リスニング力を鍛える為には音読が大事

リスニングに苦手意識があることで、英会話に集中できないなんてことはありませんか?

そもそも英語が聞き取れなかったら会話にならないんだから当然でしょ、、、」と思いますよね。

でも、コツさえつかめば相手が話をしている時に、緊張しながら聴いていなくても解決できます。

リスニングでは完璧主義にならない!

リスニングでまず捨てるべき心理は、何より「完璧に聞き取ろう!」とする強迫観念を捨てる、ということです。

リスニングはゼロからスタートさせて少しずつ向上させていく、くらいに気軽にユル~く考えることがコツなのです。

すべての英単語を必死にひろうよりも、聞き取れた英単語で話の中身を推測することをしてみましょう。

わかったふりはよくない!とはいうけど、会話です。いちいちわからない時に質問していいのは英語学校の先生くらいでしょう。

根本的な意味がわからないのなら聞くべきですが、もう一回言ってくださいという前に、要はこういうこと?と聞くくらいの姿勢を持っておくことが必要です。

わかる単語を拾って推測してみる

外国人の方と英語で話をしていてすべての単語が聞き取れなくても、聞き取れた英単語で話の中身を推測することは可能です。

英語でイマジネーションをフル活用するようなイメージです。

この推測をする英語力を磨くことで、リスニング力って格段にアップするんです。

リスニングアップには音読一択!!

英語の勉強で基礎英語を身体に染み込ませるためには、ひたすら繰り返し英語のトレーニングを積むことが欠かせません。

なかでも音読、つまり英語を声に出して言ってみることが非常に重要なことなのです。

頻繁に目にしたり耳にしたり、会話に使ったり英語の接触頻度を上げていくことで実感として英語をつかめるようになるのです。

音読は口の筋トレ!!

音読は英語を声に出して言ってみることです。それも繰り返しリピートすることで身体が英語の語調、リズムに慣れていくわけです。

リピートしながら英語を音読する効果は、身体で覚える英語を体得できることなんです。

潜在意識に組み込まれた記憶は普段意識されないにしても、深く脳に記憶されるものです。

音読で英語を一度、二度しただけでは、潜在意識に英語を刷り込むことができません。ひたすら何回か繰り返すことで、潜在意識に英語がインプットされていくわけです。

英語回路の作り方①

潜在意識に英語回路を作るには、地道なトレーニングが必要です。

まずは、音読用に簡単な英会話テキストを用意してください。

ネイティブが話しているCD付のものを選びます。なるべく基礎的な英単語が網羅されているものだとさらに良いでしょう。

ただし、試験のための英単語集や参考書は避けてください。試験に特化した実用性に欠ける英語であることが大変多いためです。

英語回路の作り方②

音読用に用意した英会話テキストをまずは繰り返して2~3回音読してみます。次に付属のCDを聞いてどのように発音されているのか注意深く聞いていきます。

ネイティブが言ったとおりのイントネーション、発音で聞きながら今度は同じようにマネてみるのです。

こうすることで耳と口の両方が鍛えられ、より早く英会話をマスターすることができるようになります。

英語回路の作り方③

英語回路はリピートして英語テキストを音読することから始まり、ネイティブのマネをして発音していくことで作られていきます。

何度も英語を繰り返して体験することで、日本語でいちいち考えずに英語を英語のまま使えるようになるのです。

「急がば回れ」は英語回路を作っていく場合においても有効な考え方なんですね。

英語は「勉強」ではなく「トレーニング」

英語は“勉強”しないと身につかない。その通りで全く何もやらないでペラペラ英語が話せるようになるわけがありません。

ただし、受験時の英語の“勉強”とは異なります。勉強というよりも“トレーニング”、訓練です。

英語は同じ動作を繰り返し、自分の身体に覚え込ませる作業で身についていくものなんです。

初めて自転車に乗れた時のことを思い出してみてください。「こぎ方」を考えながら自転車に乗る人っていないでしょう?

英語をマスターすることは、スポーツを習ったり自転車をこげるようになった時と同じ要領なんです。

何度も繰り返して【行動】してみることで、自然と身体に馴染むようになっていく、それはトレーニングでしたよね!

トレーニングを重ねると、英語でいえば確実に言葉に対する反射神経が高まっていきます。

ただし、トレーニングなのでやり過ぎには英語もご注意です。