英語学習書で英語の自主トレをすることが英語上達のコツ

英語を上達させる為には自主トレが非常に重要です。オンライン英会話をしているだけ、英語教室に通っているだけでは上達させる為に、非常に時間がかかってしまいます。

自主トレを重ねることで少しずつ英語は覚えていきますので、是非今回の記事を参考にしていただいて、お家での英語学習の種にしていただければと思います。

英語学習書で英語の自主トレ

書店で売っている英語関連書籍は、あくまで英語の自主トレーニング用に使うものです。

歌を覚える時のように、何回か口に出して言ってみることでカラダに英語を覚えさせるために使います。英語の音読をする目的は、丸暗記ではなく、あくまで「英語の感覚を身につけるため」です。

カンタンすぎる!と思うくらいの英語教材を使うことで、理屈を考えずにむじゃきに子どものように繰り返し音読することができます。

スキルを獲得する際の効果や能力を一番発揮する方法は、気軽にむじゃきに子どものようなメンタリティを持って取り組むことなのです。

英語は反復練習

英語は使わないとすぐに忘れてしまいます。一度流し見しただけでは確実に英語は自分のものになりません。ですので、英語を何度も反復練習し、忘れないように記憶させる必要があります。

口にだして英語学習をする

口をだすことによって、自分の頭で考え、自らの音をきくことができます。中には自分が話している声を録音をして第三者からどう発音が聞こえているかを確認する方もいらっしゃいます。

英語の丸暗記ではなく活用できるようにする

英語の丸暗記では全く同じ表現しかできません。ひとつの単語を勉強、ひとつの熟語を勉強したら、他の言い回しはできないかを確認することをおすすめします。

WHY?、HOW COME?のように、レパートリーを増やすことで英会話も単調なものでなくなっていきます。

また、言い方ひとつで伝わり方も変わりますので、そういったところも、音声で確認するとよいでしょう。

まとめ

今回は自主トレが重要であることをお話しました。言語の習得は非常に時間がかかります。少しで諦めずに少しずつ英語をマスターするという気持ちで勉強にのぞむようにしましょう。

おすすめのオンライン英会話比較ランキングはこちら ⇒