無駄な時間は過ごしたくない!英語学習を始めるための具体的な目標設定方法

オンライン英会話お役立ち情報

飛躍的に英語力を伸ばすためには、明確な目標設定が不可欠です。

しかし、とりあえずただ目標を立てればいいというわけではありません。目標の設定の仕方にもコツがあります。

ここでは、どのように目標設定をすればいいのかを説明していきます。

英語学習で迷いをなくすための目標設定のコツ

英語学習で特に大切なことは継続です。日々の小さな積み重ねが必ず結果としてかえってきます。

心が折れて英語学習を途中でやめてしまったことはありませんか?

そんなモチベーション低下を防ぐために目標設定は役立ちます。よく言われることですが、明確な目標があるのとないのとでは、その後の踏ん張りに大きな違いがでてくるものです。

そこで、目標の立て方にもコツがあります。さっそく見ていきましょう。

目標の立て方のコツ①:数値化をする

目標はできるだけ数値化しましょう。

仕事で英語を活かせるようにする。

英語を物怖じせずに話せるようになる。

こういった目標では、達成しているのかしていないのか、どこまで達成しているのかがつかめません。

そこで、英語はTOEICや英検などの試験によって客観的な指標が持てます。

とにかく英語ができるようになる」を「TOEICで600点を超える」などのように数値化することにより、自分の目標の達成度が明確となります。

目標の立て方のコツ②:期限を設定する

目標は期限つきでなければあまり意味がありません。

人間は、「自分がこうなりたい」というものがあっても、いつまでにやるのかということが決まっていないかぎりは、なかなか行動を起こせないものです。

逆に、行動を起こしてしまえば、その目標は半分達成できたも同然ということになります。

また、期限を設定することは目標達成までのすすみ具合をはかる尺度としても重要な役割となります。期限を設定することで現時点で予定より進んでいるのか、遅れているのかが把握できるようになるのです。

目標の立て方のコツ③:「目標の先にあるもの」を明確にする

目標を明確化するうえで大事なことは、「目標の先にあるもの」を意識することです。

別の言い方をすれば、「今、本当にしなければならないのか?」を明確にするということです。

英語の勉強にしろ、何にしろ何かを本気ではじめるからには、それ以降しばらくは時間的、金銭的投資が必要となります。

少なくとも人生の中の貴重な時間を犠牲にして自分の将来に投資するわけです。チャレンジをはじめる前に、自分の人生にとってそれが本当に必要かどうかを十分考えてみてください。

実は自分にとって英語の勉強よりも他にやるべきことがあるかもしれません。他人にとって必要なことでも、あなたの人生にとってはムダなことかも知れません。

ただ「TOEIC600点突破」などという目標では、長続きしづらいでしょう。

残念ながら、人間は自分がすべきと思うことをやり続けられるほど意思が強くできていないのです。

あと5キロやせるべきだといっても、目の前のおいしそうなごはんやビールを我慢できる人は少ないです。私も、一杯くらいなら、、、となった経験はありすぎるほどです。笑

まず「英語を使ってなにをしたいのか?」という「目標の先にあるもの」が必要です。

英語ができるようになって、

「昇進したい」

「年収アップのために外資系で働きたい」

「海外出張がしたい」

「異文化の人たちと一緒に働きたい」

「外国人の彼女・彼氏をつくりたい」

といったものが例としてあげられるでしょう。

ちなみに私は「異文化の人たちと一緒にサッカーをしたい」が目標の先にあるものでした。

ここでも、

「○○の件で○月×日から行く海外出張に自分も行きたい」

「○○課長というポストにいついつまでにつきたい」

「外国人の○○さんと会話がしたい」

というように、より具体的な目標の方がその目標達成へのモチベーションは高まります。

目標の立て方のコツ④:細かいステップに分ける

ふつうは一気に最終目標に達成できる人はいません。それが大きな目標であればあるほどです。

最終目標を決めた後、それに至るまでの小さい目標を決めましょう。

たとえば、3ヶ月ごとに受けるTOEICで100点アップすることを目標とする、などもいいでしょう。

10メートルの高さを1回のジャンプで飛ぶことはできないけど、一段ずつでも階段を登っていけばなんてことはない。

ということです。

目標の立て方のコツ⑤:目標を紙に書いて、いつでも見えるようにする

自分の目標を文字にすることは、目標達成のために、カンタンかつ絶大な効果があります。

そして、それをトイレの壁に貼る、手帳に書き込んでいつも持ち歩く、などして目標を決めた後も常に意識することが重要です。

目標の立て方のコツ⑥:身近な人に宣言をする

目標が決まったら、できるだけたくさんの人にその目標を言ってしまいましょう。

これは心理学の用語で言うところろの「パブリック・コミットメント」と呼ばれるものです。これは想像以上に強力に作用します。

人間はなによりも自分のプライドを重要視する傾向があると言われています。

誰しも「うそつき」呼ばわりされたくないのです。

自分の周囲の人間に知れ渡ってしまったら、是が非でもこの目標を達成しようと思うようになるでしょう。

ここまで来ると、目標の立て方のコツは、別に英語だけに限られないことにお気づきでしょう。

ここでご紹介した方法はすべての分野に応用できるものばかりです。ぜひ参考にしてみてください。

おすすめのオンライン英会話比較ランキングはこちら ⇒