海外留学をしなくても十分に英語力は身につけられる

オンライン英会話お役立ち情報

英語上達のために外国に住む必要はない!

私たち日本人が、大人になってから外国に何年か住んでいるだけで自然に英語が上達するのか。

実際は、ある程度勉強をすれば可能であり、よほど日本人に囲まれていない限りは日常生活に不自由しない英語力はほとんどの人が身につけることができると思います。

実体験をするということは外国語習得に大変効果があります。

しかし、残念ながら実体験だけでは上達にはつながりません。上達してきた人は実体験を通して「英語の使い方」を学んでいるのです。

特にコミュニケーションに不自由なころは、単語の意味や慣用表現の使い方、ネイティブのスピードなどある程度のレベルになるまでは『ああ、なるほど、こういう風に使うのか』と学んでいるのです。

なので、自分がコミュニケーションに不自由しないくらいの英語力が身につけばそれで十分やっていけるので、満足してしまい、そこでレベルは止まってしまう。多くはこんな感じだそうです。

また、英語がわからない日本人から見ると「英語ペラペラだね!さすが!」と思われるので、自分の英語には問題ないと思ってしまいがちです。

外国に何年も住んでいると「英語がわかったつもり」になりがちで、相手の言ったことに対して、間違った解釈をしている場合もあります。

また、自分でも間違った使い方をしていても、どうにか通じてしまうのでそのまま直らないこともあるようです。

逆に言えば、日本に住んでいても心がけ次第で英語の実力をつけることができます。

今は日本でも、わざわざ海外に行かなくても同等の環境を作れるようになってきています。

どちらの場合でも、今より一段階レベルを上げようとすれば、問題点を把握し、意識して正しい使い方を学ばなければいけません。

英語の発音のマスターは、英会話する上で最優先事項!!

大人になってから、英語の発音をマスターするには努力が必要です。

耳が日本語用に特化した状態なので、英語特有の音やリズムは「意識しないと入ってこない」のです。

はじめは、カタカナ英語で話すのは悪いことではありません。なまりはどの国の人にもあります。その人が何を言っているのか、大事なのは会話の内容です。

しかし、カタカナ英語のままでは伝わりにくいですし、相手も自分もストレスとなってしまうこともあるでしょう。

相手が配慮してくれる場合は大丈夫ですが、慣れるまでは会話で疲れさせてしまいます。

特に、日本人の英語ははリズムが平坦なのと、子音が弱くて母音が強い傾向があるため、クリアに聞こえず、なんかモゴモゴしている感じです。

ネイティブのように完璧でなくてもいいのですが、発音練習をするのなら、やっぱりお手本そっくりにできるようモノマネ感覚で練習する方が良いでしょう。

ネイティブは、私達が想像する以上に息を使って英語を話しています。

何か話す時は腹式呼吸です。そして子音を強く発音しています。大事な単語を強く、そうでないところは聞こえるか聞こえないかくらい弱く発音しています。

効果がある練習法に自分の声を録音してみる方法があります。ほとんどの人はやりたがらないでしょうが、改善点が見えるので効果てきめんです。

英会話は文章をすべて正しく翻訳することではない

英語を日本語に訳すことについてですが、結論をいうと、「英語を英語のまま理解できているなら必要ない」でしょう。

この能力が求められるのは翻訳や通訳をする方です。

コミュニケーション能力をつけたくて学習しているのなら、きれいに翻訳することを目的にするのは違います。

英語が話されたその瞬間から、何のことを言っているのか即座に理解しなければ会話のスピードに追いつけません。しゃべり終わるのを待ってから日本語に訳して、なんてことはできるでしょうか。

最初に聞いた内容からどんどん忘れてしまい、何も理解できないまま終わってしまうと思います。

英語を英語のまま理解するといいましたが、これについては「英語を英語のまま理解できているのか自分でもわからない」という場合もあり、日本語に訳してみる事で、自分が理解できているのかどうかを確認するという目的なら、必要かと思います。

英語を理解するというのは、英語の単語ごとをそのまま一語一句日本語に訳すことではありません。

「相手の考えを、理解しようとする」ということです。

ですから、その「考え」を自分は理解したんだということを日本語で、できればかたくるしい書き言葉などではなく、友達に話す時のような、方言がまざってもいいので、他人が理解できるようなわかりやすい言葉で説明できることができればいいのです。

理解の順番ですが、「英語で理解」するのが先です。

英語で理解してから、日本語で説明するのです。

英語を理解していない状態で、先に日本語に訳し、「ああ、こういう意味だったのか」とやるのは順番としては逆です。

先に日本語に訳すことをしていては、いつまでたっても英語を英語のまま理解することが困難です。

「でも日本語に訳さないとさっぱりわからない」という人もいるでしょう。

そういう人でも「Good morning」と聞いて、いちいち「ん?いい朝?ああ、おはようって言っているのか。」などと解釈する人はいないのではないでしょうか?

「Good morning」は「Good morning」として理解できる人がほとんどだと思います。

「おはよう」という日本語でさえこの場合は、わざわざ意味を考える必要ないですよね。

「Good morning」 に関しては、頭を使うことなく英語のまましっかり理解していると思います。

ということは、他の英語も同じように英語のまま理解できるようにすればいいのです。

慣れていないと「日本語でワンクッション置かないとどうしても理解できない」という人もいるかと思います。最初はそれでもいいんです。

日本語訳が必要なら英文とその日本語のイメージを思い浮かべながら練習します。大事なのはこの状態で練習をやめてはいけないということです。

さらに、同じもので繰り返すのですが、今度は日本語訳を徐々に頭の外へ追いやり、そのかわりに「イメージ」や「映像」を思い浮かべ、英語を練習するのです。

何度も何度も繰り返し練習するのです。

そうするうちに、日本語訳が必要なくなっていることに気づくと思います。つまり、英語を英語のままイメージできるようになっています。

最初は短い文から。長い文は意味ごとに区切りながら。

すぐに身につくことではないので、日々の生活の中で毎日少しでもいいので取り組んでみてください。

おすすめのオンライン英会話比較ランキングはこちら ⇒