英語教材を選ぶときの4つのポイント

オンライン英会話お役立ち情報

⏳この記事は 2 で読めます。


英語教材を使う目的を明確にする

英語教材を購入する目的は英語の勉強をするためですが、さらに具体的に目的を落とし込んでいくと「音読するために必要な英語教材」ということができると思います。

ただ英語力を上達させたい、というなんとなくな目的ではなく、もっと深く目的を絞り込んでいくことが大切なことです。

そのうえで、総合力として、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング、語彙力向上、TOEIC・TOEFLスコアアップなど、英語の勉強の「真の目的」に合わせた英語教材を選ぶようにしましょう。

英語教材を選ぶ時のポイント①

まず、一番簡単に入手できる英語教材が書店で売られている英語関連の書籍です。

お手ごろな値段で、良質な英語教材を手に入れようと思ったら、まずは書店へ向かってあらゆる英語学習に関する書籍を立ち読みしてみましょう。

ポイントは、すぐには買わないということです。

簡単なものから、1冊ずつ確実にこなしていくことが目的であるはずなので、十分に吟味して決めることが大切です。

英語教材を選ぶ時のポイント②

英語の音声が付いている、CD付きのものを選ぶことです。今では、スマホアプリをダウンロードして、使えるものがあるのでそういったものを選ぶようにします。

英語の自主トレーニングは、ネイティブスピーカーなどが話す英語をマネて音読することが欠かせません。

ですから、音声が付いていない書籍ははじめから選ぶべきではないです。音声付きの英語教材としての書籍を選ぶことは必須です。

英語教材を選ぶ時のポイント③

英語学習の書籍を選ぶ時のポイントは、音声付きのものを選ぶことが重要ですが、さらに簡単すぎると思えるくらいのものから始めることが、音読をするうえで最大のポイントです。

むずかしい英語にやりがいを求めてはいけません。カンタンに読める英文でも、じゅうぶん知っている英単語であっても、英会話となるとほとんど口に出せないことが多いからです。

具体的には、書籍に書かれている例文を読んで判断しましょう。7割くらいが理解できて「このくらいなら気軽に取り組めそう」と思える英文ばかりであれば大丈夫です。

英語教材を選ぶ時のポイント④

4つ目のポイントは、薄めの英語学習書を選ぶことです。

内容の薄さとは全く関係がありません。ボリュームのある英語書籍はお得感がありますが、途中で挫折する可能性が大きいです。

英語学習のやる気を持続させ、1冊を仕上げた後の達成感が得られるボリュームをまずは選ぶようにします。達成感を得ることで、もっともっとと欲が出てくるようになったらしめたものです。

英語学習書で英語の自主トレ

書店で売っている英語関連書籍は、あくまで英語の自主トレーニング用に使うものです。

歌を覚える時のように、何回か口に出して言ってみることでカラダに英語を覚えさせるために使います。英語の音読をする目的は、丸暗記ではなく、あくまで「英語の感覚を身につけるため」です。

カンタンすぎる!と思うくらいの英語教材を使うことで、理屈を考えずにむじゃきに子どものように繰り返し音読することができます。

スキルを獲得する際の効果や能力を一番発揮する方法は、気軽にむじゃきに子どものようなメンタリティを持って取り組むことなのです。

おすすめのオンライン英会話比較ランキングはこちら ⇒