英会話は中学生3年生レベルの知識で十分?

「英語(英会話)は全然できない。」

「英語は全然話せない・・・。自己紹介くらいならなんとか・・・」

こんなことをあなたも一度は言ったことがありませんか?中学、高校、大学と6年以上習ったのに英語ができない。結果「自分は英語は苦手だ。

はじめからこういった英語に対する苦手意識はありませんか?

私もそんな一人でした。でも、私は海外に住んでいるときに感じました。これは日本の英語教育に問題だと。もしくは日本人の性質の問題かなと。

カンタンな英会話は中学3年生の教科書レベルで十分!

(あなたは”使える英語のストック”と聞いてどのようなものを思い浮かべますか?)

将来仕事で活かすために英語力を上げたい!

今、英会話ができないのはボキャブラリーが足りないからだと、英語が話せる前提条件としての語彙を、むやみやたらと増やしていけばいいというものではありません。

一番はじめに必要なのは「日常的に繰り返して使われる英語」だけです。

日常繰り返し使われる英語」とは、あらゆるシチュエーションで使用頻度の高い単語やフレーズ、構文(文法?)のことを指しています。

それこそ、家族との会話からスーパーでの買い物、職場の同僚との雑談など、日常で共通して使われる英語なのです。

日々繰り返して使われる英語なので、当然むずかしいわけではありません。

日常繰り返し使われる英語」のめやすは、中学3年生の教科書の途中までくらいだと思います。

一読して、だいたいの意味がつかめるような内容なので、特にむずかしい英語ではなく、単語も複雑な構文も使われないものです。

むしろ、カンタンすぎないか?と思えるくらいなレベルです。

英語を英語のまま理解するレベルを身につけるまでには時間がかかる

しかし、そのカンタンすぎないか?と思える文章でも、英会話になると急に出てこなくなってしまいます。

私も会話中に言いたいことがどういったらいいんだろうと英語が出てこなくなり、あとで調べてみると、なんでこんなカンタンな文章も出てこなかったのかといつも悔しくなります。

読んだときにはカンタンにみえる英語の文章を、実際の英会話で日本語に組み立てなおすことなく口からすぐに出てくる、もしくは理解することができるようになれば、それは英語を英語のまま理解するというレベルの領域に近づいていくことになるのです。

ちなみに、はじめのうちは日本語になおしてしまうものですので気にせずにいきましょう!

英語の基礎を徹底的に学ぶ

英会話を上達させたいのなら、受験のために勉強したようなむずかしい英語はすべて忘れてもかまいません。

英会話の基礎は、算数でいえば、「足し算」「引き算」「掛け算」「割り算」のようなレベルに当たるものです。

日常の英会話の大部分は、こうした頭で考えるぶんには決してむずかしくない英語で成り立っているのです。

頭で考えるぶんには決してむずかしくない英語である英会話の基礎部分の英語が使いこなすことができれば、カンタンな英会話であればまず困ることはありません。

反対に言えば、英会話の基礎部分が染み込んでいなければ、英会話はいつまでたってもできるようにはならないわけです。

英会話をマスターするためには、受験英語のような複雑なものではなく、基礎がどれだけ頭に入っているかがとても重要です。

基礎があれば基礎以外が存在します。これは英語の勉強においても同じことです。

英会話基礎以外である英語は、はじめのうちは逆にいえば捨ててもいい、つまり、英語を話すことに対して手放しても全く問題ないということになります。

ここに該当するのが受験英語のようなむずかしい英語だったのです。

むずかしい英語は、英会話には全く必要ありません。シンプルに伝わることが1番大切なことです。

英語に対する意識を変える

英語の勉強は机の上でやるだけのものではありません。

英語学習を続けていくには、あせらず楽しみながら英語にふれてリラックスした状態で何度も繰り返してみることです。

お散歩やソファに横たわったり、お風呂でくつろぎながら今の気分を英語でどう言えるのかを気軽に考えてみたり。

見えたものを英語でなんというか考えてみたり。

わからなければ、今では翻訳アプリなどもあるので気軽にスマホで調べることもできます。

英会話力をつけるには、英語を繰り返して使う環境を自分でつくり、どんどん使ってみることでより磨かれていきます。

まずはカンタンな文法、単語などを使いながら正しさにこだわらずに伝わることを意識して取り組んでみましょう。

おすすめのオンライン英会話比較ランキングはこちら ⇒