なぜ、日本の英語教育では英語が伸びないのか?

結論から申しますと、日本の英語教育はテストの為だけのカリキュラムになっているからです。

ほとんどの方が教育を受けてきたのに英語が話せませんよね?

本記事では、なぜ、日本の英語教育は英語が伸びないのかについてお話します。

日本人の平均的な英語学習期間は単純計算で10年間!!

私は現在30代なので、中学校から英語の授業が始まりました。

しかし、今の日本の英語教育は小学3年生ごろから始まるみたいですね。私たちの二の舞にならないように、しっかりと身につく英語を学んでほしいと心から願います。

私の場合は、中学校から英語の学習が始まり、大学も英語の授業をなんとなくとっていたので、ザックリ言ってしまえば中学校から大学卒業までの約10年間は英語の授業を受けてきたことになります。

しかし、英会話ができたかというと・・・。

というような状態です。これは、私だけではなく、あなたも同じような思いをしたのではないでしょうか?

私はたまたま大学でも英語の授業を受けていましたが、そうでなくとも少なくとも、高校まででも6年間は英語の授業を受けてきた人がほとんどだと思います。

また、英語の勉強を中学、高校の授業だけではなく、受験のために塾や予備校に通って英語を学んだことがある方も多いと思います。

ではなぜこれだけの期間、英語の学習をしてきたのに英語ができないと感じてしまっているのでしょうか。

学校の英語学習で覚えたこと

中学から大学まで、ザッと10年ものあいだに覚えた英語の知識は、英単語の暗記に始まりイディオム(熟語のようなもの)なども含まれていると思います。

英文法も、関係代名詞から過去完了、仮定法まで「知識としての英語」を学校の英語でたくさん学習してきたわけです。

学校の英語の授業で覚えたことは、体系的に覚えた英語であり、アメリカ人やイギリス人のような母国語が英語であるネイティブスピーカーに負けないくらいの「正しい英語の知識」です。

しかし、その「正しい英語の知識」は大学受験に出てくるような文学的な英語の長文まで「読むことができる」というような日常では必要のないような英語の勉強でした。

これまで習ってきた英語は、日本の教育システムにおける「英語のお勉強」だったわけです。

学校での英語学習は、テストのためだけ

実際に、外国人と英語でコミュニケーションをする時に、「学校でこんなに習ってきた英語が役に立たなかった。いや、むしろ使えなかった」このような経験はありませんか?

長年学習してきたはずの英語なのに、まるで英語が口から出てこない。英語で投げかけられた質問にどうこたえたらいいのか、とっさに判断がつかない。そもそも、相手が英語で何を言っているのか、まるで聞き取れない・・・。

学校の英語の授業は、一体なんのための学習だったのか・・・。なぜ、英語の勉強をしたのに話せないのか?

日本人は、英語の能力が低いから仕方ないか

正直そう思わされるレベルです。でも、それは勘違いです。

実は、ずっとテストのための!英語を勉強してきたからこそ英語が話せなくなったのです。

まとめ

いかがでしたか?今回は日本の英語教育は英語が伸びないのか?についてお話しました。主に英会話にフォーカスを当てたものになりましたが、もし英会話をこれから伸ばしたいという方がいらっしゃいましたら、オンライン英会話を受けてみる事をおすすめします。