大人になってからの英語勉強は国語力が大事

大人になってからの英語勉強は国語力が大事

⏳この記事は 2 で読めます。


英語を大人になってから学ぶのには国語力も必要だということをご存じでしたか?今回は、大人になってからの英語勉強は国語力が大事ということをご紹介します。

国語力・母語の能力も英語マスターには必要不可欠

必要なのは国語力

子供が自分で文法ルールを探りながら英語をマスターするより、大人が文法ルールを頭で理解し、実際に使いながらマスターするほうが早いということからも、国語力、すなわち論理的に理解して自分で説明できる力が外国語を学ぶ上で非常に重要であるということがわかります。

英語の文章やある程度の長さのあるスピーチなどは、あらかじめ決めてあるアウトラインに沿って作られています。

英語というものは要点をまず最初に持ってきて、それを裏付ける事柄や具体例などの細かいところを後にもってくるのです。

大きいことを言った後、小さいことを言う。

長い文章になるといくつもの段落から成り立っていますが、作者の伝えたいことはひとつの段落にひとつのみです。

このことを知っているのと知らないのでは英語の上達にも差が出てくるし、知っているだけよりも自分でも論理的に説明できるか、このルールに沿った文章を日本語でもいいから書けるかがポイントになるのではないでしょうか。

英語はそのままの理解ではなく応用が大事

私の経験ですが、中学、高校時、英語を読むときは書いてあることをそのまま理解するのみでした。

つまり、一文一文を理解しながら読むのですが、「ここはいちばんだいじなところだな」とか、「この部分は要点をサポートする付属的な部分だな」とか、文章の構造を分析することがなかったのです。

外国語も母国語能力も努力すれば伸びる。

英語が好きで毎日練習し、外国人とも話ができる。

いろいろなフレーズを覚え、言い換え練習もし、おしゃべりなら問題なくできる。

ここまでできていればあと一歩、単なるおしゃべりの枠を超えて論理的にまとまった話や、準備すればプレゼンテーションだってでき、大統領の演説内容を聞いた後、自分の言葉で要約できる。

英語は論理の言語

英語は論理の言語だとよく言われます。

きちんと筋道があって、それに沿って文章が作られています。

まず母国語の部分でそれを理解することが必要です。

英語を一生懸命やるのはいいことですが、どんなに英語力を上げても自分が持っている母国語力を超えることはありません。

英語力を上げようと思ったらそれ以上に母国語力をつけなければなりません。

雑誌などで、海外経験のないビジネスマンがTOEIC900点を取ったなどと載っていますが、これはまさに彼らの高い母国語力が役に立っている証拠だと思います。

英語学習の目的は?

社会人になると新聞を読み、お客さんに製品の説明をしたり、会社でプレゼンをする必要も出てきます。

これらのことによって母国語力、論理力が鍛えられ、比較的早く英語も身につくのだと思います。

英語で何を伝えたいのか、単なるおしゃべりの域で実力が止まってしまってもいいのかを考えないといけません。

まとめ

今回は英語学習についておはなししました。みなさんも是非今回の記事を参考にしていただければと思います。