学校の授業だけでは英会話のマスターは難しい!?

「子供に英会話ができるようになってもらいたい」
もし、そう願っているのであれば、結論から申しまして現在の日本の教育では難しいと思えます。
なぜ、日本の教育では英会話能力が伸びないのでしょうか?
実際に日本では英語を話せる人は少ないの現実です・・・

そこで本記事では「日本の英語教育」にフォーカスをあててお話したいと思います。

英語と学校での授業

英語の授業といえば、テストで何点とれるか、とイメージされる方が大半です。学校での授業では点数だけ、また他に指導を受ける場所を設け、そこで会話を身につける、というような時間のかかる方法に懸念を示す方が多い中で、英語の授業方法を変えようとする取り組みも活発化しているようです。しかし現状、まずテスト方式をやめて会話を重視する、ということにはならないと思います。

また英会話、という目的に沿った授業時間を設ける、という方もいます。これだと会話も聞く力もつくのでは、というシンプルな発想ですが、テストが無いとしても、中にはテスト重視で考える子供もいる、という意見もあります。

英語の授業、語学というよりは、英語の学力、という名前のほうが一致する、このような状況では、やはり子供のうちから家庭内で英語環境を充実させるほうが理にかなっています。あまり興味を示せないテキストよりも、テレビやDVDなどで英語を聞くほうが、確実性はかなり高いと思います。

テストの点数ばかりを意識

日本の英語教育は、リスニングはあまり重要視せず、文法の方ばかり力をいれています。結局頭でっかちになり、必要である時にはほとんど英語がでてこない。

実際に英会話能力が入試で問われる事もないので、英会話能力が伸びないのも仕方がないのかもしれませんね。

日本人の英語への苦手意識

人の苦手意識の中で多いのが英語です。英語は必須だ、と言われてもなかなか会話の意味が通らない、となるといつまで経っても、というのが定石です。

中学校から試験を受けるようになりますが、大学受験が控えている、という目標を持つ方が多くいます。入学試験が目的であれば、リスニングよりも読み書きに重点を置きますが、実際に100点とれる方よりも、70点程度の方のほうがすんなりとスピーキングとリスニングに入れるといわれています。

もちろん英語は読み書きも大切ですが、会話ができないから悩んでいる、という方が大半です。英語はテキストでしかなく、テキストがなければただの空気でしかありません。

やはり、歳を重ねてから英語のギャップを感じない為にも子供時代から少しでも英語に触れることが大事になります。

子供をオンライン英会話を受けさせるのも手

高い費用を払って海外留学しなくても語学は学べる、という方は増えているようです。キンドルで洋書を読んだり、海外ドラマや映画などを見る、またitunesを使用して海外の大学の授業を無料で視聴したり、また会話分野では格安のフィリピン英会話が利用できます。

よく海外では日本人がいないからこそ身に付けやすい、などと言われますが、海外でも日本語を話す人が増えているのが現実です。これらの方法でそれなりの英語力を身に付けることができた、という方も多くいます。

海外留学をしても、大学のカリキュラムにただ従っていればいい、ということではなく、結局は自分の行動がモノをいう、ともよく言われます。また環境がそぐわない、食事が喉を通らないとしたら、やはり無駄で終わってしまいます。

海外留学にも様々な世界があります。行く前に価値を決めることは難しいものです。運に左右される部分が多くありますので、目的にかならずかなう海外留学と決め付けるのはやはり問題です。

おすすめのオンライン英会話比較ランキングはこちら ⇒

まとめ:学校の授業だけでは英会話のマスターは難しい!?

いかがでしたか?本記事では、日本の英語教育にフォーカスをあてて、授業で英会話が上達するのかについて話しました。もし、本格的に英会話を学ばせたい場合は、学校の授業以外を検討してみることをおすすめします。