日本の英語教育は何の為にあるのか?間違った英語教育

日本の学校で英語を学んできたが、ほとんど英語が喋れない。
書く事はできるが、話すことができない。
こういった方が日本では大半ではないでしょうか?
このような状況なので、日本の英語教育は間違っていると言わざるを得ません。

なぜ日本の英語教育は間違っているのか?

そもそも言語はコミュニケーションを取るためのもの、それなのに数年勉強しても英会話ができずにコミュニケーションができない。こんな状況はおかしくないでしょうか?

学校で習った英語の大部分は、「読み書き」中心の英語

日本では、高校受験や大学受験といった試験のための科目としての英語となっています。

そのため、学校の授業にしろ、塾や予備校の講義にしろ、どれだけ複雑な英文を理解できるか、難しい単語を知っているかにおもきが置かれているのはある意味しかたのないかもしれません。

受験のための英語は、「選別して落とすため」という試験の性質があるため、重箱の隅をつつくような問題が多く出題されます。

それが合否を左右したりするのですから、日常生活ではほぼ使わないであろう無駄に難しすぎるマニアックすぎる英語の勉強という側面もあったわけです。

科目としての英語や、日常で使わないような学問的すぎる英語のほとんどは、会話でのコミュニケーションの場合にはあまり使われません。

↑ここが日本の英語教育が間違っている点です!

コミュニケーションのための英語では、まったく使わないような英文法や英単語をいくら覚えたとしても、実践の場では「読み書き」中心ではありませんので、実践英会話になりづらかったのです。

「読み書き」中心の英語を必死に勉強した結果、無駄に複雑すぎる英語の知識にかたよってしまい、受験やテストのおかげで「正しすぎる英語」に意識が持っていかれるようになっていたのです。

英会話とは「読み書き」のことではなく、「聞く話す英語」のことです。

言語はコミュニケーションの道具

言葉は、コミュニケーションのための道具です。それ以上でも、それ以下でもありません。

私たち多くの日本人は、会話に一番大切なことである、「相手の話を聞き理解し、相手に自分の意思を伝える」英語を話す術を習ってこなかったのです。

あれほど学校や塾、予備校などで勉強してきた英語がいっこうに話せない理由は「読み書き」中心の英語学習であったことです。

受験や試験に受かることが一番の目標になり、必死になって英語の知識をためこめばためこむほど「話せる英語」状態からどんどん遠ざかっていったのは、当然なことだったと言えるのです。

最後に

いかがでしたか?英語の知識をため込むのは素晴らしいことですし、それ自体は無駄ではありません。
ただ、その知識の使い方、すなわち会話に活かすための方法を知ればいいのです。

私たち、日本人が日本語が話せるようになったのはどうしてですか?

失敗しながら、たくさん口から発していたからです。知識は使ってこそ身になることを、すでに私たちは小さい頃から実践していたのです。

日本の英語教育は間違ってはいますが、そこで得た知識は活用し、オンライン英会話などで口にだして学習してみては?

おすすめのオンライン英会話比較ランキングはこちら ⇒