TOEICスコアが500点以下の方が重点的に勉強するポイントは?

TOEICスコアが500点以下の方が重点的に勉強するポイントは?

TOEICを受けてみたが、スコアが低かった方。

いったい何が問題で、どこの点を重点的に勉強するべきでしょうか?

今回はTOEICで500点未満だった方を対象に、どの点を勉強すべきかをおはなしします。

TOEICスコア500点未満の方の勉強ポイント

リスニング力強化と語彙力強化に集中しましょう。

リスニング力は、ディクテーションを多くこなすことでTOEIC500点くらいまでなら短期間で伸ばせます。

ディクテーションとは、英語のみを聞いて、聞こえた英語を書き取っていくトレーニングです。

語彙力については、難しい単語には手を出さず、まずは基礎的な単語を徹底的に覚えましょう。

なにをもって「難しくない基礎的な単語」と言うかですが、3,500語レベルくらいまでの単語と考えてください。

Cobuild Learner’s Dictionaryの★★★★★~★★★☆☆で示されている単語、あるいはOALDの意味説明に使用されている基本3,500語などに入る範囲と考えればよいかと思います。

と言ってもこのレベルだと、Cobuild Learner’s DictionaryやOALDは使いづらいので使ってないとは思いますが・・・

英和辞典などでも3,500語レベルまでの単語を示しているものがあると思います。

それらを基準として、その範囲の単語を覚えることに集中しましょう。 

難しい単語を覚える前に、とにかく基礎的な単語に注力しましょう。

リスニング強化をメインに勉強する

リスニングは日本人の多くが苦手としているポイント。

リスニング強化のためには、かならず音声付きの参考書で勉強するといいです。

英単語のそれぞれ、強弱はどこについているかのアクセントを意識しましょう。

英語は、日本語のように1単語1単語はっきりと発音しませんので、強弱を確認することが非常に重要となっています。

単語を覚えることに集中する

キクタンのように、単語を耳と目で覚えられる参考書は数多くあります。

単語を目で覚えるだけでなく、耳で聞いて、それを口に出すことが英単語を最短で覚えるコツになります。

TOEICのテストは、比較的中学生レベルの単語も多く出題されますので、文章を読解できるようになるためにも、簡単な単語ほど、理解を深めるといいです。

その際、どういった使われ方がされるのかを意識することも必要です。

まとめ

TOEICテスト500点未満の方は、基礎となる土台をしっかり勉強するようにしましょう。

土台がしっかりできなければ、その先のスコアを伸ばすこともできません。

急がば回れではないですが、基礎なしにTOEICハイスコアは望めないと心得て一歩一歩進んでいきましょう。