TOEICスコア別学習方針

オンライン英会話お役立ち情報

⏳この記事は 3 で読めます。


TOEICスコア別学習方針

学習方針であって、学習方法ではありません。

学習方法はそれぞれ各自に合った方法を選んでもらうとして、 何に重点を置いて学習するのが効率的かという観点で、 私の考えるところをまとめてみました。

なお TOEIC のスコア範囲は、厳密なものではありません。

大体の目安として示していますので、±100 くらいの範囲に幅を広げて、 自分自身がどの範疇に入るか判断して頂ければよいかと思います。

〜TOEICスコア 500点

リスニング力強化と語彙力強化に集中しましょう。

リスニング力は、ひたすらディクテーションすることで TOEIC 500 点くらいまでなら短期間で伸ばせます。

語彙力については、難しい単語には手を出さず、 まずは基礎的な単語を徹底的に覚えましょう。

なにをもって「難しくない基礎的な単語」と言うかですが、 3,500 語レベルくらいまでの単語と考えてください。

Cobuild Learner’s Dictionary の ★★★★★~★★★☆☆ で示されている単語、 あるいは OALD の意味説明に使用されている基本 3,500 語、 などに入る範囲と考えればよいかと思います。

と言ってもこのレベルだと Cobuild Learner’s Dictionary や OALD は使いづらいので使ってないとは思いますが・・・

英和辞典などでも 3,500 語レベルまでの単語を示しているもの があると思います。それらを規準として、その範囲の単語を覚えることに集中しましょう。 難しい単語を覚える前に、とにかく基礎的な単語に注力しましょう。

TOEICスコア 500 〜 700点

そろそろ文法力強化と読解力強化に重点を移しましょう。

口語表現にも手を広げましょう。

リスニング力強化と語彙力強化だけでは伸び悩む領域に入っていますので、 総合的な英語力を向上させるという意味で文法力と読解力が必要になってきます。

もちろん、リスニング力強化と語彙力強化もおろそかにはできないので、並行して学習する必要があります。

文法は受験英語でしっかりやっているはずなのですが、それだけでは充分ではないようです。

受験英語で培われた重箱の隅をつつくような知識としての文法ではなく、必要に応じて引き出せる実戦力としての文法を学びましょう。 文法書の例文などは音読を心がけましょう。

また、口語表現に慣れるために、TOEIC/TOEFL 関連の学習書、口語表現に重点 を置いた学習書などにも取り組むと良いと思います。

TOEICスコア 700 〜 900点

そろそろ辞書を英英辞書に切り替えましょう。

どんどん生の英語に触れる機会を増やしましょう。

英単語 → 日本語の単語への置き換え」では通用しない領域に入っていますので、英英辞書で英単語が持つ本来のニュアンスをつかむように心がけましょう。

新聞や雑誌などを読み始めてもよいかと思います。 あくまでも自分の興味の持てるものを読んでください。生の英語に触れることによって学習書だけではカバーできない単語や表現などを学習できます。

また、これまでに習得した単語や表現などの復習にもなります。

生の英語に触れることは、文法に関しても実戦力を強化していることにもなるかと思います。これまでに習得した文法力を駆使して英語を理解していくことになりますし、習得しきれていない文法事項を洗い出すことにもなるかと思います。

TOEICスコア 900点〜

とにかく大量の英語に触れることでしょうか。

リスニング力も語彙力も表現力も、とにかく様々な英語に触れることによって上達できるのではないかと考えています。

日本語の場合も、読書などによって多くの日本語に触れることで正しい日本語を身に付けたような気がするので、その手法が英語にも適用可能なのではないかと思っています。

その他、何を方針とすべきかいいアイデアがありましたら、追記していきますね。

おすすめのオンライン英会話比較ランキングはこちら ⇒