【子供向け】オンライン英会話のメリット・デメリット【英会話教室と比較】

オンライン英会話を子供に習わせてみたい。でも実際、英会話教室とどっちがいいんだろう?
子供向けオンライン英会話のメリットとデメリットを知りたいです。

こんな質問をよくいただくのでお答えします。

本記事の内容
  • 【子供向け】オンライン英会話と英会話教室【それぞれの特徴を比較】
  • 子供向けオンライン英会話【7つのメリット】
  • 子供向けオンライン英会話【5つのデメリット】

僕は現在、幼児から小学生までのバイリンガル教育に携わって4年になります。

また、オンライン英会話をおすすめしている当サイト運営も4年目になり、オンライン英会話の特徴と子供への英語教育についてはそれなりにお力になれると思います。

この記事では、英語教育に関わってきた視点から子供向けのオンライン英会話のメリットとデメリットを英会話教室と比較しながらお話ししていきます。

ぜひ参考にしていただければ幸いです😊

【子供向け】オンライン英会話と英会話教室【それぞれの特徴を比較】

【子供向け】オンライン英会話のメリット・デメリット【英会話教室と比較】

まず、子供向けオンライン英会話のメリットとデメリットをご紹介する前に、一般的な子供向けのオンライン英会話と英会話教室を表でまとめました。

オンライン英会話 英会話教室
月額料金(平均) 週1プラン
約3,000円
※レッスン時間:25分
週1プラン
約5,000円〜10,000円
レッスン時間:40分~50分
レッスンスタイル マンツーマンレッスンが基本 グループレッスンが基本
※マンツーマンレッスンは約20,000円
講師 フィリピン人講師がメイン(※) ネイティブ講師がメイン(※)
レッスン予約 基本的に、レッスンごとに予約
※固定制、または予約不要のスクールあり
基本的に、曜日固定制
レッスン受講時間 6:00~25:00が一般的
※24時間オープンのスクールあり
7:00~22:00が一般的
※平日、土日で時間が異なる
レッスン環境 どこでも可能 教室
レッスン回数/週 週1レッスン〜毎日レッスンも可能 基本週1レッスン
カリキュラム・教材 オリジナル教材・市販教材
【教材費無料が一般的】
オリジナル教材・市販教材
【教材費有料が一般的】
サポート体制 あり
※メールやチャット、電話での問い合わせのみ
あり
※直接会って聞ける

(※)講師は、どちらも様々な国籍の英語ネイティブ講師やノンネイティブ講師、また日本人講師が在籍するスクールもあります。

オンライン英会話、英会話教室のそれぞれにメリットとデメリットはあります。

ただ、個人的には圧倒的にオンライン英会話をおすすめします。

詳しい理由は、子供にオンライン英会話を習わせるメリットとデメリットを英会話教室と比較しつつご紹介していきます。

子供向けオンライン英会話【7つのメリット】

子供向けオンライン英会話【7つのメリット】

では、さっそくメリットをご紹介していきます。

子供向けオンライン英会話の7つのメリット
  1. 送り迎え不要【移動の負担ナシ】
  2. レッスン料が安い【他の習い事との両立も可能】
  3. 好きな時間・場所でレッスン可能【生活リズムに合わせられる】
  4. 講師を自由に選べる【相性の合う講師を探せる】
  5. マンツーマンレッスン【レベルに合ったレッスンを受けられる】
  6. レッスンの様子が見られる【子供の英会話上達をサポートできる】
  7. 英語にたくさん触れられる【毎日レッスンも可能】

順番にご説明します。

①送り迎え不要【移動の負担ナシ】

英会話教室と違い、オンライン英会話は

パソコン・タブレット・スマホ(※いずれか)+インターネット環境

さえあれば、自宅で英会話レッスンが受けられるので送迎不要です。

共働きで忙しいご家庭や、小さな兄弟・姉妹がいるご家庭にとって送迎の負担がないのは嬉しいメリットですね。

②レッスン料が安い【他の習い事との両立も可能】

月額料金を英会話教室と比較すると、オンライン英会話はかなりリーズナブルです。

オンライン英会話の安さの理由としてはざっくりいうと以下のような感じです。

  • 英会話スクールのように家賃などの固定費や設備費が不要
  • フィリピン人など物価の安い国の講師を中心に採用しているため人件費を抑えられる

ちなみにそれぞれ有名なスクールで比較すると、下記のようになります。

リップルキッズ パーク
【オンライン英会話】
ECCジュニア
【英会話教室】
入学金 無料 5,500円
レッスン料金(月額) おてがる週1プラン
3,122円(税込)
レッスン時間25分
英語・英会話コース
【小学1〜3年生】
週1回:6,600円(税込)
レッスン時間60分
レッスンスタイル マンツーマン グループレッスン

レッスン時間の違いはありますが、英会話教室で月3,000円ほどで月4回マンツーマンレッスンを受けられるところは僕の知る限りありません。

また、オンライン英会話は「入会金・教材費無料」のスクールも多く、パソコンやタブレットさえ持っていれば初期費用もかからないところがほとんどです。

tak
今の子供達は習い事を毎日のようにたくさんやっていることが多くて驚きます。オンライン英会話であれば、他の習い事と両立しても英会話教室にくらべれば家計の負担は少なくてすむのも大きなメリットだと思います。

③好きな時間・場所でレッスン可能【生活リズムに合わせられる】

オンライン英会話は、都合のいい時間を選んでレッスン予約できます。

レッスン予約の締切時間はスクールによっても違いますが「24時間前」「1時間前」「5分前」などと直前までレッスン予約が可能なところもあるので、都合に合わせて柔軟にレッスンを受けられます。

レッスンは基本的に25分と、子供がテレビアニメを1番組見るくらいの時間で英会話レッスンを受けられるため、子供の生活リズムの中にうまく英会話レッスンを組み込んであげればメリハリをつけて学べます。

④講師を自由に選べる【相性の合う講師を探せる】

英語だけに限らず、習い事では講師との相性が大きなポイントです。

子供自身が「英会話は楽しい!」と感じれば、より英語に興味を持ち成長速度も上がるからです。

レッスンが苦痛と感じれば、大人でさえやる気を維持するのは難しいですよね。

ちなみに講師について、オンライン英会話と英会話教室で以下のような違いがあります。

オンライン英会話 講師の在籍数:100人〜数千人
【レッスンごとに講師を選べる】
英会話教室 講師の在籍数:数人〜多くて数十人
【基本、講師は固定】※選べるところもあり

英会話教室だと、講師の数は限られており選べないこともあります。

もし万が一、講師を変更したくてもすぐには変更できない可能性もありますし、変更をお願いしづらいと感じる方もいると思います。

そういった意味で、オンライン英会話だと講師を自由に選べるので子供が楽しくレッスンを受けられる講師を気軽に探せるのはメリットです。

⑤マンツーマンレッスン【レベルに合ったレッスンが受けられる】

オンライン英会話はマンツーマンレッスンが基本なので、子供のレベルに合わせてじっくり英語を学ばせてあげられます。

また、1対1なので会話の量も確保できます。

一方、英会話教室はグループレッスンが基本なので、クラスの人数が多いほどそれぞれのレベルに合わせるのは難しくなります。

さらに、英語を話す機会も限られます。特に人見知りの子や、恥ずかしがり屋さんの子にとってはグループレッスンはマイナスに働いてしまう可能性もありますね。

tak
マンツーマンであれば、集中して英語を聞かなくてはいけないので、より効果的にレッスンが受けられるのもいいところです。

⑥レッスンの様子を把握できる【子供の成長度を確認できる】

オンライン英会話は、パソコンやタブレットでレッスンが受けられるのでお母さんお父さんも隣でレッスンを見ることができたり、子供が小さければ一緒にレッスンを受けられたりするスクールもあります。

レッスンの様子を把握できる大きなメリットは、レッスン後に親と一緒に簡単に復習ができること。

例えば、アルファベットを習っていれば、親がアルファベットの文字を見せて「これはなんだった?」ということも可能。

また、英語講師が子供にどういう質問の仕方をしているかもわかるので、英語で「What is this?」と聞いたりすることができちゃいますね。

tak
親からも英語で話してくれる時間があると、子供も英語により興味を持って取り組むので成長につながります。

⑦英語にたくさん触れられる【毎日レッスンも可能】

英語学習において、英会話教室との一番大きな違いは「英語に触れられる量」です。

オンライン英会話であれば、週1だけでなく毎日レッスン可能なプランもあるからです。

英会話教室の場合、週1以上となると経済的にも子供の体力的な部分でも負担が大きすぎてほぼ不可能だと思います。

もちろん他の習い事もあったりして、いきなり毎日オンライン英会話をやるのは大変なので、まずは週1で始めてみて子供が慣れてきたら週2~3回と増やしていくことがおすすめです。

tak
正直英語を習わせるに、正直週1は少なすぎます。だからといって、無理に毎日やらせるのも英語嫌いになってしまいかねません。今はYouTubeなどを活用して英語に触れられるのでそういったものも活用しながら英語に触れる量を増やしていくといいと思います。

その他、レッスンを録画しておけるといったメリットもあります。録画をみながら親子で楽しく復習ができるのも、オンライン英会話ならではの強みですね。

子供向けオンライン英会話【5つのデメリット】

子供向けオンライン英会話【5つのデメリット】

それでは、次にデメリットを確認していきましょう。

子供向けオンライン英会話の5つのデメリット
  1. 講師の質にバラつきがある【どこも大差なし】
  2. レッスンごとの予約が面倒【講師が多く選ぶのも大変】
  3. 担任制ではない【お気に入り講師を毎回予約できるとは限らない】
  4. 通信環境に左右される【音声が乱れたりとトラブルもある】
  5. 画面越しのため温度感が伝わりづらい【講師と触れ合えない】

順番にご説明します。

①講師の質にバラつきがある【どこも大差なし】

オンライン英会話は講師の数が多いため、講師の質のバラつきはある程度覚悟する必要があります。

しかし、正直このデメリットは、オンライン英会話だろうと英会話教室であろうとインターナショナルスクールであろうとありうることです。

英語教育の現場で様々な英語講師を見てきましたが、英語を教える資格を持っている持っていないに関わらず教えるのが「上手な人」「上手ではない人」は間違いなくいます。

そう考えると、英会話教室にくらべてオンライン英会話は多くの講師が在籍している分、教えるスキルの高い人に出会える確率も当然上がりますし子供と相性の合う講師が必ず見つかります。

相性のいい講師と出会うまでは大変かもですが、多くの先生と出会えることはオンライン英会話のメリット。焦らずに出会いを大切にしながら、子供と一緒に先生を探すこともいい経験になります。
tak
英会話教室はオンライン英会話にくらべると講師の数も限られているため、運営側も管理が比較的しやすく一定の質は保ちやすいです。しかし、英語教育に関わってきた経験から日本にいるネイティブの英語講師は正直教える技術、熱意がないままなんとなく指導していたりする方も結構います😅

参考までに。

②レッスンごとの予約が面倒【講師が多く選ぶのも大変】

オンライン英会話は、都合に合わせて好きな時にレッスン予約ができるというメリットがある反面、基本的にはレッスンごとに毎回予約をしなくてはいけないのが面倒ではあります。

さらに「講師が多すぎて選ぶのが大変」という声も多いです。

しかし、レッスン予約はスマホから簡単にできるので送迎などの負担を考えるとまだラクかなと思います。

また、はじめは多くの講師の中から選ぶのは大変かもしれませんが、5〜6名ほどお気に入りの講師を見つけておけば毎回講師を探す手間もなくなります。

③担任制ではない【同じ講師を毎回予約できるとは限らない】

担任制なら、講師が毎回のレッスンで子供の成長具合を把握できますし、講師と子供の間に信頼関係が生まれやすくスムーズにレッスンを進められるメリットがあります。

オンライン英会話はレッスンごとに講師を自由に選べるというメリットはありますが、毎回子供のお気に入りの講師が空いているとはかぎりません。

子供が慣れないうちは、毎回違う講師だと緊張してしまいストレスになる可能性もあります。

改善方法としては、上でも書きましたがまずはお気に入りの講師を5〜6名ほど見つけておき、その中から空いている講師を選びやりくりしていくしかありません。

④通信環境に左右される【音声が乱れたりとトラブルもある】

オンライン英会話は、インターネット回線を通してのレッスンのため音声が乱れたり、通信が途絶えるなどのトラブルもゼロではありません。

しかし、今では多くの会社がネット通信環境の整備を進めています。

実際、僕がオンライン英会話でレッスンを受けた中ではほぼそういったトラブルはなかったので、そこまで心配する必要はないと思います。

tak
インターネットを使った英会話レッスンのため、そういったトラブルも起こりうるということは頭に入れておく必要はあります。

⑤画面越しのため温度感が伝わりづらい【講師と触れ合えない】

オンライン英会話では、パソコンなど画面越しのレッスンのため講師と子供それぞれお互いの温度感が伝わりづらいです。

実際に対面していれば、子供の顔色や雰囲気からその日の調子や状態が把握できますが、画面越しだと講師は子供の様子をそこまで細かく感じることができません。

子供の様子を見て、どのように声をかけるかを考えることも講師の質として問われます。

ハイタッチをしたり実際に触れあうことができれば、うまく子供をレッスンに引き込んでいくことも可能ですが、子供をうまくレッスンに引き込めるかどうかという点ではオンライン英会話は難しいです。

tak
これは、子供目線からでも言えることで、先生の状態を感じ取りにくいのでどこかオンラインでのレッスンは機械的に感じてしまう点はデメリットかもしれません。

上記の5つのデメリット以外にも、

  • パソコンなど画面の前に座ってのレッスンなので、英会話教室のようにゲームをしたり体を動かしたりができず年齢によっては集中力が切れてしまう。
  • 25分のレッスンでは、物足りなさを感じてしまう。
と言ったようなこともあります。

ただ、その辺りはお母さんお父さんが絵本を読んであげたり、YouTubeを見せたりとカバーしていけばクリアできるデメリットだとは思います。

まとめ:【子供向け】オンライン英会話のメリット・デメリット【英会話教室と比較】

【子供向け】オンライン英会話のメリット・デメリット【英会話教室と比較】

経験上、子供の英語上達には親の力が大きなカギです。

子供が小さければ小さいほど、親子で英語に触れる時間は何より子供の英語力の伸びに影響していくと、日々実感しているからです。

オンライン英会話なら、子供と一緒にレッスンを受けたり、レッスンを受けている親の姿を子供に見せることもできるため子供がより英語に興味を持ってくれるようになります。

もし、お母さんお父さんが英語力に自信がなくても、子供と一緒に楽しみながら英語力を身につけることがオンライン英会話であれば可能であり、メリットの方が大きいと思っています。

メリットはわかったけど、「効果はあるの?」「おすすめはどこなんだろう?」という疑問も湧いてくると思うので下記の記事を参考までに貼っておきます。

>>参考:【結論】子供にオンライン英会話は効果あり【効果を高める方法も解説】

>>参考:オンライン英会話で子供の英語力を伸ばす【選び方&おすすめ6選】

では、今回の記事をまとめて終わりにします。

子供向けオンライン英会話のメリット
  1. 送り迎え不要【移動の負担ナシ】
  2. レッスン料が安い【他の習い事との両立も可能】
  3. 好きな時間・場所でレッスン可能【生活リズムに合わせられる】
  4. 講師を自由に選べる【相性の合う講師を探せる】
  5. マンツーマンレッスン【レベルに合ったレッスンを受けられる】
  6. レッスンの様子が見られる【子供の英会話上達をサポートできる】
  7. 英語にたくさん触れられる【毎日レッスンも可能】
子供向けオンライン英会話のデメリット
  1. 講師の質にバラつきがある【どこも大差なし】
  2. レッスンごとの予約が面倒【講師が多く選ぶのも大変】
  3. 担任制ではない【お気に入り講師を毎回予約できるとは限らない】
  4. 通信環境に左右される【音声が乱れたりとトラブルもある】
  5. 画面越しのため温度感が伝わりづらい【講師と触れ合えない】
オンライン英会話 英会話教室
月額料金(平均) 週1プラン
約3,000円
※レッスン時間:25分
週1プラン
約5,000円〜10,000円
レッスン時間:40分~50分
レッスンスタイル マンツーマンレッスンが基本 グループレッスンが基本
※マンツーマンレッスンは約20,000円
講師 ・フィリピン人講師がメイン(※) ・ネイティブ講師がメイン(※)
レッスン予約 基本的に、レッスンごとに予約
※固定制、または予約不要のスクールあり
基本的に、曜日固定制
レッスン受講時間 6:00~25:00が一般的
※24時間オープンのスクールあり
7:00~22:00が一般的
※平日、土日で時間が異なる
レッスン環境 どこでも可能 教室
レッスン回数/週 週1レッスン〜毎日レッスンも可能 基本週1レッスン
カリキュラム・教材 オリジナル教材・市販教材
【教材費無料が一般的】
オリジナル教材・市販教材
【教材費有料が一般的】
サポート体制 あり
※メールやチャット、電話での問い合わせのみ
あり
※直接会って聞ける

(※)講師は、どちらも様々な国籍の英語ネイティブ講師やノンネイティブ講師、また日本人講師が在籍するスクールもあります。

【結論】子供にオンライン英会話は効果あり【効果を高める方法も解説】

【結論】子供にオンライン英会話は効果あり【効果を高める方法も解説】

2020年2月1日
オンライン英会話で子供の英語力を伸ばす【選び方&おすすめ6選】

オンライン英会話で子供の英語力を伸ばす【選び方&おすすめ6選】

2020年1月26日