英語初心者がはじめに心がける3つのポイント

オンライン英会話お役立ち情報

⏳この記事は 22 で読めます。


まず、はじめに意識して取り組むべきことは以下の3つです。

  1. 発音
  2. リスニング
  3. 文法

それでは、それぞれを詳しく見ていきましょう。

Contents

英語初心者が正しい発音を身につける時のポイント

英会話に必要なリスニング力を高めるためには、発音の習得は欠かせません。

しかし、きれいな発音ができなければいけないのか? というとそうでもありません。まずは、正しい発音を習得するのと並行して、積極的にアウトプットしていくことが大切です。

発音は、いくら頭では理解していても口に出してみるとはじめはうまくできません。

なぜなら、英語には日本人が使わない口や舌の動きがあるためです。

言語は、体を使って習得するスキルです。いくら知識を詰め込んだところで、実際に使わなければ自然と使いこなせるようになりません。

たとえば、スポーツでも知識だけあっても結果は出ません。筋トレをしたり、正しいフォームを身につけたりと体を動かしていくことでフィードバックが得られます。

ですので、英語も実際に口を動かしながら、試行錯誤して少しずつ身につけていきましょう。

英会話はキレイな発音にこだわりすぎない

いざ、英語で話すときに、ネイティブみたいにキレイな発音でないと話していてはずかしいのでは、とどうしても気になってしまうことがあると思います。

英語には、日本語にはない発音や発することのない無声音までありますが、「キレイな発音で英語が話せないとはずかしい・・・」なんて思う必要はないです。

発音はカタカナ英語でも伝わる

極端な話、英語はカタカナ読みでも伝わります。

身近に英語が話せる友達がいたら、発音を気にするよりも通じているか、通じていないのかを確認してみてください。

伝わらなければ、そこではじめて正しい発音を意識して改善していけばいいだけです。

発音よりもアクセントを意識する

英語の発音を、ネイティブのようにカッコよくできるようになりたいと憧れますよね。

しかし、ネイティブに通じる英語は正しく発音することだけではないのです。

アクセント、つまり発音の強弱を単語の中のどこにつけるかもとても大切になります。

はっきり言ってしまえば、はじめはカタカナ英語でも問題ありません。カタカナ発音でも通じるのですから、ネイティブのように話そうなんてわざわざ意識する必要はありません。

ジャパニーズイングリッシュの発音でOK!

英語の発音をよく考えてみると、それは日本語で言うところのなまりのようなものなんです。

大阪弁だから日本語がわからない、なんてことはありません。よく上品な英語としてブリティッシュ英語が話題にされることもありますが、東京の日本語だろうと大阪の日本語だろうと、しっかり日本語でコミュニケーションできますよね。

すると、発音の呪縛から解放されると思います。

英会話の発音とリスニング力の上達のためにも気にしすぎない

英語の発音は、はじめのうちは気にしすぎる必要はありません。よくLとRの発音がむずかしいから、「正しい発音をしないとはずかしい思いをするよ!」と聞いたことがありませんか?

たとえば、rice(お米)とlice(シラミ)。

「お米を食べたいなー」と話した時、つまりeatを使って英文を作った場合、誰が「シラミを食べたい」と言っていると思いますか? 食べ物の話をしているのに、この二つを取り違える人はまずいません。

発音が多少わるくても「文脈」からでも理解してくれる

会話には必ず「文脈」があります。さらに、単語は話の流れの中に存在するものです。もっと相手の理解力を信用してみると、英語を話すこわさから離れることができます。

万が一、間違えられても言い方を少し変えてみたり、他にもっとシンプルに言えるものがないかと考えてみる方が、よっぽど力になります。

英語の勉強をしていくうえで、「通じるか、通じかないか」を優先して考えてみてください。

ですので、発音と同じくらいアクセントを意識することも大切です。極端な話、アクセントが合っていれば、発音がかなり悪かったとしても、英語が通じてしまうのです。

学校で習った英語は、発音の方に重点がおかれていたと思いますが、実際の生きた英会話の中では、どこを強く言うかということも重要です。

英会話のコツ!発音はアクセントを気をつけて!

ちょっとくらい大げさなアクセントで英語を言ってみると、あっけなく通じてしまうものです。

ネイティブが英語を聞き分けて意味をつかもうとする場合、彼らは英語の発音を聞いているわけではないのです。英語の音の強弱によって、言葉の大部分を理解しようとしているのです。

ですから、ネイティブのような発音で話そうなんて思わないで、とにかく英語で伝えるんだ! という意気込みでしっかりと強弱をつけて話してみることをおすすめします。

発音は確かに重要ですが、英語の発音の強弱もとても大切になります。

英語初心者の英会話でのリスニング恐怖克服方法

自分が英語を話すのはさておき、英会話においてはリスニング力の方が問題だと思っていませんか?

「何を言っているのかさっぱりわからない」
「会話のスピードについていけない」
「単語をつなげられると、途端にわからなくなる・・」

そもそも、日本人が外国語である英語を聞き取れないことは、最初は仕方のないことです。

英語初心者が完璧にすべてを聞き取る必要はない

リスニングができないコンプレックスにおとしいれるのは、聞き取りテストで正確に聞き取ろうとするクセがついているからなのです。

英会話はテストではありませんので、点数をつけられることはありません。

勉強科目としての英語という発想を捨てて、英語は日本語と同じ言葉のひとつにすぎないことを認識して、リスニングができずに聞き取れなくて当たり前と開き直り、恥ずかしがらないようにしていくことも大切なことなのです。

英語はリスニング力も発音も気長に取り組めばいい

英語を聞き取れなくて当たり前という開き直りは、実はとてもメンタル的に重要なことです。

この発想はリスニングだけでなく、英語を話すときも同じです。外国語だから話せなくて当たり前、英会話そのものが「できなくて当たり前」。

いつまでたっても英語が話せない、聞き取れるようにならない、そんな自分に嫌気がさして英語の勉強に自信を持てなくなってしまう・・・。しかし、英語はすぐにマスターできるものではないと理解しなくてはいけません。

英語を身につけるためには、気長に続けることが実は一番の近道です。

発音もリスニング力強化も諦めないこと

なかなか上達しなくても、「だって母国語じゃないし!」と思えれば、気楽に英語の勉強をやっていくことができます。

そうすると、不思議と逆に素直に英語が耳に入ってくるものなんです。できなくて当たり前、という発想を持つことで苦手意識を取りのぞき、楽しく継続していくことが重要です。

英語は発音よりもどんどん聞き返し、慣れること

英会話は、勉強としての科目の英語のように一方通行なコミュニケーションではありません。

聞き取りテストでは、誰かが話していることを一方的に受け身で聞いていくわけです。それは相手の英語レベルに、こちらが合わせていることになります。

しかし、会話はコミュニケーション手段のひとつで一方通行のものではありません。

話す以上、英会話をする時には必ず相手がいます。相手が話して、こちらがただジッと聞いているものではありません。それでは会話が成り立ちません。わからなければ何を言っているのか、聞き返してみればいいのです。

スピードについていけないならば、もっとゆっくり英語を話してくださいとお願いすればいいのです。

つまり、聞き返すための英語を覚えておくことは、英語の勉強において非常に大切なステップなのです。

英語が聞き取れなくて当たり前だから、リラックスして英語と向き合っていく。さらに、聞き返す英語を覚えておく。

次に重要なのは、「自分の英会話レベルがどの程度なのか相手にみせて、それに合わせてもらう」ことです。日常英会話は、学校の試験ではありません。

相手に合わせてもらう英会話方法

英会話の実力が30点であるなら、30点とわかってもらう必要があるのです。

60点のフリをすることが一番恥ずかしいことであり、自分の首を絞めることになるからです。最初の段階で、自分の英語の実力を相手に示すことで、相手はこちらのレベルに合わせてくれます。そうでない場合もありますが。笑

大人が子供に話すときと同じです。

バカにしたり、冷たく接する外国人も中にはいますが、国境を越えた「親切心」を信じてみることも英語の勉強においてはとても大切なメンタリティーだと思います。

「Sorry?」

相手に自分の英語レベルを理解してもらうときに、使う英語表現です。私は、今でも聞き取れない時はすぐに「Sorry?」と聞いてしまいます。

学校ではわからない時は、「Pardon?」と教わりましたが、私がオーストラリアにいる時も、あまり聞いたことはありません。

なので基本的にカジュアルな会話あれば、「Sorry?」と聞き返します。

相手の言っていることを、無理に1回で理解しようとする必要はありません。聞き取れなかったら、何度でも聞き返してみればいいのです。わかったふりをしてしまいがちですが、勇気をしぼって聞くと、相手もわかりやすい表現に変えたりしてくれるので、とても勉強になります。

「Can you speak more slowly please?」

英会話をしていてわからなかったら「Sorry ?」で聞き返す。

さらに、早口で何を言っているのかわからないなーと感じたら、もう少しゆっくり話をしてくださいと英語で言ってみるのです。

うえで書いたのは、英文法にしたがった英語ですが、

「Please speak more slowly.」とカンタンにいってしまっても問題ありません。

この英語フレーズを使うことで、相手は一語一語区切ってはっきりと発音してくれるようになります。単語がつながって違うものに聞こえている場合も、この英語フレーズを使うことでたいていは聞き取れるように話してもらえます。

「Can you write it down?」

英語を聞き返してもわからない。ゆっくり言ってもらってもわからない。ここであきらめたらダメです。

どうしても知らない英単語や英語表現を使っている場合は、話していることを紙に書いてもらえばいいのです。

「Please write it down.」とこちらもカンタンに言いかえてしまってもいいです。

知らない単語ならどういう意味か説明してもらい、その貴重な経験から覚えることは印象に深く残るため記憶しやすくなります。

リスニングに、筆談を使うのは決して邪道ではありません。英会話で一番大切なことは伝わることです。そこが試験とは、ちがう点です。

英会話はコミュニケーション手段のひとつでしかない

わからなければ聞き返したり、ゆっくり話してもらったり、可能であれば紙に書いてもらってもいいわけです。筆談やジェスチャー、写真や地図などを見せるなどして、相手と意思の疎通をする手段はいくらでもあります。

まずは英語を教えてもらうこと、こちらから意思の疎通をしたいと思っている気持ちを伝えることが大切です。

英語でコミュニケーションするには、あらゆる手段を使っていいこと、そういうことも含めて英会話なのだと意識を変えてみてください。

ブロークン英語でも伝える気持ちを優先する

英語学習の中でリスニングにおける発音はアクセントが最も重要で、それさえできていれば発音が多少ブロークンでも相手には十分通じます。

このことは、聞き取る側にまわっても同じことなんです。rice と lice、right と light、she と see、sea、を取り違えることはありません。

なぜなら、単語の意味を英語の文脈から判断するからです。

発音に神経質になるばかり、文脈から意図していることを読み取ろうとする意識がうすまってしまうことの方が問題です。とにかく言えることは、まずは、気にしなくていい! ということです。

英語の音の変化に慣れる

英会話をしていて聞き取りが難しい場合は、英単語同士がつながって発音されるときが多かったりします。

単語自体は決してむずかしくはないのに、全くちがう英単語であるかのように聞こえて認識してしまうことです。

本来発音されるべき音が、他の音とつながって変わってしまうパターンもあります。ネイティブならではのアレンジとして、発音されているだけなので、このように話すことが正しい英語なのではなく、あくまで言いやすいからという理由であることをお忘れなく。

日本人も、「体育」を「たいいく」ではなく、「たいく」と言っているようなものだと考えてください。

ネイティブでない日本人が、英語発音における音の変化に対応できるようになるためには、慣れだけです。

たとえば、最初は「Get up = ゲットアップ」と言っていても、やがては自然と「ゲラップ」と言うようになります。

言やすさから音は形を変えていく、という言葉の持っている性質をよく覚えておいてください。むずかしい法則や英文法などは、そのあとづけにすぎません。

音の変化に反応できるまでの流れは、

慣れてくる → どうにか聞き取れるようになる → 自分でも言えるようになる

といったパターンです。「聞き取れなかったらどうしよう?」という会話をする前の心配は無用です。

リスニングのコツ!音よりも内容を掴む!

「英語が聞き取れる」とは、すべての英語の発音が聞き取れる、つまり「音がすべてひろえる」ことではないのです。

1語も、もれなく聞き取る「聞き取りテスト」のイメージを持っているかぎり、英語をマスターするまでには膨大な時間がかかってしまいます。英語でコミュニケーションすることが英会話です。重要なのは、相手が何を話しているのか、その内容を掴むことが最も重要なことです。リスニング力と発音も大事ですが、内容を意識して英会話をしましょう。

文脈や会話の流れから推測する能力

リスニング力を上げるためには英語のすべてを聞き取ろうとしないことです。すべての音を、もらさず聞こうと神経質になるよりも、話の流れや文脈を捉えることに全神経を集中させることです。

結局、リスニング力とは英会話の推測力です。全部の英単語を聞き取ろうとすると、英語が母国語ではないので到底ムリですし、疲れてしまいます。

相手の話している内容を想像力をふくらませながら、聞き取れた英単語で中身を推測することも必要なことなんです。推測する力があれば、聞き取れた単語が半分くらいしかなくても、だいたいの内容はつかめるものです。

リスニング力は集中力をいかに保てるか

英語のリスニング力を養うことを考える場合、日本語に置きかえてみるとすんなり理解できることが多いです。

たとえば、日本語で会話する時に一字一句聞こうとはしていないはずです。それよりも、話の流れ、文脈の中で要点を把握しようとしています。

これは、英語においてもおなじことです。リスニングにおいて、使うのは耳よりもむしろ集中力と言ってもいいくらいです。

また、リスニング力を養うための推測力をよりわかりやすく説明すると、アタリをつける英語といえます。

英会話では文脈から推測する

英語で話す会話においても文脈が必ずあります。駅で外国人に声をかけられれば、たいてい切符の買い方か乗り換え方法、いきたい場所に行く方法を知りたいとある程度は推測できます。

その時々の状況に応じて、聞き取れた英単語から推測、つまりイメージしていく力を養うことは決してむずかしいことではありません。

細かいことは気にせずに、リラックスしながらイメージ力をアップしていく!このように心がけるだけで、リスニング力は3割もアップするものなので、推測力を鍛えていってみてください。

英会話で一番大切な開き直り力

英会話を上達させるためには、とにかくブロークン英語でもいいいから相手と話してみることが基本姿勢です。

今、知っている英単語をもとに多少英文法がメチャクチャでもかまいません。

発音もこまかいものまで気にせずに、英語を話す目的である相手とコミュニケーションをとることに気を配ってみてください。英語を話す前に逃げ出してしまうことが一番残念なことです。

失敗をどんどん重ねている自分を、褒められるようにしていくといいです。

とにかく英語でを口からだしましょう!!

リスニング力も発音も失敗の積み重ね

経験が増えれば増えるほど、英語の勘どころを知らず知らずのうちにつかめるようになります。

基本姿勢は「失敗して当然」

恥ずかしくなったり、黙ってしまいそうになったら自分はまだ英語では赤ちゃんなのだと開き直っていいのです。

日常英会話の英文法は中学校レベルでOK

日常英会話で関係代名詞を無理に使う必要なし!

TOEICスコアを上げるために、英語学習を始めるあなたの最終的な目標は何でしょうか?

TOEIC600点、700点と点数をとって終わりではないですよね。もちろん、昇進や昇給、海外出張のためなどのように具体的な目的はあるかもしれません。

しかし、英語を学び目指すべき最終目標は、英語でコミュニケーションを不自由なくとれるようになることだと思います。

もちろん、日常英会話から、ビジネスにおいての英会話と幅は広いですが、まず目指すべきは日常会話レベルで不自由なくコミュニケーションをとれるようになることと考えてください。

日常会話の延長線上に、ビジネスレベルの英語があります。

日本語でも、わざわざビジネス用の会話を学ばないですよね。日本語同様、ビジネスに適した言葉があるのは事実ですが、それは日常会話ができてから必要に応じて身につけていけばいいです。

では、日常会話レベルの英語を身につけるためには、なにが必要なのか。

日常英会話レベルでは、どの程度のレベルの文法や単語を学べばいいのでしょうか。

日常英会話に高校レベルの英語は必要ない

日常英会話で必要な知識は、中学3年生の教科書の途中までで問題ありません。

つまり、中学3年生の教科書後半部分からそれ以降の高校で使った教科書にのっていたことは、ひとまず置いておいてください。

正直、日常英会話ではあまり使われない部分なので必要ありません。

よく使われる言葉というのは、やさしい英文法や英単語で成り立っていますので基礎英語で十分です。

日常英会話で関係代名詞を無理に使う必要なし!

関係代名詞は、2つの文を1つにつなぐための英文法です。

できるかぎり、ムダをはぶきスマートに文をととのえるものです。しかし、実際の会話ではスマートさにこだわる必要はありません。

たとえば、「彼のかぶっている帽子は、彼には大きすぎるね」といいたい時に、

「He is wearing a hat which is too big for him.」

これが、関係代名詞でつないだ英文です。

このように文で見ると、スマートに見えるかもしれませんが、実際の会話で関係代名詞をいちいち使う必要はないです。

では、会話ではどのようにするかというと、下のようになります。

「He is wearing a hat. It is too big for him.」

まどろっこしく見えるかもしれませんが、大げさに表現するとこういった感じです。実際の場面では、かぶっていることがわかっているので、下のようによりカンタンに表現できます。

「His hat is too big (for him).」

英会話にある程度慣れた段階で、関係代名詞を使って話してみるのはいいですが、はじめは単純に分けてしまっていいです。

このくらいカンタンにすれば、頭でいちいち関係代名詞を使って「whoを使うんだっけ?」「thatでいいのかな・・・」と考えなくても英文がスムーズに出てくるようになります。

これは、聞く方にとっても理解しやすいことになるので、結果的には相手にとってもわかりやすい英語になるのです。

英会話では情報量をしぼりこむ

英語を話すときの鉄則は、1つの文章をなるべくすっきりと短くすることなんです。

つまり、情報量をしぼりこむことが大切なんです。英文法で習った関係代名詞を使うとスマートな文章には見えますが、実際に使ってみると複雑な文章になってしまいます。

思ったことを伝えるためには、できるだけシンプルな英語表現を心がけましょう。

言えたらいいだろうなー、程度の英語表現は日常英会話ではとりあえず覚えるべき最低限の項目からはずしておきましょう。

言い換え可能な文法

日常英会話は中学3年生の教科書の途中までで十分なのですが、その中にも、特に必要のない英文法があります。

たとえば、いわゆる受動態、受身の表現と言われるもの。受動態というのは、次のような文章のことです。

「The room is cleaned everyday.」

単純に訳すと、「部屋は、いつもそうじされています」ということですが、これは次のようにふつうの文章で表現することができます。

「We clean the room everyday.」

主語が変わっただけで内容は全く同じことです。

むしろ、シンプルでわかりやすいです。受動態は日本語とすこしちがう使い方をすることがあります。

たとえば、上の例であげたような主語が部屋などの場合です。部屋などの名詞をわざわざ主語に持ってくると、会話の主人公がいったい誰なのか明確にはなりません。いちいち文の後ろで、誰によってそうじされたのか? の「誰」を付け加える必要があるのでムダに長くなってしまいます

ふつうの文で言えることは、わざわざ受動態にする必要はないです。シンプルな英会話は物事を伝えやすくします。

分詞構文においても、同じことが言えます。中学生の時に英語の授業で習った「分詞」は高校では「分詞構文」という形で再度習います。

たとえば、「Waiting for her , I saw ~」など、いわゆる「副詞句」というものは、日常英会話ではまず使うことはありません。

飛んでいる鳥なら「flying bird」で済みますし、名詞を修飾するシンプルな使い方を覚えておけばいいのです。

その他、不定詞、比較など高度な英語が高校で出てきましたが、必要なのは中学レベルのカンタンな英語で十分です。カンタンな英語を徹底的に使いこなせることが、英会話習得の近道です!

英語の基本5文型で覚えておくべきもの

英語の文には、大きく分けて5つの型があると教わりました。

第一文型:S+V
第二文型:S+V+C
第三文型:S+V+O
第四文型:S+V+O+O
第五文型:S+V+O+CS:主語、V:述語、O:目的語、C:補語

この中で、日常英会話で使うのは 「第三文型のS+V+O 」の形です。

こまかく言えば、「第三文型+付け足し 」です。このパターンを、完全に覚えておけばたいていの英会話が成り立ちます。

第三文型が核!

日常英会話では、第三文型が核となります。

第四文型や第五文型は【S+V+O+付け足し 】の形になっています。付け足しのところに、目的語がくるか補語がくるかという違いだけです。

第一文型は動詞が単独で意味を成し、この種の動詞は数が少ないため英会話のバリエーションが少ないんです。

第二文型も、状態をあらわす英単語がうしろにくる動詞が少ないため英会話のバリエーションに欠けます。

つまり、この2つの文型は比較的早く覚えられるということです。一方、第三文型のように、動詞の後に目的語がくるパターンは無限といえるほどあり、しかも非常に日常英会話で使われます。

ですので、日常英会話は第三文型をどれだけモノにできるかが勝負です。

動詞のあとに、目的語がくるパターンは無数にあり、まずは「 S+V+O」の形をしっかりと脳にインプットしてください。これさえちゃんと自分のものになっていれば、あとは第三文型のバリエーションアップを目指します。

もうひとつ、付け足しとして目的語がこようが補語がこようが、付け足しにすぎないわけです。

まずは、主語→動詞→目的語(→付け足し)の流れで英文を組み立てる英語トレーニングをしてください。音読で実際に口にして言ってみることで、感覚的に理解できるようになっていきます。

中学英語でつまづく「冠詞」

中学英語で習う冠詞は、英語の勉強で最初につまづく点だと言われています。

冠詞には不定冠詞の「a(an)」と定冠詞の「the」があります。正直いうと、どっちでもいいです。笑

ネイティブが使っている冠詞は明確な決まりごとがなく、口調によって左右されることが多いからです。また、イギリス英語とアメリカ英語でも違いがあったりします。極端な話、人によって違うのが「冠詞」の使い方なのです。

ということで、はじめは冠詞は適当でOKです。

三単元のS

「三単元のS」を中学時代に英語の授業で教わったことがあると思います。

三人称で単数、現在形のときは動詞にも「S」がつくルールです。

どのような場合に「S」をつけたらいいのか。

男1人、女1人の場合に「S」がつく。

こう覚えておくとわかりやすいです。「He」「She」、あるいは名前「マイケル」「トム」なんでもいいわけです。

人の名前が主語のときだけ「S」がつくということです。

もちろん、人でないものにも「S」がつく場合もありますが例外だと思ってください。三人称とか、単数とか抽象的な言葉で覚えてしまうからややこしいのです。単純に、男性か女性かどちらか1人の時だけ「S」がつくと覚えましょう。

英語の4つの助動詞をマスターしよう

英会話において助動詞は、動詞の前において動詞の意味をおぎなうものです。

動詞にさまざまな意味をくわえてくれる、いわば動詞のアシスタント役です。助動詞で覚えておくべきなのはたったの4つです。

can
must
should
may

この4つだけでも、日常英会話がさらにレベルアップします。

助動詞① can

ご存知の通り「~できる」という可能の意味で使われる英単語です。

他の意味として、「~してもよい」「~でありうる」と習ったかもしれませんが、ひとまず忘れてください。笑

「~できる」という意味で使われることが多いので、まずはシンプルに覚えておきましょう。

助動詞② must

「must」は非常に強いニュアンスを持つ英単語です。

「~しなければならない」という義務や命令を表す助動詞です。「それはマストだね」と日本語でも使われるくらいなので覚えているのではないでしょうか。

また、「~にちがいない」という推量の意味もあります。

ですから、日常英会話においては命令の意味で使うと、ニュアンス的には強いので気をつける必要があります。どのような場合に使うのかを考えてから、英単語は覚えていってください。

助動詞③ should

「should」は「~すべきだ」という義務の意味を持っている言葉で、ネイティブが多用する助動詞です。

日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、日常英会話では非常によく使われる言葉です。「must」にくらべて柔らかいニュアンスになりますので、相手の行動をうながしたい場合などにこの「should」を使ってみましょう。

助動詞④ may

「may」は「~してもいい」という許可と、「~かもしれない」という推量の2つの意味を持つ英単語です。

「can」を柔らかくしたものと覚えておいてください。「May I ~ing?」という決まった形で使われます。「Would you ~?」や「Shall I ~?」もありますがこれらはいずれも「Please ~」や「Let’s ~」で表現することが可能です。

いくら丁寧語を覚えようと思ったとしても、丁寧さとは話し手の雰囲気で決まるものですので、言葉だけで伝わるものではないのです。

言語はコミュニケーション手段のひとつです。言葉に神経質になるよりも、表情や声の大きさなどで自分の気持ちを表現する姿勢が大切です。

日常英会話では、いかにシンプルにできるかを追求する

何度も言いましたように、英語学習においてとても大切なことは、

「とにかくシンプルに!」ということです。

これは英文法だけにかぎったことではありません。

英単語一つをとっても、誰もが知っているカンタンなものを使いこなせれば、英会話は成り立つわけです。英語表現にしても、シンプルな方が間違いが少なく、相手にとっても自分自身にとっても理解しやすくなるからです。

「よりカンタンに表現できる英語はないかな?」

こう考えるクセをつけていくことが非常に重要なことです。

また、1つの文はできるかぎり短くする! ことです。

日本語でも、長々と文章をつないでいくと、どうしても文章自体が複雑になり伝わりづらくなってしまいます。

これは、英語の文章や英会話においても同じことです。

1つの英文をできるかぎり短くするコツは、伝えたい情報を1つに絞り込むことです。

関係代名詞や分詞構文は必要ありません。

英会話は、まさに「Simple is Best」です。