英語(英会話)は子供の頃から学ばせる事が非常に大事!

英語、英会話は子供の頃から学ばせる事が大事という事はご存じでしょうか?
言語学習はなるべく早く触れる事が習得の鍵と言われています。

そこで本記事では、子供の頃から英語を学ぶ事で得られるメリットなどを紹介します。

子供の頃から英語に触れて早期習得!

子供の英語教育といえば、日本語と英語が混合したり、中途半端な会話力になりがち、また日本語の発達が遅れたり、あまり小さいうちから覚えると忘れる、などのデメリットが考えられます。またこれらは英語との関わり方や親の考え方などでも違いがあります。英語を二番目の言葉として覚えるのか、あるいは親が外人であればもっと積極的に覚えるようになります。

幼少期は英語を習得するのが早い

また子供の英語力を養う上で大切なのは発音の聞き分けから始めるのがよいと言われています。LとRの発音の違いは1歳前後まで覚えるのがいいとされています。やはり遊びの中で習得するのがもっとも効果的です。カリキュラムを強制するような方法ではなく、いかにも英語で話すことが楽しいと思える方法を与えることが大切です。

英語の覚えの早い子供は多言語教育が可能

多言語教育はそれほど難しいものではありません。また親がしっかりと話せるのがもっとも理想ですが、うまくいけば子供の英語はこれほどまでに簡単なものなのか、と驚くと思います。

子供の英語力を養うためにはリスニングが大事

日本語しか話せない子供でもネイティブの習慣を付ければ、徐々に英語が身につくと言われますが、日本で英語を習得するためにはやはり順序を踏まえてやっていくしかありません。

英語の分野にも様々で、読む、聞く、話す、書くなどの基本的な技能、そして専門用語とまではいかなくとも語彙力や発音力なども問われます。

結局のところ、どのジャンルから手をつければいいのかわからない、という方がTOEICに初挑戦するぐらいになれば、より楽しく覚えていくことができると思います。ほとんどです。子供の英語力を養う上で、まず簡単な日常会話をよく覚えさせると思いますが、長期間習得すればそれなりに語彙をどんどん増やすだけで済みます。しかし中学生にもなると、よく順序を考えて覚えていくしかありません。

まず理想は文法よりも英語を聞くことです。聞かないと勉強だけでは何も変わらないとも言えます。自然にカタカナとのギャップが解消されてくるようになれば、語彙についての興味も沸いてきます。

まとめ:英語(英会話)は子供の頃から学ばせる事が非常に大事!

いかがでしたでしょうか?今回は子供と英語をテーマにしてお話しました。
子供の頃から英語を学ぶ事は大事ですので、子供に英語を学ばせようか考えられている方は参考にしていただければと思います。