けることができました。

ぜひ、オンライン英会話をTOEIC対策のために効果的に活用していってくださいね。

人気記事 【初心者向け】TOEIC学習に取り組む前に必要なこと【参考書も紹介】
人気記事 【効果あり】TOEIC対策に役立つオンライン英会話【おすすめ5選】