英語で言いたい事をスラスラ話せるようになるためには?

言いたい事があるのに英語で話すことができない・・・
頭で考えてからであれば喋れるのに・・・

はい、英語学習している人によくある悩みですね!スラスラ話せるようになる方法をご紹介します。

言いたいことがスラスラ話せるようになりたい

英語がスラスラ出てこないといってもその中身はさまざまです。

では、スピーキング力を鍛える方法を紹介します。

ちゃんと話しているつもりでも英語が通じない

→日本人英語のままだと、相手が聞き取りにくい場合もあるようです。通じる発音を身につけましょう。
→日本語の発想で話していませんか?日本語と同じように細かいこと、どうでもいいことを前置きとして話していませんか?英語は大事なことから、シンプルにが鉄則です。

英語がスラスラ出てこない。短い文章を言うにも考え込んでしまって時間がかかる。

→決まり表現を一言で言えるようにする。短い文を言えるように、言い換えの練習で文法も身につけよう

英語で何を話していいかわからない。ネイティブとの話題が思いつかない

→自分は何に興味があるのかを把握し、それに関する英語表現を身につけよう
→ネイティブが興味ありそうなことは何か?日本のこと、日本文化のこと、英語で説明できますか?

英語が苦手な親の絵本の読み聞かせ

もしあなたにお子様がいるなら音読の代わりに読み聞かせはいいリフレッシュとなります。

子ども向けながら、意外と知らない英単語もあり勉強になります。

しかし、子どもにぜひ自分の声で英語の絵本の読み聞かせをしたいけど、実は英語が苦手。子供用の絵本を買ってチャレンジしたものの、予想以上に難しくてスラスラ読めない。

棒読みになってしまうし、意味もいまいちわからない。子供も退屈そうだ・・・。しかも一冊もまともに読めたためしがない。

英語の絵本といってもさまざまです。1,2歳向けのものは、文字数も少なく簡単ですが、ネイティブの5,6歳以上向けとなると、大人でも英語が得意でない限りいきなりスラスラと感情をこめて読むのは難しいです。

英語が苦手であるなら、以下の方法で子供と一緒に英語力を伸ばすつもりで挑戦するのがいいと思います

  1. 文字数が少なく、絵がきれいな赤ちゃん用のものから挑戦(英語への苦手意識を軽減)
  2. 少し長めのもので、ストーリーを楽しみたい場合はCDつきのものを使う(英語の音対策)。それでも最初は1ページに2,3行のものをおすすめします。
  3. 昔話など日本語の本もあるものを選ぶ(英語を英語のまま理解するのを助ける。自分があらかじめ知っている内容ならすんなり入り込みやすい)
  4. 文章が長い場合は登場人物のセリフのみ読むというのもアリです。かえってその方が退屈しない場合もあります。

いきなりお手本なしのものを、自分で読もうとしてもうまくいきません。

CDつきでなければ、ネイティブに読んでもらってリズムや感情のこめ方を覚えるのもいいですし、英語の得意な知り合いがいればその人に頼んでお手本になってもらうのもいいでしょう。

英語のリズムがまったくわからない人がいきなり挑戦するのは無理なので、英語独特のリズム、イントネーションをある程度身につけ、あとは親御さんオリジナルでいいと思います。

少々ヘタでも構わないので子どもと一緒に楽しめる、英語を好きになってもらうのが目的と考え、自分がラクに発音できる部分からでもいいのでとにかく楽しむことが大切です。

英語学習を続けるために必要なのことは?

今まで何度も英語、英会話をマスターしようとしても途中で続けられなくてやめてしまったという経験はありませんか?

では、そもそもなんで続かないのでしょうか?続けるために必要なものって何なのでしょうか?

まず、続かない原因として以下のものがあげられます。

1、英語学習が楽しくない

2、効果を実感できない

3、どんな順番で何からやっていいかわからない、どのくらいの量が必要かわからない

上記の3点を解決できれば、苦労はしないんです。

どのように解決していけばいいのか、今後書いていきます。

おすすめのオンライン英会話比較ランキングはこちら ⇒