なぜ、日本人は英語の知識があるのに喋れないのか!?

なぜ、日本人は英語の知識があるのに喋れないのか!?

「英語がとっさに出てこない!」「英語の知識はあるのに・・・」

私は、今でもよくこういう思いをします。あとで調べると、こんな簡単に返せたのか。。。

と、悔しい思いをよくしています。この悔しさを繰り返しながら、英語力は伸びていくのですが。

しかし、英語を何年も勉強していても、あとで調べると簡単に感じるような英語でもなぜとっさに出てこないのか。

それは、私(たち)が英語に対する誤った認識を持ったままでいるからだと、あるとき気がつきました。

英語の知識に頼り、「正しい英語!」にとらわれてしまっている・・・

いざ、英語を使う場面に遭遇した時、とっさに言葉が出てこないのは「英語の知識」にかたよりすぎているところに原因があります。

たとえば、下記の例題のような受験英語でイディオムの一部を(   )にして、当てはまる英単語を選ばせる問題があります。

例題:I have to look (          ) my niece while her parents are at work.
(a) into (b) for (c) after (d) around

このような試験対策用に身につけた豊富な英語の知識が、逆に英語を話すときにかえって邪魔になって、英語がとっさに出てこない一因になってしまっていると思います。

たとえばですが、海外旅行先でホテルまでの道のりを現地の人に聞こうとした時に、

「Could you tell me ~?」が丁寧な言い方だったっけ?

「Can you tell me ~?」では失礼なんだっけ?

と英語を話す出だしから、気になってつまづいてしまったことはありませんか?

さらにこまかくいうと、

「ホテルには「a」をつけるのか「the」どっちだっけ?」

こんなことが、ぐるぐると頭で回ってしまっていたことが私もよくありました。

これまで、学校の授業やテストなどで蓄積してきた英語の知識の断片が、走馬灯のように頭の中をかけめぐり、結局言葉につまってしまい、英語がスムーズに話せなくなってしまいます。

このように、相手あっての英会話中ですら、つねに「正しい英語の知識」をひっぱり出すことに意識がいってしまう習慣を、多くの日本人は持ってしまっているのではと思います。

英語の知識だけでは英語は喋れない?

知識に頼った日本式の学習方法では英語は自然と話せるようにはならないと断言できます。いわば、日本の学習方法はペーパー対策。英語の知識を蓄えただけでは実践の会話ではうまくいきません。

オンライン英会話などの英語の知識をアウトプットできる場を設けることで、英語が喋れないから喋れるにかえることができます。

英語が喋れないから喋れるに!

英語の知識があるのに日本人は英語が喋れない方が多くいらっしゃいますが、答えを文字に起こすとたいていの方が知っている単語であることに気づくはずです。

単語は知っているのに、それをうまく活用できないのです。ですので、実際には英語の知識があるのに日本人は喋れないのでなく、活用の仕方を覚えていないという事になります。

英語の知識はあるのだから、活用の仕方を覚えれば実は英語は喋れる

たいていの日本人は英語の知識はあるので、活用方法を覚えれば実は英語は喋れるようになります。反射的に英語で話すことは難しいでしょうが、それは慣れです。

リスニングに関しては多くの方があまり触れる機会がなかったので正直難しいとは思います。

しかし、スピーキングに関して、相手に何かを伝えるという事は意外とできたりするものなので、是非オンライン英会話を利用して実感していただければと思います。