TOEIC600点を目指す初心者のための単語勉強法

TOEIC600点を目指す初心者のための単語勉強法

⏳この記事は 10 で読めます。


TOEICのスコアアップを目指すうえで単語の学習は欠かせません。また、英語を学ぶときに単語と文法の基礎をかためることは、絶対にさけて通れません。

英語学習は学生のとき以来で、「どのレベルの単語集を選ぶべきか、単語をおぼえる時間をとるのもおっくうだし、ましてや文法も不安だしTOEICの勉強をはじめるにしてもどこから手をつければいいのか」と悩んでしまいますよね。

そこでこのページでは、単語力を効率よく向上をしていくための方法を説明していきます。

 TOEIC600点を取るために必要な単語数

600点をとるために必要な単語数は約5000語、700点以上であれば約8000語~10000語くらいといわれています。実際に自分がどのくらいおぼえているのか気になりますよね。参考程度に高校卒業までに約3000語は習うと言われています。そう考えると、600点をとるために必要な単語数は、それほど膨大な数ではないことがわかります。

私としては、単語数は気にする必要はないと思います。あくまで単語数は目安に過ぎません。しかし、600点を目指すうえで、少なくとも高校レベルまでの単語は確実にものにする必要があります。そこに加えてTOEICに特化した単語を覚えていく方法が効率的です。

 単語学習と並行して取り組むべきこと

TOEICのスコアアップで欠かせない単語の勉強。はじめに、どの単語集を使えばいいのかとても悩むと思います。しかし、とりあえず評価の高い本を買ってひたすら単語をおぼえていけばいいわけではありません。効率よく単語の学習をすすめるために、並行して取り組むべきことがあります。

 発音記号をおぼえ、発音の仕方を練習する

まず最初に取り組むべきことは、「発音記号をおぼえ、発音の仕方の練習をする」ことです。

なぜなら発音記号を読めないと、新しい単語を見たときにどう読んでいいのかがわからないからです。どう読むのかがわからないと読み方を調べる時間も無駄ですし、なによりストレスを感じてしまいます。

たとえば、英語の基礎がある方は、「contract(契約)」や「local(地元の)」などの単語を発音記号を知らなくて「コントラクト」、「ローカル」のようにカタカナで書くがごとく読むことができます。

しかし、「laugh(笑う)」や「clothes(衣服)」はどうでしょう? 「ラフ」、「クロウズ」となり、発音記号が分からなければ正しく読むことができないと思います。

私自身は、「発音記号の読み方・発音の仕方」が書かれている表をトイレに貼って覚えていました。そして、これらを身につけることでリスニング力の向上を実感しました。

なぜなら、「自分が発することができる音は聞きとることができるようになる」からです。このように「発音記号の読み方・発音の仕方」を身につけることは、単語力を効率よく向上させるだけではなく、リスニング力の向上にもつながります。

おぼえるべき発音記号の数は、50個くらいなのですぐに身につけることができます。

神経質におぼえるのではなく、こういう読み方でこういう発音の仕方(口の動かし方)なのかと楽しみながら取り組んでみてください。また、発音記号を正しく読めているのかを再確認するために、単語集についている音声などを利用して聞くようにしていきましょう。

 中学・高校レベルまでの文法を身につける

600点を目指すのであれば、単語帳を使った学習に加えて、少なくとも高校レベルまでの文法を身につけてください。中学レベルからおさらいをかねて取り組んでもかまいません。もし、あなたが中学レベルの復習では退屈と感じるのであれば、高校レベルからでもかまいません。

その文法学習の中で、わからない単語をひろって身につけるようにしてください。文の中でおぼえることで、知らない単語の記憶への定着率はより上がります。

なぜなら、どのような場面で使われているのかを確認しながらおぼえられるからです。

単語集での学習と文法学習を並行しておこなうことで効率よく単語をおぼえられます。TOEICの公式問題集の中から覚えるようにすれば効率がいいという方もいます。しかし、それは中級クラスの人にいえることです。いきなりTOEICの問題集に手を出しても心が折れかねません。

私も、効率がいいと思い一度問題集から手をつけたのですが、基礎ができていなかったためただモチベーションの低下をまねいただけでした。あなたがTOEIC初級者であれば公式問題集を「自分の現在地を知るためにつかう程度」にとどめておくことをオススメします。

このように英語学習の基礎である「単語」と「文法」をどちらかにかたよらず取り組むことが相乗効果を生むので、切り分けずに取り組んでいってください。

 単語力を効率よくアップさせる方法

ここでは、単語学習をはじめるときに、どのようなことを意識しながら取り組めば効率的に習得していけるのかを説明していきます。

 単語は文章の中でイメージをしながらおぼえる

単語は、文章・文脈のなかで意味をおぼえていきます。また、その場面を頭にイメージしながらおぼえるようにします。

なぜなら、どのような場面でどのようにその単語が使われているのかを知ることができるからです。また、頭にイメージとして残りやすくなり、記憶として定着しやすくなるからです。さらに、文章の中で意味をつかむことで文法力も同時に養うことができます。

たとえば、「コツ」という単語をおぼえる時に「コツ=tip」とおぼえても、たった3文字ですら、あとで思い出そうとしてもなかなか思い出せないものです。しかし、「Can you give me some tips?(コツを教えてくれない?)」のように場面をイメージをしながらおぼえると自分の中で、使える英語として残っていきます。

また、このようにおぼえることで自分が文章を作りやすくなります。「コツを教えてあげられるよ」であれば「I can give you some tips.」と簡単に言い換えが可能になり、これが英語力向上につながっていき、自信にもなります。

 動詞は体を使っておぼえる

イメージをしながらおぼえることに加えて、動詞であれば体も使っておぼえることでいっきに定着率はあがります。

実際に、私がこの方法を知りいちばんはじめに実践した単語で今でもしっかり記憶に定着しているものがあります。それは「stir(かき混ぜる)」です。カタカナ読みすると「スター」といった感じです。これを実際に次の文章で体を使いながら試してみてください。

「I’m stirring my coffee.(コーヒーをかき混ぜています)」

これを実際にかき混ぜている動作をしながら声に出して何回か練習します。これだけで、「かき混ぜる」=「stir」が無意識につながるようになりました。他にも簡単なものでいうと「蹴る」や「跳ぶ」は「kick」、「jump」と無意識に出てきますよね。これらはカタカナで日本語になっているからともいえますが、本当はその動作が完全にイメージできているからだと思います。

このように自分の中ではっきりとしたイメージを持つ習慣により、無意識のレベルで英語が口から出てくるようになります。頭の中で、いちいち英語を日本語へと変換する必要がなくなるということは結果として、リスニング力アップにもつながっていきます。

 声に出しておぼえる ~インプットだけでなくアウトプットも忘れずに~

語学学習では音読は必須です。

なぜなら、私たちは母国語である日本語を習得するときも、言葉の意味をただおぼえてきたわけではないですよね。口に出すことで間違えながら身につけてきました。

たとえば、小さい子どもで言葉の発達が遅い子は、早い子にくらべて明らかにアウトプットが少ないです。言葉の発達が早い子は、日本語にならない日本語を大人の言葉をマネしてとにかく出そうとします。

しかし、英語をいざ勉強しようとなると大人になったことで間違える恥ずかしさもあるからか、アウトプットを怠ってしまいます。「自分が発することのできる音は自然と聞こえるようになる」といいます。単語を勉強するときも、必ず声に出しながらおぼえてください。

私の実践している方法として、通勤時間やスキマ時間はイメージを鮮明にしながらおぼえ、自宅での勉強は体と口を動かしておぼえるようにしています。

このように英語を習得するためには、日本語を習得してきたように体全体を使いながら取り組んでください。

 単語学習を効率よく行うために避けるべきこと

ここでは、単語学習を進めていくうえで、短時間で少しでも多くの単語を習得するために避けるべきことを説明します。

 はじめから完璧におぼえようとしない

「完璧主義を捨てる」 という考え方は、単語を短期間で少しでも多くおぼえるためにとても大事な心構えになります。効率よくおぼえるためには、少しでも多く同じ単語にふれることです。ですから、1つの単語をはじめからしっかり身につけるようとすることは非効率的です。

目安としては、1日に50~100個の単語にふれるようにします。うれしいことにTOEICテストはマークシート方式なので、スペルまで完璧におぼえる必要はないためこのくらいの量は可能です。

また、単語の中には意味がいくつもあるものがありますが、まず「おさえておくべき意味をひとつ」だけで大丈夫です。はじめからしっかり意味を全ておさえることは時間がもったいないので、あとででも十分です。とにかくなんとなく見たことのある単語をどんどん増やしながら「忘れていればまた確認すればいい」くらいの心持ちで単語帳をどんどんすすめて1冊を3度4度と繰り返してください。

 単語カード・単語ノートは作らない

これまで、テスト勉強や受験のために単語の暗記カードやノートを作っていた人も多いと思います。しかし、TOEICの勉強ではわざわざ作る必要はありません。

正直にいえば、時間の無駄です。スペルをおぼえるためには、書くという作業が必要かもしれません。しかし、先ほども書きましたようにTOEICテストはマークシート方式のため英単語を書く場面がないので、スペルを完璧におぼえる必要がありません。ぜひ、書きうつす時間を多くの単語にふれる時間にまわしてください。

 単語習得のための時間の使い方

働きながら忙しい時間の中でどのように単語をおぼえていくか、とても頭を悩ますとこでもありますよね。「帰ってきてからではとてもじゃないけど疲れてできない」というのが本音だと思います。週末を使っていっきにというのも正直大変ですよね。それでは、日々の中でどのようにして単語学習を取り入れていけばよいのでしょうか。

 単語学習はスキマ時間と寝る前に

TOEICの勉強をしていくうえで、1日の中で英語にふれる時間を1分でも多くとることがポイントです。そこで、まずは自分の中で使えそうなスキマ時間を探してみてください。

たとえば、通勤時間やお昼休憩、トイレの時間などがうまく使えるのではないでしょうか。

私は、トイレには発音記号をおぼえるための紙を貼って入るたびに確認をしていました。あと通勤時間はできるかぎり英語を聞くようにしています。スキマ時間は単語学習に最適です。

なぜなら、文法の勉強はある程度まとまった時間が必要となりますが、単語学習であれば短い時間でひとつでも多くの単語にふれることが可能だからです。

また、「単語は寝る前におぼえるようにする」のもよい方法です。

私自身も、夕食後すこしゆっくり休んだあとの時間を文法の勉強にあてて、寝る前に単語の勉強という流れにしていました。文法はある程度体力の残っているうちにやってしまって、単語は寝る前にザッと行うだけでもいいのです。そして、翌朝の通勤時間に音声で確認をしながら勉強をすることで復習の時間にもなり、より定着しやすくなります。

これまで書いてきましたように、ひとつの単語をはじめから完璧におぼえる必要はなく、なんとなくでもいいので多くの単語に何回もふれることが重要です。

なぜかというと、日本語を習得するときにいちいちひとつの単語を完璧におぼえようとはしていないはずです。小さい時からいろいろな文章や会話の中で、何回もその単語とふれることで無意識に意味を理解してきたはずです。

なぜか英語になるとテスト勉強や受験勉強の影響であるのか、はじめから完璧におぼえようとしてしまいます。しかし、そのようにおぼえた単語は驚くほど記憶に定着していません。私は暗記が得意で、高校時代に単語の小テストで毎回のように100点をとっていたのですが、そのときに身についた単語はほぼありません。

このように、スキマ時間や寝る前の時間を有効に使いながら、英語にふれる時間をご自身の生活の中にとけ込ませて学習をすすめていきましょう。

 まとめ:TOEIC600点を目指す初心者のための単語勉強法

これらのことから、単語集を選ぶ際は「発音記号がある」、「例文がある」、「音声つき」というところを基準にえらんで勉強をすすめてください。

TOEIC対策用の単語集だけでも良いのですが、基礎単語が不安であれば中学文法をやり直すついでにわからない単語をひろいながら身につけるようにすれば問題ありません。わざわざ基礎英語の単語集まで買って取り組む必要はありません。基礎単語は中学・高校レベルの文法の勉強をしていけば自然に身についていきます。

少しでも早くスコア目標に到達をしたいのであれば、単語と文法の基礎をしっかりと身につけてください。そうすることで、かならず仕事の場面でも英語を使えるようになっていきます。TOEICスコアアップのために基礎を身につけることは、遠回りなようでいちばんの近道なので、根気強く取り組んでみてください。