日本の英語教育はダメ!その理由とは?

日本の英語教育では、話せるような英語、すなわち海外に行った際にも役立つ英会話はできるようになりません。できるようにならないと断言してしまいしたが、実際に、英語を話せる方はどれくらいいますでしょうか?

大抵、海外旅行に行った際に、自分がしたいことを伝えられない方がほとんどではないでしょうか?

そこで本記事では、「日本の英語教育がダメな理由」についてお話します。

日本の英語教育は書き言葉中心だから英語を話せない。

学校で学んだ英語は、基本的に「書き言葉」が中心になっています。

つまり、「文字としての英語」です。

メールや手紙など文字として使う英語と、電話や雑談など音声として口から発する英語とは必ずしもイコールではありません。

ある英文を読んでみて、関係代名詞の使い方がわかったとします。日本語訳がなくてもだいたいの意味はつかめる文章です。

しかし、いかに「文字として」よくある英文を目にしたとしても、これが実際の英会話で口にできるかどうかは、またべつの話です。

会話中とっさに、関係代名詞を使いこなすことができるか否か?これが英会話において本当に重要なことでしょうか?

英文を読んで、主語と述語を判断して文脈を読んでいく。受験のときに、暗記した英単語などをつかって理解はできる。

しかし、読んで理解ができる文も、実際の英会話で使いこなすにはかなり難しさを感じるものです。とっさに思い浮かばない英単語でコミュニケーションが可能でしょうか?

日本語でも同じことが言えますが、書き言葉の世界でごく一般的な英語が、話し言葉の世界では一般的ではないことがよくあります。

まず、書き言葉は話し言葉よりもむずかしくて複雑です。

メールや手紙の文章のように、何度も確認して、正しく直してということができる英語は、英会話ではそうそう使わないような複雑すぎる英語表現や英単語がよく使われたりします。

これまで、コミュニケーションとしての英会話に適さない「英語の勉強」に力を入れてきたのです。

日本の英語教育を変えなければ英語の授業は時間の無駄?

結局日本の英語教育で英語をまともに話せる人というのはいないわけですから、その大抵の時間が無駄と言っても過言ではありません。

日本にいながらも英会話ができる人は、留学にいっていたことがある、英会話教室に通っていたなどです。日本の英語教育を本当に役立つほうに力を入れたほうがいいのではないかとおもっています。

まとめ:日本の英語教育はダメ!その理由とは?

いかがでした?今回は日本の英語教育はダメだという事をお話しました。きっとこの記事をご覧になっている方のほとんどが同意してもらえたのではないでしょうか?

もし、英会話をマスターしたいという方は、オンライン英会話をおすすめします。