英語(英会話)は子供の頃から学ばせる事が非常に大事!

オンライン英会話お役立ち情報

⏳この記事は 6 で読めます。


 

子供の頃から英語に触れて早期習得!

子供の英語教育といえば、日本語と英語が混合したり、中途半端な会話力になりがち、また日本語の発達が遅れたり、あまり小さいうちから覚えると忘れる、などのデメリットが考えられます。またこれらは英語との関わり方や親の考え方などでも違いがあります。英語を二番目の言葉として覚えるのか、あるいは親が外人であればもっと積極的に覚えるようになります。

 

幼少期は英語を習得するのが早い

また子供の英語力を養う上で大切なのは発音の聞き分けから始めるのがよいと言われています。LとRの発音の違いは1歳前後まで覚えるのがいいとされています。やはり遊びの中で習得するのがもっとも効果的です。カリキュラムを強制するような方法ではなく、いかにも英語で話すことが楽しいと思える方法を与えることが大切です。

英語の覚えの早い子供は多言語教育が可能

多言語教育はそれほど難しいものではありません。また親がしっかりと話せるのがもっとも理想ですが、うまくいけば子供の英語はこれほどまでに簡単なものなのか、と驚くと思います。

子供の英語力を養うためにはリスニングが大事

日本語しか話せない子供でもネイティブの習慣を付ければ、徐々に英語が身につくと言われますが、日本で英語を習得するためにはやはり順序を踏まえてやっていくしかありません。

英語の分野にも様々で、読む、聞く、話す、書くなどの基本的な技能、そして専門用語とまではいかなくとも語彙力や発音力なども問われます。

結局のところ、どのジャンルから手をつければいいのかわからない、という方がTOEICに初挑戦するぐらいになれば、より楽しく覚えていくことができると思います。ほとんどです。子供の英語力を養う上で、まず簡単な日常会話をよく覚えさせると思いますが、長期間習得すればそれなりに語彙をどんどん増やすだけで済みます。しかし中学生にもなると、よく順序を考えて覚えていくしかありません。

まず理想は文法よりも英語を聞くことです。聞かないと勉強だけでは何も変わらないとも言えます。自然にカタカナとのギャップが解消されてくるようになれば、語彙についての興味も沸いてきます。

日本人と英語のギャップ

日本人の苦手意識の中で多いのが英語です。英語は必須だ、と言われてもなかなか会話の意味が通らない、となるといつまで経っても、というのが定石です。

中学校から試験を受けるようになりますが、大学受験が控えている、という目標を持つ方が多くいます。入学試験が目的であれば、リスニングよりも読み書きに重点を置きますが、実際に100点とれる方よりも、70点程度の方のほうがすんなりとスピーキングとリスニングに入れるといわれています。

もちろん英語は読み書きも大切ですが、会話ができないから悩んでいる、という方が大半です。英語はテキストでしかなく、テキストがなければただの空気でしかありません。

やはり、歳を重ねてから英語のギャップを感じない為にも子供時代から少しでも英語に触れることが大事になります。

アメリカンスクールのキャンプで日本国内にて子供に本場の英語を!

アメリカンスクールとは、アメリカ国内でのカリキュラム、教育メソッドや学制等をそのまま国外に持ち出した学校、または教育機関のことです。また最近は子供をアメリカンスクールのサマーキャンプなどに参加させて英語をマスターしてもらおうとする日本の親が多くいるそうです。子供の英語力を考えた場合、まず聞く、話すことに重点を置くのが理想ですので、本場の会話を日本でマスターするためにはかなり有効な方法です。

子供の英語をレベルアップさせる他にも、日本人とは違う価値観が存在することを早期から覚えることができたり、人間的にも大きく成長した、と喜ぶ親も多いそうです。

言われることを素直に聞く子供より、料理でもなんでも自分から率先して手伝うような子供になれた、と聞けば、多くの親が興味を示すと思います。

子供をスクールに手放すというとやはり危険はつき物ですが、キャンプでは日本語を話すオフィシャルのスタッフもいるようです。

幼児英語教育と手段

子供の英語教育の工夫の仕方にも様々ですが、ただ日本にいて学校に、というだけでは間に合わない、と判断して踏み切る親も多いようです。

胎児に聞かせるCDが販売されていたり、0歳児から通う英会話スクールなどもあります。乳幼児レベルとは言わず、胎児の段階から感覚を身に付ける、というのはなかなか気がつかないものですが、科学的にも証明された実効力の強い方法だそうです。

また子供の英語教育はメディア、テレビやブルーレイなどの番組や映画などの影響をうまく利用するのがコツであり、日本語で見る番組と混合させることは必須とも言われています。またビデオもより効果的なものを用意し、正しく見せることも大切です。

英語教育の現場はここまで様変わりしている、と驚く方も多いようですが、やはり社会のグローバル化の傾向はどんどん強まっています。スタートが遅いとそれだけ損をする、という感じが強いですが、小学校レベルからのスタートには英語インストラクターによるガイドがよいそうです。

子供に英語を覚えさせるためには英語教材も大事

気軽に使える英語教材、といっても様々ですが、ホームスタディはやはり基本です。1日のうちでもっとも長い時間を有効に使いたい、という方がほとんどです。

例えばこんな教材があります。前期、中期、後期に別れ、それぞれにお楽しみコンテンツがぎっしり入った教材が届いたり、テスト用紙も毎月1枚だけ届きます。またテストはレベルが高いので一般的な環境で英語を覚えている方にはあまり効果がないかもしれない、という方が多く、一生懸命に学習しているのに結果がそぐわない、といえば、学校教育とほぼ同じ、ということで切り捨てる方も多くいます。よく言われる注目度の高い英語教材、、しかし中身はこうだったのか、ということになると、なかなか探すのも一苦労です。

楽しみながらが一番の学習方法

子供の英語にはやはり楽しく覚えることが必須です。教材という名前だから堅苦しいものだろう、ということで、例えばアメリカンスクールのキャンプにまず通わせて見る、という方も増えています。

子供の英語教育を考えた際のバイリンガル教育

子供の英語教育を考えた場合、バイリンガル教育と英語教育は違うのでしょうか?バイリンガルというと聞く、話すから読む、書くまで統一した才能がある、というようなイメージが強いですが、最近は英語をビジネスに活かす、グローバル化に対応するのではなく、英語自体をもっと有効に使えるように、と教育に勤しむ親の方が増えているそうです。

胎児が聞くためのCD、というものもありますが、生まれたばかりの乳幼児でもベビーサインを使用して効果的に英語をマスターさせることができるそうです。

ボディランゲージではなくベビーサイン、無意識に出す表現の中に英語の習得が見える、このように早期から英語と日本語の両方を覚えることは、やはりストレスフリーな効果も高く、習慣性を自然に獲得していくことができます。

日本語は独特で英語との違いが大きい、だから難しい、という意見もありますが、バイリンガルといってもたった二ヶ国語だから負担にもならないそうです。

子供の英語、日本語への影響

子供の英語教育で大きなポイントの1つが、日本語への影響についてです。特に乳幼児から英語をマスターさせようとする親が多くなっていますが、気付いた時には日本語がまったくだめになっていた、という例も少なくありません。

発話の時期が遅れると不安ですが、なかなかカウンセリングなどを利用することもできず、やはり戸惑う親も多いと思います。

どちらも均等に使い分けるようにするのがやはり大切だと思います。例えば母親が英語だけ、父親が日本語だけ、というようにうまく割り振って、という場合、日本語を話し始める時期が多少遅れることはよくあるようですが、そんなに気にするほどではなく、幼稚園に入るころにはしっかりと使い分けるレベルになれると言われます。

英語が目的だから英語だけ、とはいかないのが子供英語の難点です、やはりコツをしっかり踏まえることが大切です。朝起きたら英語、そして夜には日本語、このパターンをサイクルさせる、などもよいそうです。

英語と学校での授業

英語の授業といえば、テストで何点とれるか、とイメージされる方が大半です。学校での授業では点数だけ、また他に指導を受ける場所を設け、そこで会話を身につける、というような時間のかかる方法に懸念を示す方が多い中で、英語の授業方法を変えようとする取り組みも活発化しているようです。しかし現状、まずテスト方式をやめて会話を重視する、ということにはならないと思います。

また英会話、という目的に沿った授業時間を設ける、という方もいます。これだと会話も聞く力もつくのでは、というシンプルな発想ですが、テストが無いとしても、中にはテスト重視で考える子供もいる、という意見もあります。

英語の授業、語学というよりは、英語の学力、という名前のほうが一致する、このような状況では、やはり子供のうちから家庭内で英語環境を充実させるほうが理にかなっています。あまり興味を示せないテキストよりも、テレビやDVDなどで英語を聞くほうが、確実性はかなり高いと思います。

 

子供をオンライン英会話を受けさせるのも手

高い費用を払って海外留学しなくても語学は学べる、という方は増えているようです。キンドルで洋書を読んだり、海外ドラマや映画などを見る、またitunesを使用して海外の大学の授業を無料で視聴したり、また会話分野では格安のフィリピン英会話が利用できます。

よく海外では日本人がいないからこそ身に付けやすい、などと言われますが、海外でも日本語を話す人が増えているのが現実です。これらの方法でそれなりの英語力を身に付けることができた、という方も多くいます。

海外留学をしても、大学のカリキュラムにただ従っていればいい、ということではなく、結局は自分の行動がモノをいう、ともよく言われます。また環境がそぐわない、食事が喉を通らないとしたら、やはり無駄で終わってしまいます。

海外留学にも様々な世界があります。行く前に価値を決めることは難しいものです。運に左右される部分が多くありますので、目的にかならずかなう海外留学と決め付けるのはやはり問題です。

子供の英語教育に関わる児童インストラクターについて

日本ではベンチャー企業に対するイメージというのがそれほど良いイメージではないように感じます。どうしても他の企業に比べて安定性にかけるというイメージがあるのか、ベンチャー企業への転職は一か八かの賭けのように思われることも少なくありません。
ですが実際のベンチャー企業への転職はそういった賭け事のようなものではなく、むしろ企業と面接を受ける側との立場がある程度平等になった場所でもあります。

英語教育の児童インストラクターになりたい方は

大手企業などだと面接とは落とすものであり、書類審査が重視されて無難な人が上手くいきやすいですが、ベンチャー企業ではそのようなことはありません。
面接を受ける側であってもどんどん面接官に対して質問をしていき、そしてお互いに知りたいことを共有していくというプロセスがとても大切になります。何よりベンチャー企業は個人の頑張りがそのまま給与などに反映されやすいという利点もあるので、ベンチャー企業への転職というのは決してリスクばかり大きなギャンブルだとはいえないでしょう。

おすすめのオンライン英会話比較ランキングはこちら ⇒