英語の勉強を長くつづけるコツを伝授!

英語の勉強を長くつづけるコツを伝授!

英語の教材を購入したが、すべて読み終わらずに次の参考書を購入してしまい、結局中途半端に勉強してします。こういった経験はありませんか?多くの人が英語の学習が長続きせずに諦めてしまうという場合が多々あります。

今回は英語学習が長続きされない方に有益な情報を提供します。

英語の参考書は薄いものを選ぶことをおすすめします

英語学習を長続きさせるコツは薄めの英語学習書を選ぶことです。

内容の薄さとは全く関係がありません。ボリュームのある英語書籍はお得感がありますが、途中で挫折する可能性が大きいです。

英語学習のやる気を持続させ、1冊を仕上げた後の達成感が得られるボリュームをまずは選ぶようにします。達成感を得ることで、もっともっとと欲が出てくるようになったらしめたものです。

薄い英語教材をマスターして次の教材へ

薄い教材は、英語学習者にとってはとても良いものです。その理由は、達成感を味わうことができる点と、集中してマスターしてから次にいけるという点です。

たいていの英語の本は、分厚いものが多く、流し見をしてしまい。結局深く覚えていないことが大抵です。

それであれば、あえて短い内容のものを選び、深く学ぶことで、一度覚えた英語をあまり忘れることがなくなります。

薄い教材に音声もあれば尚良し

今の英語学習に音声は必須です。ペーパーテストだけであればよいですが、実践的な英語を学ぶためにはやはり音声があった方が、日常英会話などを効率的に覚えることができます。

オンライン上にも音声はたくさん溢れていますが、やはり、テキストと音声を同時に学べるということが上達の近道になります。

オンライン英会話でも活用できる

音声付き、また、薄い教材であれば、オンライン英会話上でも使用しやすく、どこまで進んだかも把握しやすくなります。

オンライン英会話と合わせることで、より自然な英語に触れることが可能になります。

薄い教材で、濃い内容の英語学習

薄い教材であっても、要点がまとめられている濃い内容のテキストですと、やる気も違ってきます。薄い教材で内容も薄いとよくないので、書店で購入する際は、立ち読みをして中身を確認するとよいでしょう。

まとめ

今回は薄い教材で選ぶことも、英語教材選びのポイントになることをおはなししました。是非今回の記事を参考にしていただいて、薄い教材から英語学習に取り組んでいただければと思います。