英会話を習得するための心構え!赤ちゃんのごとくアウトプット!!

オンライン英会話お役立ち情報

⏳この記事は 3 で読めます。


「どうしたら英語がしゃべれるようになるのか?」

「どういうことを意識しなが英語学習したら、英会話できるようになるのかな・・・」

私自身、こういった悩みを持っていました。

ここでは、どうしたらスムーズに英会話ができるかようになるのかを考えていきます。

英語を日本語に翻訳しないこと!

英会話が、ストレスなくズムーズにできるようになるためには?

この疑問を解消するヒントが「英語を頭でいちいち日本語に翻訳しない」ということです。

しかし、はじめはとても難しいです。

なぜなら、これまでの学校教育での英語のテストや単語テストで、「次の英語を日本語に訳しなさい」、「日本語の文章を、正しい文法で書きなさい」というようなことを長年つみ重ねてきてしまったからです。

ですので、少しずつでいいので日本語に翻訳しようとするクセをなくしていく必要があります。

日本語でいちいち考えなくても、とっさに使える英語の数を増やしていく」ということです。これが、実用的な英語を身につけるための最初の一歩です。

たとえば、「わたしは、サッカーが好きだ」これを英語にするのはとても簡単なことでしょう。

いちいち「好き」はlikeだから、とは考えないと思います。

また、聞きなれているフレーズの「I like 〜」や「Do you like 〜」なら苦もなく聞き取れるし、「あなたは〜が好きですか?」と聞いているな、とわざわざ日本語に翻訳してとらえていないと思います。

いちいち日本語に訳さなくても瞬時に意味がわかる。相手の言葉の意図が理解できる。

こういった、英語を英語のまま理解できる数を少しずつ増やしていけばいいのです。

パソコンでブラインドタッチができる人は、いちいちキーボード見ながら打つ人はいません。体が記憶していて、指が自然に動き出し、目指すキーボードを打っているからです。

このたとえは、頭で考えたことと指との関係ですよね。これを頭と口の関係に置きかえた状態が、そのままの形で出てくる英語なのです。

ようするに、自然と英語が英語のまま出てくるまで、体を使った練習をすることが重要であるということです。

英語の知識ではなく、「使える英語」を増やしていく

頭よりも先に口と耳が反応する、これは英語が話せるようになる最低限必要な状態と言えます。

これができるようになる理由は、身体に染み込んでいる英語であるからです。

英会話におけるアドリブの連続は、とっさに反応するものでなければ「使える英語」とは言えません。

いちいち日本語に置きかえているうちに、会話が成立しなくなっていくのはとてもストレスを感じますし、自信の喪失にもなりかねません。

「使える英語」のストックをためていくことでリスニング力も高まる

とっさの反応が求められる会話においては、とっさに出し入れできる文法、英単語なりフレーズ、イディオムがしっかりと身についている必要があります。

このように、とっさに使える英語のストック数をどんどんためていくようにします。

増やしていく英語のストックは、本当にカンタンなものでいいです。

流れとしては、会話中に口から出てこなくて困ったものを後から調べる。その際に、少しでも簡単に言えることを調べます。

たとえば、「いいにおいだね!」が言えなかったとします。

そうしたら、ネットでもスマホアプリでもなんでもすぐに調べることができるので、

そうか!

「It smells good.」

と言えるんだ、となります。

そしたら、「イヤなにおいだ」なら、

「It smells bad.」

かなと、どんどん派生して増やしていくこともできるようになってきます。

実際に私が調べるときに、使っているおすすめのアプリをご紹介しておきます。音声でも聞けるので、音読にもバッチリです。

Real英会話
Real英会話
開発元:LT Box Co., Ltd.
posted withアプリーチ

小さい積み重ねですが、私たちも日本語を習得する過程で、小さいころからその積み重ねを無意識にしてきました。

そして使える英語の数があればあるほど、自然と口から出てくるようになり、その結果聞きとれる言葉のストック数も比例して増えていきます。

そして、結果的に英語がスムーズにしゃべれるようになるわけです。日本語を習得していく過程と同じなので、イメージしやすいと思います。

英会話は赤ちゃんになったつもりで、どんどんアウトプット!

とっさに「使える英語」をいかに増やしていくか。これこそが英会話習得のカギとなります。

英会話中にとっさに言えなかったことは、すぐに調べてすぐに声に出して使って体に覚え込ませてしまいましょう。

そして、実際の会話で無理矢理使ってみる!笑

赤ちゃんみたいに、覚えたことはどんどん使っていきましょう!!