TOEICで300点と惨敗になってしまった方にインタビューしました

TOEICで300点と惨敗になってしまった方にインタビューしました

⏳この記事は 2 で読めます。


今回はTOEICを受けて300点という結果、惨敗になってしまった方にインタビューしました。

TAK)「本日はどうぞよろしくお願いいたします。300点になってしまった、惨敗になった原因などを教えていただければと思います。」

村上)「はいどうぞよろしくお願いします。」

TAK)「TOEICを受けて300点ということですが、どうしてこんな結果になったのでしょうか?単刀直入ですみません」

村上)「いえいえ、そのインタビューという事は知っているので、構わずバンバンきいてください(笑)」

「自己分析ではですね、勉強の仕組みづくりができなかったんだと思います。具体的な目標をたてずにとりあえず受けようという形だったので、なんとなくテキストを読んで、なんとなく勉強していました。」

TAK)「確かに目的がしっかりしていないと、勉強もやる気にならないですからね」

村上)「そうなんですよねー。自分の勉強方法はテキストをただ眺める、ひたすら眺める。さらに眺める(笑)そんな感じでしたね。」

「はじめから受けるなって感じてすよね(笑)ただですね、自信はあったんですよ。自分自身宅建を持っているんですが、眺める戦法で資格がとれたんですよね。まぐれ合格だとは思うんですが(笑)」

村上)「英語は眺めるだけではだめみたいです。TOEICを受けてから1年くらい英語から離れていたんですけど、最近また英語にチェレンジしてみようかなと思いまして。次はTOEICが目的ではなく、ワーキングホリデーを目標に勉強をはじめました。」

「今回インタビューを受けさせていただく事になったきっかけになったオンライン英会話についてのはなしをしたほうが良いですかね?」

TAK)「いえいえ、オンライン英会話の話でなくとも大丈夫ですよ。TOEICについての話であれば」

村上)「ああ、そうなんですね。まあ、ここまで話をしたので続きのはなしをしますと、先ほど言ったようにですね、英語から離れていたんですが、海外生活をするとなると、テキストだけでは無理だろうなと思ったんですね。それで話せる環境を作ろうと思ったんです。ただ、英会話教室は高いし、英会話カフェみたいなところは安いんですけどわざわざ行くのも面倒。なので、TAKさんのサイトからオンライン英会話の情報を知って、はじめてみました。いくつか体験して自分にはあったサービスが見つかったので、とりあえずそちらを続けています。」

TAK)「どれぐらいの期間うけられています?」

村上)「まだはじめて3ヵ月なんですけど、なかなかいい感じです。(笑)いい感じっていうのは、いままで使ったことのない英語が自然とでるようになりました。」

TAK)「例えばどんな英語でしょうか?」

村上)「How’s It Going?が今私のお気に入りです。(笑)あと、I’m Goodです(笑)How are you?と聞かれて、今までアイムファインとして言えなかったんですが、レパートリーが増えてきました。海外では買い物をするときに、気軽に挨拶されるので、こういったレパートリーを今のうちに増やしています(笑)」

「実際I’m goodは言っていましたか?」

TAK)「そうですね、たしかにI’m Fineは固い感じはしますよね。」

村上)「やっぱりそうなんですねー!今ならTOEIC400点はいけそうです(笑)ただ、ですね実際にオンライン英会話をはじめてついこないだテキストを読んでみたら、あっこの言葉あの先生が良く口癖で言ってたなあとかあります。テキストの文字が映像に見えてくる感じがします」

TAK)「色々オンライン英会話の話もしていただいてありがとうございます。TOEICはやっぱり挑戦しないんですか?」

村上)「そうですねー、今のところ予定はないですけど、ワーキングホリデーをあと半年後に控えているので、ワーホリが終わったらまた受けてみてもいいかなと思っています。はじめは300点だったんですけど、次は何点になっているかは気になりますからね」

TAK)「そうですよね。ワーホリに行った効果を知る為にはいいかもしれないですね」

村上)「それを目標にするのもいいかもですね」