学校教育の英語は無駄!生の英語に触れて英語力UP!

オンライン英会話お役立ち情報

英語力、英会話力が伸び悩む人にとって、学校教育の英語、受験の英語の呪縛から解き放たれる必要があります。

当たり前のようですが、「読み書き」の英語と「聞く話す」英語はちがいます。ペーパーテストなどで、いくら高得点をとったからといって英会話ができるようになるわけではありませんよね。

学校教育の英語では、基本的には読み書きが中心です。それが悪いというわけではありません。学校教育の環境を考えれば、仕方のないことですが、そのおかげで多くの日本人が英語ができないと思い込んでしまうのです。

一番の問題は、点数を取るための英語の知識にかたよってしまっていることです。その結果、正しい英語でないと点数がもらえません。それが、英語の苦手意識にもつながっていると思います。

まずは、英語の勉強法というよりも意識改革が必要となってきます。

英語=勉強

という意識を1度リセットしてください。今までの英語学習への取り組み方を変えていく必要があります。

英語力はテストの点数では測れない

学校教育では、英語は数学や国語、社会などとならぶ試験科目のひとつです。

将来のことを考えて、大学や短大へ進学する人はまだまだ多いですよね。そこでは英語は、落とすための英語であり、試験に合格すための英語の勉強をしていることになります。

よっぽど英語が好きではないかぎり、希望の大学など進学を叶えるために、ガマンして努力と気合いで続けてきた試験に受かるための英語学習。

本当に英会話を身につけたいのであれば、試験のための英語から卒業しなければいけません。

試験に受かるための英語学習ではなく楽しく学ぶ

受験勉強としての英語をやってきたあなたは、テスト科目としてのいい点数を取るための英語を身につけてきました。

そのため、「英語とは勉強するもの」という意識がすっかり頭に染みついてしまっているのではないでしょうか。

結果として、英語の勉強は苦しいもの、つらいもの、つまらないものになってしまうのです。

こうなってしまった原因である「英語=テスト科目」という意識をリセットしなくてはいけません。

英語学習は楽しむもの。英語力は誰かに点数をつけてもらうことではない。

英語のような言語を学ぶことは本来「勉強」ではないのです。

机にかじりついて必死に勉強や暗記するものでもなければ、ペーパーテストで実力を判定されるものでもありません。勉強ではない本来の英語学習はほんとうに楽しいです。

そこでもう一度、英語(外国語)を身につける真の目的を考えてみてください。

「世界中で活躍できる人材になりたい」

「外国人の友人を作り、自分の国にはない知識や文化を吸収することで自分の世界を広げていきたい」

「日本語を話せない人たちと、楽しくコミュニケーションをとりたい」

英語を学ぶ目的をきちんと考えて、できるようになった自分を想像してみることは、とてもワクワクすることです。

きちんと英語の勉強をするための目的がクリアになったら、もう受験用の英語の勉強をする必要はありません。

英会話の学習が、苦痛でしかなかったことから抜け出せます。英語を勉強しなくちゃいけない!という気持ちを捨てる努力をしてみてください。

英会話のレッスンは、勉強ではありません。もちろん、英会話習得に努力は必要ですが、これまでの試験のための英語のように必要以上にガマンしながら気合で学習するものではありません。

本来、言語学習は未知の世界を知ることのできる楽しい世界なのです!

受験用の英語の知識は、リセットしてしまおう!!

本当に使える英語、英会話をものにするためには重要なことがあります。

それは、これまで学校などで習った英語は忘れよう! ということです。習った英語とは読み書き中心の受験用などの英語をさしています。

学校で習った英語は、試験で落とすためのムダにマニアックな英語です。

受験前に、必死になって覚えたむずかしすぎる英語の知識のほとんどが、日常生活で使うことはほぼありません。というよりも、知らなくても問題ないことの方がずっと多いです。

日常会話で使う言葉をよく考えてみてください。仮定法を使ったふくざつな英文を使うことが頻繁にあるでしょうか?試験用に覚えたマニアックな英語の知識を一度リセットすることで、日常英会話がむずかしくないのだと頭が理解していくようになります。

学校教育で習ってきた英語の知識は、実際の英会話になかなか役に立っていないです。

まず、その場に適した文法を考え、文を頭で組み立ててから言葉にするクセが染みついています。それは、相手の言葉を聞くときも同様ではありませんか?

主語や動詞、目的語などと、英会話を分解してから意味を理解しようとするクセです。これは、書き言葉から先に思い浮かべる思考回路ができあがってしまっていることが原因です。

結果として、とっさの反応を必要とする英会話に対処できなくなってしまっています。

学校で習ったふくざつすぎる英語の知識は、実際の英会話では足をひっぱることがほとんどです。しばりつけられていた英語の勉強であるのなら、意識を変えていっそ足を引っ張る英語の知識をなくしてしまった方がいいです。

もちろんなくすといっても、記憶喪失にでもならない限り忘れようと思ってもカンタンには忘れられないでしょう。

ただし、これは意識での話です。

これくらいの意識改革をもって英会話習得にのぞんでいけば、結果はグーーーンと違ってきます。

英語に対する意識改革からはじめる

今まで学校教育で習ってきた英語の勉強を変えるためには、意識改革が重要です。

白紙の気持ちで英会話習得にのぞんでいく。これは今まで習った知識を全部忘れ、捨て去ることではありません。

一度、習った英語をリセットして語学学習に向かう姿勢を見直してみるということです。そうしないかぎり、英会話がなかなか思うように身についていかないのです。

今ある知識に、新しい知識を上書きしてもさらに苦手意識がさらに高まってしまいます

いったん英語に対する意識をリセットすることで、これまで蓄積されてきた英語の知識が活性化していきます。

日本でもリアルな英語にふれられる場所は多い!

学校教育の形による英語学習ではなく、リアルな英語を学ぶためには外で英語を学ぶことをおすすめします。

東京では外国人比率が高いクラブやバーであふれています。平日でも、イングリッシュパブなどへ夜に出かけていくと、そこにはたくさんの外国人が集まってきています。

そこでは、英語で仕事の話をしている人たちはもちろん、女性を口説いたりして、東京の夜をそれぞれ楽しんでいます。

言い方は悪いかもしれませんが、中には日本人女性と遊びたくて来ている外国人もいます。日本人男性でも、それは同じかもしれませんが。。。笑

そのため、女性にとっては有利な環境だとは思いますが、英語の勉強をする目的で話しかけると、お酒も入っているので思いもよらぬほどフレンドリーに英語で話しかけてくれたりします。

自分自身もお酒が入っているため、いつも以上に英語のミスなどを気にせず話している自分がいたりします。

とてもオススメ! とは言えませんが、英語学習の気分転換にはいいです。

さまざまな英語にふれることができるメリット

東京にはさまざまな国から集まった外国人達がいます。今では、アメリカ、イギリスはもちろん、ヨーロッパ、南米、アジア系など多国籍です。

英語が母国語ではない外国人もいるでしょうし、多国籍なのでさまざまな英語を話す人たちと出会える場所なんです。

さまざまな国の人の英語にふれることは、非常に重要なことです。

たとえばですが、アメリカに行きたいからアメリカ英語を学びたいと思ったとしても、アメリカへ行ってアメリカ人とだけと会話をするわけではありませんよね。

これから、英語を使って世界で活躍したいと考えるのであれば、英語を母国語とするネイティブスピーカーの方が少ないので、ネイティブの英語にこだわる必要はありません。

イギリス英語のように品のある英語を習得したい方もいらっしゃると思いますが、品や知性は言葉だけで伝わるものではありません。

まずは実践で、「正しい英語」ではなく、「通じる英語」で話すことが大切です。

東京の夜にくりだして、お酒を力にかえて恥ずかしがらないで多国籍の英語の海の中に飛び込んでみるのもおもしろいものです。

格安英会話スクールに行こう!!笑

英語が話せる友達が言っていたことは、英会話スクールに何十万円もかけて自己投資するなら、東京で格安の英会話スクールを体験できるよ! ということでした。

それは、上でも書いたように外国人が多く集まるクラブやバーです。少しのお酒代と勇気がいりますが、たしかに格安の英会話スクールになりえます。

スクールでない場所では、そもそも人に何かを教えようなんて意識が働きません。

遠い異国から日本へ来て、さびしさを感じている外国人の方や、日本に興味津々な外国人も多くいます。そんな人たちは、「日本人から話しかけられたい」わけです。

ただでさえ、日本人の中で外国人に自分から話しかける人は少数ですので、喜んで話してくれることの方が多いです。

また、日本人の友達や、異性を求めている場合は、こちらの英語レベルに合わせようとしてくれます。思っているよりも意外とハードルは低かったりします。

今では、東京でなくとも外国人が増えていますし、リアルな英語に触れる場所は探せば意外と多くあります。

留学や海外旅行もいいですが、多少のリスクはあるかもしれませんが、格安で学べる英会話スクールと思って、夜の街に出て行ってみるのもたまにはいい刺激になります。

英会話スクールで「ビジネス英語」を学ぼう

日常英会話ができるようになったら、ビジネス英語ができるようになるのかと疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

ビジネスだろうが日常生活だろうが、文法は基本的には同じです。

日常生活では助動詞を使って、ビジネスでは使わないなんてことはありません。ビジネス英語とは、各業種の専門用語を仕事でつかう時にかぎって呼ばれていた単なる名称にすぎません。

英語の勉強は、ベースになる部分は日常生活でもビジネスでも全く同じであることを忘れずに。専門用語は、ベースができてから必要に応じて増やしていけばいいのです。

専門的なビジネス英語を学びたいという方にとっては、格安の英会話スクール、オンライン英会話を利用してみてもいいのではないでしょうか?