英会話のLOBiの特徴を徹底分析

英会話のLOBi

英会話の教習所】NEWスタイルのオンライン英会話スクール

今、評判のオンライン英会話スクールがLOBi(旧名:LOBiエデュケーション)です。LOBiは「日本人が誰でも英語を話せるようになるため」にはどうすればいいかを徹底的に研究・分析をし、日本人のための独自メソッドをつくりあげた会社で、98%もの方が「LOBiを選んでよかった」と評価しています。LOBiではメソッドの都合上、メイン講師は日本語と英語を話す採用率5%の優秀なバイリンガルコーチですが、他のオンライン英会話スクール同様外国人講師とのオンラインレッスンも受けられます。また、イベントや講座などでコーチや英語学習仲間と実際に交流ができる場もあります。さらに、LOBiは「パーソナルコーチング型オンライン英会話」と言われています。手厚いサポートを受けながら、コミュニケーションのための英語力を身につけたい方にはイチオシのオンライン英会話です!

LOBiの公式ホームページを見ただけではわからないことも多かったので、実際にオンラインとリアルでの体験レッスンを受け、講座にも参加してきました。

さらに、LOBi代表の高村創さんにもお会いし、インタビューをさせていただきました。

そこで高村さんは、LOBiを「英会話の教習所」と例えています。

誰でも練習すれば車を運転できるように、LOBiで学べば誰でも英語での簡単なコミュニケーションは困らずにできるレベルに持っていくことができると、自信をもっておっしゃっていました。

最近では、世間的にもいちばんはじめにLOBiで学ぶといいよねと言われはじめているそうです。

そんな英会話スクールLOBiの特徴を徹底的に解説していきます。

只今LOBiさんでは《秋の10大特典キャンペーン》実施中です!
新しいチャレンジに挑むあなたを応援する、お得なキャンペーンです!【9月1日(日)~11月30日(日)まで】
学びの秋に向けて、英会話を始められる方々にとって効率的、かつ効果的に英語学習に活かせる魅力的な特典満載なのでお見逃しなく!

英会話のLOBiキャンペーン

\ 秋の10大特典キャンペーン中 /
9月1日(日)~11月30日(日)まで

Contents

英会話のLOBi(旧名:LOBiエデュケーション)サービス概要

LOBiのコンセプト
We don’t input. We don’t teach. We coach.
We don’t tell answers.
Students already have answers.
Answers are sleeping. We just help them to wake up.
We don’t use dictionary. We don’t teach new words and new stuff.
We just coach them how to use what they already have.
入会金 6か月コースの場合:24,000円
12か月コースの場合:無料長期割引適用のため)
料金 オンラインレッスン料 24,000円/月(月謝制)
【内容】週1回50分のグループレッスン&週4回25分のマンツーマンレッスン(任意)
+カリキュラムの組み合わせ
※上記レッスン料に合わせて以下のパッケージプランの中からも選択可能

【パッケージプラン】

ゆったりプラン
1年132,480円/半年90,780円
しっかりプラン*人気NO1*
1年259,200円/半年158,100円
がっつりプラン
1年374,400円/半年219,300円
1レッスンあたりの料金 約1000円(オンラインレッスン25分換算)/1ヶ月4週間計算
(オンラインレッスンをすべて受けた場合)
※オンラインレッスン料(24,000円)のみで計算した場合
対象レベル 初級者〜
※対象:中学2年生以上〜
レッスン形式 バイリンガルコーチとのグループレッスン【2名~4名】(週1回:必須)
50分レッスン
外国人講師(主にフィリピン人)とのマンツーマン(週4回まで:任意)
25分レッスン
※ともにSkypeでのオンラインレッスン
レッスン対応時間 ・バイリンガルコーチとのグループレッスン
月曜~土曜10:30~21:30(22:30終了)
日曜10:30~17:30(18:30終了)
・外国人講師とのマンツーマンレッスン
朝5:00~夜12:30
※年末年始や祝日の一部は休講日
利用するツール ・Skype(スカイプ)
・音声録音アプリ※課題提出時必要
*ともに無料で用意可能
コーチ/講師 バイリンガルコーチ
→日本語・英語ともにネイティブレベルの日本人、または外国人
外国人講師
→フィリピン人、またはフィリピンに住む外国人講師
講師在籍数 バイリンガルコーチ:20名程度
外国人講師:30〜40名程度(利用状況により変動)
コーチ/講師のレッスン提供環境 バイリンガルコーチ:基本的にはオフィスか
外国人講師:オフィス or 在宅
※講師により異なる
教材 購入の必要なし
※すべてWEB上でエクササイズが用意されている
無料体験レッスン
・オンラインレッスン(Skype)
または、
リアルレッスン(東京都四谷にあるスクール)50分×1回
※ともにバイリンガルコーチとのマンツーマンレッスン
・オンラインカウンセリング相談(Skype)50分×1回
レッスン予約 1ヶ月前〜レッスン開始直前でも可(※空いている講師がいる場合に限る)
※詳細は後述
キャンセル締切時間 ・バイリンガルコーチのグループレッスン
締切時間特になし
予約時間を過ぎても同じ週内で、レッスン枠に空きがあれば振替対応可
※ただし、カリキュラムが異なるため週またぎの振替は不可

・外国人講師のマンツーマンレッスン
レッスン開始の1時間前まで
※予約時間を過ぎた場合は、1回分消化とみなさる
レッスン前に準備すべきもの ・パソコン、スマホ、タブレット端末のいずれか
・Skype(スカイプ)のインストール
・ウェブカメラ
(※カメラ内蔵型端末の場合は不要)
・ヘッドセット
(※マイク内蔵型端末の場合は不要)
・録音用アプリ
【スマートフォンの場合】
内臓されている録音アプリ、もしくはお好みの無料録音アプリ。
【パソコンの場合】
Moo0(ムーオ)音声録音機アプリ推奨→Moo0音声録音機
サポート体制 ・運営事務局
電話、メールでの問い合わせ可能
支払い方法 クレジットカード/銀行振込/口座振替

※上記料金は参考です。長期割引適用やまとめ払いによる割引などもあるので、カリキュラムや払い方など人によって料金は変わってくるので詳細はLOBiさんにご相談ください。また、月謝金額の変更も可能とのことです。

\ 秋の10大特典キャンペーン中 /
9月1日(日)~11月30日(日)まで

オンライン英会話を英語習得の中心に置くことをオススメしている当サイトですが、大手オンライン英会話スクールなどは料金が安い反面、自分で多くをコントロールしなければならず、継続が難しく効果を感じる前に挫折してしまう方も多いという問題点がありました。

しかし、LOBiはそんな「オンライン英会話の持つ問題点」を解消してくれるスクールです。

LOBi=パーソナルトレーニングジム型オンライン英会話スクール

オンライン英会話サービスLOBi

LOBiは2015年にスタートし、AEONやNOVAのような通学型英会話スクールと同じようなレベルのサービス内容を提供しつつ、レアジョブやDMM英会話などのオンライン英会話スクールのような手軽さをMIXしたオンライン×リアルの英会話スクール。

そして、今ではパーソナルトレーニングジム型のオンライン英会話スクールと評判です

その理由として、「ENGLISH COMPANY」や「ライザップイングリッシュ」のような英語パーソナルトレーニングジムのように一人一人の目標にフォーカスし、伸ばすべきポイントなどを考えたうえでカリキュラムを作成してくれること。

そして、オンラインレッスンがメインでありながらも、目標をクリアするための手厚いサポート体制が整っていることです。

LOBiのサポート体制はオンライン英会話では最強!不安や悩みを解消しながら英語力UP

LOBiのサポート体制は、こんな感じです↓

LOBiサポートチーム
バイリンガルコーチ 日本語特有の表現や言い回しを英語でどう表現するのか引き出してくれ、英語を使うためのマインドセットやコミュニケーションスキルをたたき込んでくれる
外国人講師 英語のみでの会話なので実践経験を効果的に高めてくれる
フィードバックコーチ 毎日のエクササイズを添削し、フィードバック。一人一人に合わせて的確なアドバイスをくれる
チューター 目標管理や目標達成のために定期的な学習カウンセリングを担当。楽しく続けられるように親身にサポート
運営事務局 申し込みからパソコン操作のサポートまで、あらゆる面でサポート

この手厚いサポートに加え、「英語でコミュニケーションがとれるようになること」を重視し、6つのLOBi独自メソッドを軸に、日本人にとって最適な英会話習得方法を提供している新しいスタイルがLOBiの特徴です。

では、ここから「LOBiの3つの特徴」を解説していきます。

LOBiの3つの特徴
  1. コーチや仲間と交流できる環境がある
  2. 6つのオリジナルメソッドで効率よく英会話力UP
  3. 採用率5%の自慢のバイリンガルコーチ

LOBiの特徴①コーチや仲間と交流できる環境がある

LOBiの特徴の1つが、「WEB×REALのMIX型英会話スクール」という点ですが、WEB・REALそれぞれの特徴をまとめると、、、

WEB *Skypeでのオンラインレッスン
・バイリンガルコーチとのグループレッスン(週1回:必須):2名~4名
50分レッスン
・外国人講師とのマンツーマンレッスン(週4回まで:任意)
25分レッスン
*デイリーエクササイズ&フィードバック(専用サイト)
・毎日12分〜30分の課題を音声録音し提出
REAL *イベントや講座、海外研修
実際にバイリンガルコーチや仲間と会って英会話を実践したり、交流をする場
※参加はすべて任意で、別途料金必要
イベントや講座は、毎月1回は必ず開催していて東京、大阪、京都、福岡、名古屋、仙台など各主要都市では定期的に開催しているそうです。

一般的なオンライン英会話の弱点として、インターネット環境とパソコンやスマホさえあればオンラインですべて完結するため英語講師と直接対面してのレッスンがないことや、英語学習仲間ができず孤独になってしまい継続ができないといったことがあります。

LOBiでは、そういった部分をリアルで交流する場をつくることでカバーしてくれます。

LOBiが交流の場を提供する2つの目的
  1. コーチと生徒間の信頼関係を築くこと&学習仲間と交流することでモチベーションの向上
  2. 対面で英会話をすることで、オンラインでは得られない実践経験や成功体験を積むこと

これは、他のオンライン英会話にない大きな特徴です。

ちなみに、交流の場である実際のイベント案内はこんな感じです。

英会話のLOBiイベント案内

これまでどのようなことをやってきたか聞いてみたので、まとめておきます。

イベント
  • ハロウィンパーティーやクリスマスパーティー
  • 様々な国、年齢、性別の外国人の方達との実践的な英会話
  • 外国人向けはとバスツアー貸し切り etc…
講座
  • 海外旅行に行く時によく使うフレーズとかリアクションを叩き込む講座
  • 発音や文法の講座 etc…
    *生徒のニーズや要望に合わせておこなってくれる
海外研修
  • 場所:ロサンゼルス、ハワイ、グアム、サンフランシスコなど
  • バイリンガルコーチと一緒に海外旅行へいき、現地でゲームやアクティビティを行う
    例1:市場で朝からこういうものを買ってこよう
    例2:集合場所を決めて、必ず経由してくるポイントを決めてチーム戦でのゲーム
    例3:現地の日本語を習っている外国人と過ごす etc…
tak
やはり対面で英会話の実践ができる場所があると、英語力の伸びもモチベーションへの影響も全然違うので、積極的に参加するといいと思います。

LOBiの特徴②6つのオリジナルメソッドで効率よく英会話力UP

「日本人がなぜ英語習得に苦労しているのか」
「誰でも話せるようになるためにはどうすればいいのか」

を解明するために、あらゆる英会話スクールに行き、様々な教材も買って試したり短期留学もし、さらには英語や他言語の研究メソッドなどの分析・リサーチを繰り返し、数年かけて組み立ててきたものが今のLOBiの独自メソッド。

さらに、スタートから1年間はモニター制で100人くらいの方に試してもらい、試行錯誤しながらより磨き上げてきたそうです。

LOBiの6つのメソッド
tak
他のオンライン英会話スクールにないユニークなメソッドで、日本人が持つ「知識としての英語」から「使える英語」を身につけるための必要な考えがつまっています。

この中でも、LOBiのいちばんのポイントは「日→英」&「置き換え」で、日本語から英語への変換をはやくするトレーニングを毎日積み重ねることです。

上のメソッド説明画像(LOBi公式ページより)を見れば、それぞれの特徴はわかると思いますが、なぜLOBiの6つのメソッドがおすすめなのか簡単にお伝えしていきます。

マインドセット【英語に対する考え方を変える・身につける】

レッスンを通した実践の中で、英会話に必要なマインドセットを繰り返しコーチングしてもらうことで英語に対する考え方をポジティブなものに変え、身につけていきます。

たとえば、「間違いを恐れないで」「恥ずかしがらないで」など、頭でわかっていてもつい間違いや発音などを気にしてしまいがちですよね。

そういった英語に対する苦手意識を、一人で克服していくのはなかなか難しいもの。

なので、無意識につくりあげてしまった英語に対する壁をコーチングしてもらうことで取りのぞきつつ、英語に対する新たな考え方やあるべき考え方を身につけていきます。

これは、英語の知識をただ増やすよりも大事な要素です。

コミュニケーションスキル【英会話に必要なコミュニケーションスキルを磨く】

日本語の考え方のまま英会話をすると、自分も相手もけっこうストレスになります。

なぜなら、「日本語と英語は真逆の言語」と言われるように、会話の仕方もまったく違うから

たとえば、「英語は結論→理由」なのに対して日本語は「理由→結論」といったような感じです。

また、外国人の方は空気を読むなんてことはしてくれません。仕事上よく経験していますが、意見はおおげさだと思うくらい具体的にハッキリ言わないと伝わらないのが現実です。

ですので、英会話で必要なコミュニケーションスキルを身につけることは、マインドセット同様、文法や単語の知識より大切なので、そこに対しても指導してもらえるのは大きなポイントです。

日→英【日本語→英語への切り替えスピードをあげるトレーニング】

日常的に使う日本語を英語にしていくトレーニングを、毎日のエクササイズとバイリンガルコーチとのオンラインレッスンの中で繰り返し取り組みます。

単語や文法がわからなくても、エクササイズでは回答例をすぐ確認でき、レッスンではコーチからのアドバイスなどで答えを引き出してくれます。

*実際のエクササイズ

LOBiのエクササイズページ

そもそも、文法も単語もほぼ知らなかったらこの方法は難しいと思うかもしれません。もちろん、すべて直訳しようと思ったら多くの単語や文法の知識がないと難しいです。

ただ、会話では直訳する必要はないです。

一番大事なのは、伝えたいことが伝わればいいということ。それには、難しい単語も文法もいりません。

同時通訳者の方もいっていましたが、必要なのは頭に浮かんだ日本語を伝わる英語に変換していくトレーニングをたくさんして、その精度とスピードを上げるために日々口を動かしアウトプットする必要があります。

毎日【デイリーエクササイズで毎日英語のアウトプット】

英語を効率よく身につけるためには、毎日少しでもいいので英語にふれる時間をつくり、地道に口を動かすことが欠かせません。

日本人が英語習得をするためには、2,000時間ほど必要と言われており、英会話スクールのように週1〜2回のレッスンでは約20年かかることになります。それはキツイですよね。。。

ただ、毎日繰り返しやることで脳の仕組み的に、2,000時間かかるものを800〜1,000時間くらいに短縮可能だそうです。

そのためには、「毎日」というのは欠かせない要素で、LOBiではオンラインで毎日エクササイズとして音声録音したものを提出し、そこにフィードバックをしてもらうという形で毎日英語で考え、口を動かすための環境を用意してくれています。

ちなみに、エクササイズは毎日12分〜30分以内できるような継続できる無理のない範囲で設定されています。

*1日のエクササイズの内容

LOBiのデイリーエクササイズ内容
LOBiのエクササイズ「置き換え」

繰り返し&積み重ね【インプットではなく繰り返し使うことで英語を定着させる】

LOBiでは、単語や文法のインプットの学習をほぼしないかわりに、デイリーエクササイズで「使える身近な英語」を繰り返しアウトプットしていきます。

繰り返し学び、積み重ねていくことで自然と英作文力もついていきますし、よく使うフレーズも口からスムーズに出やすくなります。

僕自身も、オーストラリアにいるときに同じテキストを2回3回と繰り返しやっていく中で、英語が使えるようになっていきました。

文法を学ばなくても自然と日本語を話せるようになってきた幼児くらいの時を、イメージしてみるとわかりやすかもしれません。

置き換え【伝えたい要点を簡単な日本語に置き換えてから英訳する応用テクニック】

これは、バイリンガルが無意識に使っているテクニックだそうです。

日本語を英訳する時、語彙力(ボキャブラリー)の少ない人でも中学2〜3年レベルの英語知識で「言い換え可能な簡単な日本語に置き換えてから英語にする」という応用のテクニック。

ようは、伝えたいことをシンプルで簡単な日本語にしてから英語にすることです。

初心者でも使えるもので、中級者以上には英会話力UPのために速攻性の非常に高いテクニックで慣れると自然と使えるようになります。

僕もふだん無意識にやっているなーと思います。語彙力がまだまだなので、どうしても知らない単語があると知っている言葉で表現できるものを必死に探して、会話していることは多いです。

LOBiのインスタグラムを見てみると参考になると思います。
LOBi公式インスタグラム「置き換えエクササイズ」

そして、LOBiでは下のように「6つの置き換えパターン」を使って「日→英」をトレーニングしていきます。

LOBi置き換えメソッド

それぞれ、体験レッスンをもとにざっくりどんな感じか解説します。

①日本語を簡単にする

たとえば、高所恐怖症を英語でなんて言うのか知っている人はすごく少ないと思います。事実、英語ネイティブでも知らないレベルの言葉です。

でも、ネイティブやバイリンガルは、「be afraid of」や「hate」使ったりして高いところが「こわい」「きらい」など簡単な言葉に置き換えて表現します。

こんな感じで、高所恐怖症という難しい英語にするには難しそうな日本語を「高いところがこわい」など簡単にすれば表現できちゃいます。

②③状況や行動を説明をする

これはバイリンガルの方がいちばんよくやっているやり方だそうで、LOBiでは「片思い」を例に説明してくれました。

「片思い」という単語を英語に訳せなくても、その状況や行動を別の言い方で説明できないかを考えるというものです。

例:「私は好きな人がいます。でも、彼女はそのことを知らない(私のことが嫌いだ)」

とすれば、ニュアンスは伝えられるということです。

こんな感じでLOBiのレッスンでは、出てこない単語などがあればいったん、

  • まずは日本語で状況を説明してください
  • その時の行動を具体的に説明してください
と、コーチが促してくれて、それを英語に置き換えるというトレーニングをします。

④主語を入れ替える

例えば、受動態だととっさに表現できないことも、「I(私)」と一人称で話せば、表現しやすくなるというもの。

主語が、モノや相手になったり、受動的になると途端に表現しづらくなるなら、まずは、主語を入れ替えて考えてみようという考え方です。

これと似たような感じですかね。

⑤否定形にする(ひっくり返す)

たとえば、「悲しい」や「寂しい」という単語が出てこなくても、「not happy」とかを使って表現できるということです。

たとえ反対の言葉を知らなくても、知ってる言葉を使って、「no」や「not」を使って、意味をひっくり返すだけでも表現できるのでそのような言い換えも学んでいきます。

⑥2つ以上の文に分ける

例えばですが、2つの文をつなぐ関係代名詞を習ったと思いますが、慣れるまでは関係代名詞は会話でかなり使いこなしづらいです。

ですので、会話では無理して関係代名詞なんて使う必要はありません。あえて、シンプルに2つの文に分けてしまって問題ないです。その方が、スラスラと口から出るようになります。

また、2つ以上に文を分けるメリットとして、要点が相手に伝わりやすくなる点です。

このように、いろんな置き換えのパターンを学んでいき練習していきます。

ここで重要なのは、インプットしようとしないことだそうです。

インプットしないとは、知らない単語があった時にスマホや辞書で調べないようにすることです。

まずは、自分の持っている英語で表現できることを体験することが大事で、自分の今持っている力で表現できることが多いことに気づくキッカケにするためという狙いもあるそうです。

言いたいことを知っている単語である程度表現できる力がついてきたら、次のステップとしてボキャブラリーを増やしていくためのインプットなどをする、という流れをバイリンガルコーチはオススメしています。

以上が、6つのメソッドの特徴です。

LOBiの6つのメソッド
  • マインドセット
  • コミュニケーションスキル
  • 日→英
  • 毎日
  • 繰り返し&積み重ね
  • 置き換え
この内容を見ただけでも、英語が話せるようになるよく考えられた内容だなと思います。

LOBiの特徴③採用率5%の自慢のバイリンガルコーチ

LOBiのバイリンガルコーチの強み
tak
他のオンライン英会話と比べて、個人的にLOBiのいちばん大きな特徴だと感じたのは日本語と英語ともにネイティブレベルのバイリンガルコーチです。

ちなみに、レアジョブやDMM英会話などの大手オンライン英会話などは、フィリピン人や英語ネイティブの外国人講師がメインです。

ただ、ここまで解説してきたLOBiのメソッドを見たら、なぜバイリンガルコーチをメインにしているのかは一目瞭然ですよね。

「日→英」&「置き換え」メソッドは、バイリンガルコーチなくしては成り立たないからです。

「LOBiのバイリンガルコーチたちは一番の自慢で、どこのスクールにも負けないと自負しています」と、LOBi代表の高村さんがいっているのがわかるほど熱意ある方が集まっています。

バイリンガルコーチ採用率は5%ほどで、面接後内定が出る方は10人に1人くらいだそうです。

さらに、入社後には研修期間が約2ヶ月あり、その間に自社試験をクリアしないとバイリンガルコーチとしての資格を失うほどの厳しさ。

そんな、厳しい研修やトレーニングをクリアしてきた方達が今のLOBiバイリンガルコーチ陣です。

英会話コーチであり、心理カウンセラーのように寄り添ってくれる存在

LOBiのコーチ採用基準として、英語力はもちろん「誰でも英語を話せるようにすることがすべて」と考え、一人一人に合わせて柔軟にポイントを見つけて的確に指導ができるかという点を重視しているとのこと。

LOBiのレッスンを体験してみて、コーチとして的確なアドバイスをしてくれる存在であり、答えを引き出す心理カウンセラーのような役割でもあるなという印象を持ちました。

そして、グループレッスンでは生徒たちの会話がスムーズにまわるように「ファシリテーター」のような役割をしてくれてます。

ちなみに、上級クラスではコーチの話す時間は全体の1割くらいだそうです。

以上がLOBiの強みである3つの特徴です。

\ 秋の10大特典キャンペーン中 /
9月1日(日)~11月30日(日)まで

LOBiの英語力上達の流れ【部活のようなシステム】

では、実際にLOBiでどのような流れで英語を上達させていくのか?

イメージはこんな感じです↓

LOBiの英会話上達の流れ

この中で、LOBiでの英語力上達のために欠かせないのが写真の「④〜⑥」の流れです。

LOBi必須のカリキュラム

この3つのサイクルを繰り返すことで、コミュニケーションのための英語力を身につけていきます。

*カリキュラムについて

LOBi公式ホームページには、下のように4つのカリキュラムから選んで組み合わせと書いてありますが、

LOBiのカリキュラム

「デイリーエクササイズ」は必須です。また、「フィードバック」は「毎日」か「週1回」からの選択制です。

ちなみに、初心者の方は「毎日」のフィードバックをつける方が多いそうです。

*チューターレッスンについて
自分の課題や問題点を、個別のアドバイスをもらいながらクリアしていきたいという方におすすめ。
レッスン時間:週1回25分
内容:毎日のデイリーエクササイズの解答から、受講者の弱点や改善点を分析し、指導してくれる。
グループレッスンのコーチングとは違い、ティーチングの要素が強いのが特徴。
他にも、英語学習や目標達成など、ざっくばらんにお話しする質疑応答の時間として活用可。

LOBiでは、この流れを部活やスポーツによく例えているそうです。

具体的には、、、

デイリーエクササイズ&フィードバック【自主練】

毎日のエクササイズが日々の自主練習。エクササイズは、毎日生徒自身で専用サイトで取り組み音声録音を提出し、それに対してフィードバックコーチからアドバイスをもらう。

オンライングループレッスン(週1回50分)【練習】

グループレッスンは、監督やコーチの役割としてバイリンガルコーチがいて、英語に対するマインドセット、コミュニケーションスキル、英会話力と総合的にコーチングしてもらい、置き換えメソッドなど日本語も活かしながらたくさんアウトプットをする場。

外国人講師オンラインマンツーマンレッスン(週4回25分:任意)【練習試合】

主にフィリピン人の外国人講師とのレッスンで、日本語はいっさい使えないので、練習を活かして実践的に英語を使う場。

こんな感じでほんと部活のようですね。

英語学習は、よくスポーツや筋トレに例えられるのでLOBiには理にかなった環境が整っていると思います。

このように、LOBiでの英語学習のベースは「デイリーエクササイズ」と「オンラインレッスン」です。

ともに「日→英」と「置き換え」メソッドが中心のレッスンで、そこにプラスしてマインドセットやコミュニケーションスキルを結びつけながら、会話の中で実践していきます。

LOBiの英会話力を身につける流れ
  1. 最初にマインドセットとコミュニケーションが身について
  2. 次に日→英や置き換えメソッドが身について
  3. それを実践で使いこなせるようになっていく

初心者の方でも、レッスンをきちんと受けて順調に進むと3ヶ月経った時点で1時間くらい外国人とコミュニケーションが取れるようになるそうです。

そして、基本的には8割の方が1年でだいたい簡単な英会話ができるようになっているそう。

レッスン受講期間は1クール3ヶ月で、おおよその成長過程はこんな感じだそうです。

LOBi上達の経過目安

はじめる前に、ある程度自分がどう成長していくか目安をつけながら学ぶことで、継続して学ぶことができます。

どこに向かっているのかわからないと心は折れてしまいがちなので、成長の目安がわかるのは重要なポイントです。

LOBiとその他英会話スクールとを比較【メリット・デメリットまとめ】

LOBiとレアジョブなどのオンライン英会話スクール、またAEONなどのような通学型英会話スクールをそれぞれ比較してメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット
LOBi ・バイリンガルコーチに日本語で気軽に相談できる
・担当コーチがいるので、的確なアドバイスがもらえる
・目標管理によりモチベーションが続きやすい
・専任チューターによる学習カウンセリングで不安を解消しながらすすめられる
・月1〜2回のイベントや講座でのコーチや仲間との交流
オンライン
英会話
・料金が安い(基本的に入会金なし)
・毎日レッスン受講可能
・時間と場所にとらわれない
・多くの講師の中から選べる
・基本的にマンツーマンレッスンなので話す時間を多くとれる
通学型
スクール
・講師の質が高い
・外国人講師と対面でレッスンができる
・英語学習の仲間ができる
・カリキュラムやサポート体制がしっかりしている
・実際に会って疑問を解消できる
デメリット
LOBi ・大手オンライン英会話などと比較すると料金は高い
・ネイティブ講師がいない
・他オンライン英会話に比べて選べる講師は少ない
オンライン
英会話
・講師の質にバラつきがある
・担任制ではない
・上達するための確立されたカリキュラムがない
・すべて自分でコントロールする必要があるので続けるモチベーションを保ちづらい
・オンラインでのレッスンなのでインターネット環境によっては快適にレッスンが受けられない
通学型
スクール
・回数の割に料金が高い
・週に1〜2回のレッスンのみ
・通学する手間と時間がかかる
・場所が限られる
・基本グループレッスンで話す量が確保できない
・マンツーマンレッスンは割高

その他英会話スクールとの料金比較

まず、LOBiの料金をみていきましょう。正直、LOBiはそれなりに料金がかかります。

LOBiのパッケージプラン

このLOBiの3つのパッケージプランの料金をまとめると、、、

ゆったりプラン(1年) しっかりプラン(1年) がっつりプラン(1年)
・132,480円
・24,000円(オンラインレッスン料)×12ヶ月分
総額420,480円
1ヶ月あたり約35,000円
・259,200円
・24,000円(オンラインレッスン料)×12ヶ月分
総額547,200円
1ヶ月あたり約45,000円
・374,400円
・24,000円(オンラインレッスン料)×12ヶ月分
総額662,400円
1ヶ月あたり約55,000円
これはあくまでパッケージプランの場合です。LOBiでは、受講者の希望にそった金額を提案してくれます。また、まとめ払い割引プランや分割払いもあり、月謝額変更も可能らしいので相談してみてください。

このように、1ヶ月あたりでみても決して安いとは言えません。

ちなみに、大手の通学型英会話スクールですと、、、

英会話のLOBi料金比較

料金だけをみるとあまり変わらないと思いますが、通学型スクールは週1回のレッスンでこの金額なので、そう考えるとLOBiの金額は相当リーズナブルです。

次に、レアジョブやDMM英会話などのオンライン英会話ですと、、、

英会話のLOBi料金比較

オンライン英会話の場合、1年にすると約120,000円と格安ですね。ちなみに、1日1レッスンのプランだと年間で半分の約60,000円と破格ですね。。。

このように、大手オンライン英会話スクールとの料金面だけをくらべてしまうとLOBiは圧倒的に高く感じてしまいます。

それぞれを1年間でかかる料金を比較してまとめると、、

1年間の料金比較
オンライン英会話 約6万〜
LOBi 約40万円〜
通学型英会話スクール 約50万〜
tak
レアジョブやDMM英会話、ネイティブキャンプなどのオンライン英会話とくらべるとLOBiの料金は高いです。なので、どうしても料金面はおさえたいという方には、残念ながらおすすめはできません。

ただ、格安のオンライン英会話には、基本的にはすべて自分でコントロールしなくてはいけないので結局効果を感じずに続けられないというデメリットがあります。

ちなみに、今流行りの「ENGLISH COMPANY」や「ライザップイングリッシュ」のような英語パーソナルトレーニングジムは3ヶ月で50万円を超えます。

それぞれの英会話スクール形態ごとを料金だけで比較するとこんなイメージですかね。

英語パーソナルジム通学型英会話スクールLOBi一般的なオンライン英会話

ある意味、それぞれのスクールの良さをバランスよくミックスしているのがLOBiの強みと言えます。

LOBiの気になる詳細情報

その他、LOBiのホームページを見てもわからないことや気になることをまとめました。

デイリーエクササイズは全部終わらなくても提出してOK

デイリーエクササイズは、毎日夜の12時になると専用サイトに配信され、提出締切は夜の12時までです。なので、24時間以内に提出必須です。

LOBiのエクササイズページ

エクササイズは、12分〜30分でできるエクササイズで基本的に音声録音をし提出するかたちですが、実際に受講されている方に聞いたら、全部でなんとか30分で終わるくらいの内容と言ってました。

ちなみに、バイリンガルコーチの方は30分以上やらないでくださいと言っています。笑

理由は、苦痛になると継続できなくなるからです。

英語は継続することが何より大切なので、習慣化するまでは自分にあまり負荷をかけ過ぎずに取り組むことは大切です。エクササイズはすべて終わらなくても提出可能なので、できる範囲でまずはやることを意識すればいいと思います。

予約で困ることはほぼない

バイリンガルコーチとのグループレッスンの予約で基本的に困ることはないです。レッスンは、曜日ごとでクラス別で時間割のようになっているので、好きな時間を選んで予約できます。

また、外国人講師とのレッスンも状況に応じて、人数を調整しているそうなので問題なく予約はとれます。ただ、当日に予約を取るのは難しいそうです。

ですので、ある程度予定がわかっていたら1ヶ月まとめて予約してしまった方がいいと現受講者の方がいってました。

*外国人講師のレッスン予約画面↓

LOBi外国人講師予約

予約のしやすさに関しては、今のところストレスになることはないです。

ただ、これからLOBiの知名度が上がっていくと、どうなるかはわかりませんので今が始めるチャンスかもしれません。

外国人講師とのレッスンは基本フリートーク

外国人講師とのオンラインレッスンでは、基本フリートークだそうです。

ただ、この時間は英会話の実践の場であり、英会話を教わる時間ではないです。

講師が提案してくれるテーマで話すのもいいですが、慣れてきたら受け身にならずにこちらから話したい内容を提案してみることをおすすめします。

グループレッスンはレベル別だから安心

入会時にスキルチェックテストと個別面談があり、そこでクラスが決定します。

LOBiのレベル別クラス

※グループレッスンは2〜4名ですが、状況によってはコーチとマンツーマンになることもあるそうです。

ちなみに、一番上のDiamondクラスには高校の英語教師や会社経営者などが在籍しているそうです。

そのレベルまでいくと、相手に英語でアドバイスできるよう練習をつみ、最終的にはただアドバイスをするのではなく相手にとってベストなアドバイスをできる英語力を身につけるレベルまで到達可能とのこと。

例えば、外国人の友達の恋愛相談や日頃の悩み相談などにものれるようになるということですね。

レッスン予約について

【バイリンガルコーチのグループレッスン(週1回50分)】
受講期間は3か月1クール(6か月コースは2クール、12か月コースは4クール受講)
受講開始日の2週間前に、レッスン枠公開・1クール分すべての予約が開始。
(初回オリエンテーション含む全13回まとめて予約可能)

例:10月生/10月21日(月)開始の場合、2週間前の10月7日(月)にレッスン枠公開、予約開始。

【外国人講師のマンツーマンレッスン(週4回25分の任意受講)】*1クールで48回受講可能
予約は、開始日当日10時にレッスン枠公開・予約開始。

例:10月生/10月21日(月)開始の場合、当日10時にレッスン枠公開、予約開始。

1度の予約で16回まで、31日目以降16回、さらに61日目以降16回と1クールで計48回予約可。
※1クールの中で前半、後半に予約のかたよりをなくし、まんべんなく受講してもらいたい配慮から16回ずつに分けてもらっているそうです。

レッスン振替可能

  • バイリンガルコーチとのレッスン
    週1回のレッスンなので、必ずその週に消化しなければならず次の週に振替することはできないそうです。ただ、どうしても当日キャンセルしなくてはいけない時は、同じ週の違う日に振替可能。
  • 外国人講師とのレッスン:
    週4回までの任意受講とホームページでは書かれていますが、LOBiは受講期間が3ヶ月(1クール)で、その間に48回(1ヶ月を4週とし1ヶ月16回×3ヶ月分)を消化すればOKです。

ただし、3ヶ月以降の次のクールには繰り越せないので、1クールの間に48回分のレッスンを消化すればいいって感じです。なので、忙しい時は週2回、時間のとれる週は週4回など都合に合わせて受講可能です。

講師のレッスン提供環境はオフィスか自宅から

LOBiのオンラインレッスンは、オフィスもしくは講師の自宅からです。

バイリンガルコーチは日本にいるのでほぼ問題ないですが、外国人講師の場合はフィリピンからのレッスンです。

なので、講師の自宅からのレッスンだとネット環境が安定していないこともあり、音声や画質に問題が起こる可能性もあります。

ただ、いろいろとオンライン英会話でのレッスンを受けてきましたが、自宅からの講師でもネットが急に途切れるといったことはなかったので、そこまで気にする必要はないかなと思います。

もし、インターネットのトラブルなどがあれば運営事務局に相談できます。

ビジネス英語やTOEIC対策にも柔軟に対応

LOBiでは、ビジネス英会話やTOEICのためのコースはありません。

ただ、別途費用がかかる場合がありますが、チューターレッスンやプライベートレッスンで柔軟に対応をしてくれます。

あなたの目的に合ったレッスンをカスタマイズしてくれるので、ぜひ相談してみてください。

初心者だけでなく中級者以上でも効果のあるメソッド

英会話力を身につけたい方にとって、LOBiのメソッドは初心者にはもちろん中級者以上の方にも効果的です。

実際、他の英会話スクールに通っていた方がLOBiで学び始めたら、置き換えメソッドなどを使って一気に英会話力が伸びる方が多いみたいです。

また、TOEIC800点以上の高得点を取れるなど英語上級者の方で、会話力がともなっていないと感じる方にもおすすめです。

なぜなら、そういう方はすでに英語の知識が多くあるので、あとはその知識をいかにシンプルに使えるようになるかを実践で積んでいけばいいからです。

実際に、今のLOBiの受講者に多いのは他の英会話スクールで効果を感じられなかった方が多いそう。

学校やTOEICでの英語の点数はよかったけど、話すとなるとサッパリ、、、という方はぜひLOBiのメソッドを体感してみることをおすすめします。

LOBiの評判や口コミ

英会話のLOBiの数字

LOBiのコミュニケーション基礎講座に参加させていただいた時に、運よく「始めたばかり」「3ヶ月目」「9ヶ月目」「4年目」の現受講者からお話を聞かせていただいたのでシェアします。

いい口コミ
40代女性
バイリンガルコーチが、優しく厳しくケツを叩いてくれます。笑
なので、心折れずに頑張ろうという気持ちになれます。おかげで毎日のエクササイズもすっかり習慣化されました。
30代男性
英会話スクールに通ってましたが、外国人講師に質問されて「答える」だけで自分から「質問をする」という時間がほぼなかったんですが、LOBiでは質問する力もどんどん身につくし、レッスン中は前よりたくさんアウトプットできています。
30代男性
通っていた大手英会話スクールでは、外国人講師が英語を教えることに情熱がなくてレッスン中はけっこう苦痛でしたが、LOBiのコーチは情熱を持って教えてくれているので楽しく続いています。
50代女性
以前、ネイティブ講師とのマンツーマンレッスンのスクールにいましたが、話すトピックも自分の生活からはかけ離れていてつまらなくて全然身にならなかったけど、LOBiでは本当に身近な英語から身につけるので表現できることも増え、自然と英語が口から出るようになってきました。
ちょっと、、、な口コミ
30代女性
エクササイズの録音提出が慣れるまでけっこう大変です。一度、送ったと思ったら送れていなかったこともありました。音声録音は慣れが必要でちょっと面倒です。
20代女性
エクササイズの提出は音声録音しなくてはいけないので、録音する場所に困ってます。仕事が忙しくてエクササイズをやる時間が取れない日は、駅でコソコソ録音したりしてます。
50代男性
外国人講師は基本フィリピン人なので、人によっては少しなまりが強い方がいて聞き取りづらいです。慣れるのに時間がかかりました。また、外国人とのレッスンは基本フリートークなので、前もって自分でトピックを決めた方がいいと思います。あと、ネイティブ講師がいないのが残念。。。
50代女性
外国人講師とのレッスンは、当日予約はけっこうむずかしいです。私は、1ヶ月まるまる先に予約してしまってあとで調整という感じでやってます。
50代男性
LOBiは日常英会話に特化しているので、仕事のための専門英語を学びたい自分としてはちょっと合わないかなと思いました。
30代女性
他のオンライン英会話に比べれば、お金はかかりますが内容を考えれば納得の料金かなと思ってやっています。

LOBiメソッドを無料体験レッスンで体感【3つの特典動画がもらえる】

英会話のLOBi無料体験レッスン

今回、Skypeを使ったオンラインレッスンと、LOBi本社が入っている東京都新宿区四谷にあるオフィスでリアルでの体験レッスン両方を受けてきました。

LOBi体験レッスン

体験レッスンを担当してくれるのは、LOBi自慢のバイリンガルコーチです。

ちなみに、リアル体験レッスンはわざわざいくのは大変です。オンラインとリアル体験レッスンで内容は特に変わらないので、とりあえずは気軽にできるオンライン体験レッスンで十分です。

LOBiの無料オンライン体験レッスンを受けるまでの流れ

①体験レッスンを受けるにあたり必要なものは以下3点です。

  1. パソコン、スマートフォン、タブレットのいずれか
  2. Skype(通話料無料ソフト)のインストール
  3. インターネット回線
②公式ページ無料体験レッスン申し込みフォームから申し込む

申し込みが完了すると、メールが送られてきます。そこで、SkypeのIDを送るよう言われるので事前に準備しておきます。

また、一緒にコーチの自己紹介動画も送られてきます。

自己紹介動画: http://lobi-education.jp/wp/trial_lesson03itaru/

③Skypeにログインしレッスン開始を待つ

体験レッスン当日は、Skypeに講師から連絡がくるのでSkypeにログインしてレッスン開始を待ちます。時間になると、講師からSkypeに電話がかかってきます。

その際、ネット環境のいいところでレッスンを受けるようにしてください。

実際の体験レッスンの内容は以下のような流れですすんでいきます。

体験レッスンの内容
  1. お互いの自己紹介
  2. カウンセリング(英語学習で今何を求めているのか、目標など)
  3. LOBiの6つのメソッドの説明
  4. 置き換えメソッドの体験
  5. 英語でのフリートーク
  6. 英語学習の相談やその他質問

そして、無料体験レッスンを受けると特典動画3点セットがもらえます。

LOBi無料体験レッスン受講特典
tak
無料体験レッスンでは、バイリンガルコーチに今あなたが英語学習で困っていることも相談できるので、それだけでも貴重な時間になります。

そして、知るのとやってみて自分で体感するのとではやはり大きく違います。ぜひバイリンガルの方が使っている英会話テクニックを体験レッスンで体感してみてください。

LOBiの無料体験レッスンの口コミや評判

LOBiの無料体験レッスンの満足度は95%以上とのことですが、実際に体験レッスンを受けた方からも感想を聞いてみたので参考にしてみてください。

【よかった点】
・すこし出来ると褒めてくれるので、やる気を出させるのがうまい。
・講師はバイリンガルなので、英語につまっても困らず安心してレッスンできた。
・50分の予定が、90分やってくれて親身に話を聞いてくれた。
・英語を話せる方向へと仕向けるのがうまそう。

【残念な点】
・レッスンの最後の方で、営業色が濃かった。
・継続すればできるようになるという実感はあったが、実績がちょっとわからないので不安。でも、体験レッスンを受講する意味は大いにあった。

\ 秋の10大特典キャンペーン中 /
9月1日(日)~11月30日(日)まで

まとめ:英会話のLOBiの特徴を徹底分析

このページでは英会話のLOBiの特徴、メリット、デメリットを解説しました。いかがでしたでしょうか?

LOBiは、これから「とにかく英語でコミュニケーションをとれるようになりたい」という方にはオススメのオンライン英会話スクールです。

LOBiの特徴をまとめると、

LOBiのオススメポイント
  • 日本人が英語を話せるようになるために徹底的に研究されたメソッド
  • バイリンガルコーチがいるので英会話初心者でも安心してはじめられる
  • リアルでコーチや仲間と交流ができる
  • オンラインレッスンはバイリンガルと外国人講師の2段構え
  • 他のオンライン英会話スクールにない圧倒的なサポート体制
  • 一人一人のレベル・目標に合わせたカリキュラムを組んでくれる
  • 英会話に必要なマインドセットとコミュニケーションスキルも身につく
  • デイリーエクササイズ、オンラインレッスンで多くのアウトプットができる
  • 英語パーソナルジムの1/2以下の料金でパーソナルコーチングを受けられる
  • 中学2年レベルの英語をもとにインプットではなくアウトプットしながら英語を身につけていける

このようにLOBiは英語が話せるようにために充実した環境が整うオンライン英会話スクールです。

はっきり言って、他社のオンライン英会話スクールを見ても、これほどまでの体制が整うところはありません。

「オンライン英会話をはじめるのはなんか不安」という方でも、日本語を話せるバイリンガルコーチがいることで安心して始めることができます。

もし今、友人が「英語を学びたいんだけど、、、」と相談してきたら、間違いなくLOBiをオススメするくらい今イチオシのオンライン英会話です!

なのでオンライン英会話を始めるときに、どこにしようか悩んでいるのであれば、LOBiからはじめることをオススメしますよ。

無料体験レッスンを受けるだけでも、英語習得に向けて今後のあなたの進むべき道を見つけるのに役立つはずです。

ぜひ、LOBiのメソッドを無料体験レッスンで体感してみてください。

\ 秋の10大特典キャンペーン中 /
9月1日(日)~11月30日(日)まで

英会話のLOBiキャンペーン