英語を英語のまま理解したい!脳に英語の回路を生み出す方法

オンライン英会話お役立ち情報

英語を英語のまま理解する力をつける

脳の中の英語回路、これは「英語を英語のまま理解する力」のことです。

英語学習を始めて間もない人は、この英語回路がまだできていない状態です。

英語をマスターするには、日本語回路とは別のところに英語回路を作らないといけません。

読み書き中心でやってきた人は英語回路がなく、日本語回路で英語を理解しようとしているため英語を英語のままとらえることができません。

脳の中に英語回路ができる」とは、英語を聞いて日本語に翻訳して理解するのではなく、英語のままダイレクトに意味がとれることを意味します。

そして、必要な時に文法ルールを頭に浮かべてから話すのではなく、母国語のように意識することなく正しい言い方が「ポンと出てくる」ということです。

この英語回路はどのように作ることができるのでしょうか?

正解は、聞いて話すトレーニング、特に「聞く」トレーニングで身につけることができます。

コツは意味がわかる英語をまとまった時間聞くこと。大体500~1000時間程で英語回路の基礎ができると言われています。

ひと昔前の日本の英語教育は、読み書き中心で英語回路を鍛えることは困難でした。

ですから、長時間英語を勉強してきた人でも英語理解の基礎となる「脳の中の英語回路」が不十分で、豊富な知識があってもそれを実践で生かすことは難しかったのです。

子どものうちは音声中心に英語にふれ、かたまり表現を身につける。理論ではなく感覚で英語を理解する。

たとえば、「He don’t practice judo.」という文は「なんかしっくりこない」と感じられるかどうか。

大人の場合だと、三単現のSがどうのこうの、となる。

子どもの場合は、今後の英語力の基礎になる英語回路を時間をかけて鍛え、小学校高学年ぐらいからはフォニックスや簡単な読み書きを取り入れる。

大人が学習する場合は音声と文法、英語の論理的展開などを同時進行、必要なところから学習すればいいと思います。

子どもとくらべると音声を聞き取る力が低くなっていますが、英語特有の続けて発音される音やスピードの速い会話を集中的に、自分でも近い音が発音できるように練習すれば「音声」そのものに慣れ、リスニング能力も上がります。

大人の場合は「自然に」英語回路を作るのは困難で、自分で集中してトレーニングすることが必要になってきます。

自分にはまず何が必要か、目標を明確にして、ゴールに向かってピンポイントで攻めることが重要です。

人それぞれ英語学習の目的が違うので、トレーニングの方法や使う教材も異なってきます。

英語回路をつくる具体的な方法

英語回路をつくる代表的なトレーニング方法は、「意味のわかる英語」を多く聴くことです。

意味がわからなければ自分で調べるか、あるいは英語の後に日本語の音声が入っているものでもかまいません。

教材の英語に慣れてきたらシャドーイングやリテンション、スラッシュリーディングといったトレーニングを取り入れるといいでしょう。

教材は自分が必要な内容のもの、難しい語彙が少なく「頭で理解できるもの」を使います。

あくまで「英語回路」を作る「基礎的な」トレーニングです。ある程度レベルが上がったら、他のトレーニング方法も取り入れてさらなる向上を目指しましょう。

英語は「勉強する」ではなく体全体を使ってのトレーニング

毎日少しずつ、コツコツやれば成果が出る・・・。

でも具体的にどれだけやったらどのくらいの成果がでるのか?

先が見えているほうがやる気もでるし、何より挫折しないで続けられるのではないでしょうか?

実は、大人が使える英語を身につけるのに必要な学習時間は「2000時間」といわれています。

自分の言いたいことを表現する。実は中学卒業から高校1,2年程度の文法知識があればさほど困難ではありません。

しかし、いざ使うとなると言葉が出てこない。相手の言っていることが聞き取れない・・・。という方が大半です。

ある程度の文法知識があるのなら、次は「勉強」ではなくそれを使えるようにするための「トレーニング」が必要です。

TOEIC600点を超えたら英語を口に出すのに必要な語彙も文法力もあるのです。

口に出す習慣をつけることで自分の中にある英語が生きてきます。

今まではその「トレーニング」が少なすぎたのです。

これからは英語力を鍛えるトレーニングで使える英語の習得を目指しましょう。

おすすめのオンライン英会話比較ランキングはこちら ⇒