シャドーイングで英会話力を鍛える


⏳この記事は 1 で読めます。


みなさんの英語学習ではシャドーイングを取り入れていますか?

今回は英語学習にシャドーイングをすべきであるという事についてお話をします。

シャドーイングで英語が上達する!

英会話を学習しようと思い立ち、教材を書店などで購入することがあるかと思います。

最近の英会話の書籍には必ずといっていいほどCDが付属しており、教材の中で使われている文章を実際のネイティブの方の発音で聞くことが出来ます。

しかし、ただ単に聞いているだけでは、なかなか英会話は上達していきません。

特にスピーキングに関しては聞くだけで上達させるのは不可能だと言えます。実際に自分でも発音出来るようにならなければ、
スピーキングはおろかリスニングも上達しないのです。

そもそも自分が発音出来なければ、聞くこともしゃべることも出来ないのですから。

そこで、リスニングとスピーキングの両面から鍛える方法として、シャドーイングと呼ばれる方法があります。

CDから聞こえたとおりに、影のように音声の後から発音しながらついていくというものです。相手のスピードにしたがって、発音をマネることで、正確な発音を口を使って理解することが出来るとともに、英会話のリズムを感じることも出来るのです。

英会話・英語はリズムが大事

日本語はあまりリズムを意識しないと思いますが、英語はリズムが大事です。日本語は母音をしっかり発音し、一言ひとこと重みがあります。英語はリズムで言えば裏があり、流れるように聞こえます。

日本人にとっては英語のリズム感覚を養うことは難しいですが、シャドーイングを繰り返すことで英語感覚を養うことができます。

まとめ

今回は英語はリズムが大事である、そして英語の感覚を養うためにはシャドーイングが有効であるという事を説明しました。

シャドーイングをされていない方は騙されたと思って実践してみてください!きっと英会話力が伸びるはずですよ!