英語学習をする上での悩みをクリアにする

オンライン英会話お役立ち情報

⏳この記事は 7 で読めます。


英語教材を活かすのは自分次第!

巷にはさまざまな英語教材があふれ、自分の実力と目的にかなったものを自由に選ぶことができます。

しかし、教材を買ってちょこちょこっと数回やってそれで終わり、というのでは効果は期待できません。

あれもダメ、これもダメと次々に英語教材のハシゴをしているのではいつまでたっても実力がつきません。教材の効果を、最大限に引き出すのは自分自身です。

「絶対マスターしてやろう!」という強い意志があってこそ、学習を続けることができますし、そういう意思があれば一つの教材でも色々な角度から学習をしてみようと工夫するはず。

どうやれば、本当に力がつくのか、自分自身で考え、粘り強く実行することがもっとも大切です。

人の体験談などを参考にするのはとてもいいことです。しかし、学習するのは自分自身です。体験談と全く同じに行動してもそのとおり全く同じ効果があるわけではありません。

体験談に書いてある方法で、まるで心がともなっていない機械ように英語を、ただ練習しても効果はうすいのです。

体験談を読んで「そうか、ああいうふうにやったからこういう効果があったのか」と納得し、あとは自分自身で「絶対マスターしてやる」と強い意思を持って日々練習することで力がつくのです。

大事なのはやる気と粘り強さです。

決して、ノウハウコレクターになってはいけません。

英語の映画を字幕なしで楽しみたい

英語の映画、洋画にでてくる英語のセリフを理解できない理由ってだいたいこんな感じではないでしょうか。

スピードが速い。発音が不明瞭

ひとつひとつの音をはっきり話しているというより、音がつながったり、人によってはもごもご言ってるので、セリフを文字で見ると理解できるのに、耳で聞くとわからない。

音の問題は攻略したが、学校では習ったことのないような言い回し、表現、スラングなどが多い

単語ひとつひとつは知っている簡単なものが多い。しかし、一つの動詞でもさまざまな意味があり、学校英語のような堅い表現でなく、もっと自然でこなれた表現が使われている。

知らない意味の単語が出てくる

この場合はせっせと語いを増やしましょうと言うしかない。あるいは、見た映画の英語レベルが自分の英語レベルを遥かに超えていて学習には向いていないという場合もあります。

映画を純粋に楽しむ場合は気にしなくていいでしょう。英語を学ぶ目的ならば、自分のレベルにあったものを教材として使うのをおすすめします。

映画には映像があるので、目からも学習することができ、楽にイメージが出来る分、映画を使って身の周りのものの語いを見て覚えるというのも効果があると思います。

背景知識の問題

自分の全く知らない分野、話を聞いて何のことか想像するのが難しい分野は英語を理解するのも大変です。専門的な分野ほどわからなくなります。例えば、歴史をテーマにした映画なら、英語学習とは別に、あらかじめ舞台となった歴史、文化を調べてから見るほうが内容を理解することができます。

映画に出てくる表現の特徴としては特に以下の点を攻略することに焦点を当てた学習法がいいと思います。

・短いセリフ
・簡単でシンプルな表現
・スピードが速い
・スラングもよくでてくる

2種類のリスニング攻略法

●音のスピード、音の変化に対応する

映画によく出てくる表現、しかも日本人が苦手な「変化した音」をまとめて攻略する教材があればいいですね。

対策として、中・上級者向けですが、アルクのヒアリングマラソンがあります。

●映画そのものを題材にする

英語初級者
セリフを確認できる本や教材が必要。文法的にも説明のあるものがいいでしょう。

DVDでも字幕が出るのですが、文法的な解説がないので、解説付きの教材と、DVD、あるいはテレビで放送しているものを録画したものと併用することをおすすめします。

中・上級者
初級者のところで書いたように、セリフが確認できるスクリプトがあればいいですが、ある程度力がついてきたらDVDのみでもOKです。

DVDは英語の字幕も日本語の字幕も出ます。この英語の字幕ですが、「意味は合っている、セリフの真意をついている」のですが、「聞こえてくる英語と全く同じとは限らない」のです。ところどころ、セリフより字幕のほうが短くなっていたりします。

ですから、「ここ聞き取れないけど、字幕みてもなんか微妙に違うし、ほんとは何って言ってんだろう?」ということが起こります。

DVDでの学習は上級者向け、あるいは「音の問題をそんなに気にしない、意味を理解する目的」の人向けです。

スラングについて

スラングについては、知っていると映画の理解が深まります。

しかし、日常生活で使うには不適切で下品な表現も多いので、そこのところを理解しておく必要があるでしょう。

知らないよりは知っているほうが良いとは思います。

しかし、言葉は相手あってのものです。相手が不快になるようなスラングは「かっこいい」、「ネイティブっぽい」などの理由で使うものではないと思います。

大事なポイント!映画をくりかえし見るときに絶対にすべきこと

それは、「セリフを読んで、理解すること」です。

映画を見る前にセリフを読んで理解するのも構いません。一度どこまで理解できるか、最初はなにも見ないでぶっつけで見る、その後セリフを読んで理解するのも構いません。

どちらでもいいので、必ず、自分の読解力で理解できるレベルの英語のもので、わからないところも説明を見たり、辞書で調べるなどして、わかるようにしておくことが大事です。

読んでも意味がわからない英語は、何度聞いてもわかるようにはなりません。読んでわかるようにしておくのが大前提です。そのうえで、何度も何度も見て、セリフを読んで、音が聞き取れないところは何度も聞いて、と繰り返すのです。

最終的に映画を100%すべてかんぺきに理解しなくてもいいんです。80%で上出来です。

ただ、「ココだけは聞き取りたい!」っていうところを狙って、その部分だけでも「読んでわかる」から「音が聞き取れる」そして、「聞いて意味もわかる」状態にするのです。

英語を口に出すのが恥ずかしい

「英語を話せるようになりたい!けど英語を口にするのは恥ずかしい・・・」

「家族の前で、英語の練習なんかかっこ悪くてやってられない・・・」

リピート練習やシャドウイング、効果的だとわかってても「聞いて理解できるし、ま、いっか。スピーキングの練習はまた今度」と口に出しての練習がおっくう、発音も悪いし、人に聞かれるのが恥ずかしいからといって先のばしにしていませんか?

しかし、スピーキングは「自分で声に出す」ことをしないと上達しません。

普段からネイティブと話す機会がある人なら「実践」で伸びますが、多くの場合そんな機会はあまりないのではないでしょうか。

そういう場合は、自分で英語を口に出して練習する機会をつくらないと上達しません。

「実践」に比べて「自分で考えて文を作る意識」は多少ゆるくはなるものの、何度も何度も繰り返すことと、練習方法を工夫することで着実にスピーキング力がつくのです。

では、どうやったらこの「英語を口に出す恥ずかしさ」を克服できるのでしょうか?

2種類のスピーキング対策方法

  1. ひとりで練習できる環境をつくる
  2. 家族の前でも恥ずかしさに負けない「英語に対してのモチベーション」を高める

まず、1のひとりで練習できる環境ですが、ひとり部屋があれば一番いいのですが、家族のいない時間を見計らってその時に一気に練習。自分の車を持っているのなら、人がいない山奥などに行き、車の中で集中して練習する。

このような環境を継続して作り続けるのは難しいかとも思います。

そこで、2の「恥ずかしさに負けないモチベーション」が必要となってくるわけです。

ひとりで練習している声が家族に聞こえたからといって「何だっていうんだ!」という強い気持ちが必要です。

やる気がでるような「エサ」を常に思い浮かべることも重要です。「英語ができればもっと稼げる」「女の子にモテる」「ネットで最新の情報を探しだせるようになるから最先端をいける」など、自分にとってやる気になるようなことを常に意識するのです。

家族に聞かれるのがイヤだから口に出して練習はしない。ずっとそう思ってては、英語をマスターすることなんかできません。

稼ぐために英語をマスターしたいなら、「恥をしのんで、今より稼ぐ能力を身につけること」と「楽をして現状維持をすること」のどちらが自分にとってメリットになるのか考えてみるべきです。

英語を話すカッコイイ自分に憧れるものの、練習をしないのでは永遠の夢で終わってしまいます。いつまでもモテない自分でいいのですか?

何もしない時間が蓄積されるほど、理想の自分は遠ざかります。限りある人生です。家族に恥ずかしい自分をさらけ出したところで何か失うのでしょうか。

何もしない時間にこそ、あなたの可能性がどんどん失われていくのです。

その時間を自分に投資するほうが得なはずです。即行動です。

そのまま「練習したいのに、恥ずかしい」なんて思ってると永遠に欲しいものは手に入りません。

言いたいことがスラスラ話せるようになりたい

英語がスラスラ出てこないといってもその中身はさまざまです。

では、スピーキング力を鍛える方法を紹介します。

ちゃんと話しているつもりでも英語が通じない

→日本人英語のままだと、相手が聞き取りにくい場合もあるようです。通じる発音を身につけましょう。
→日本語の発想で話していませんか?日本語と同じように細かいこと、どうでもいいことを前置きとして話していませんか?英語は大事なことから、シンプルにが鉄則です。

英語がスラスラ出てこない。短い文章を言うにも考え込んでしまって時間がかかる。

→決まり表現を一言で言えるようにする。短い文を言えるように、言い換えの練習で文法も身につけよう

英語で何を話していいかわからない。ネイティブとの話題が思いつかない

→自分は何に興味があるのかを把握し、それに関する英語表現を身につけよう
→ネイティブが興味ありそうなことは何か?日本のこと、日本文化のこと、英語で説明できますか?

英語が苦手な親の絵本の読み聞かせ

もしあなたにお子様がいるなら音読の代わりに読み聞かせはいいリフレッシュとなります。

子ども向けながら、意外と知らない英単語もあり勉強になります。

しかし、子どもにぜひ自分の声で英語の絵本の読み聞かせをしたいけど、実は英語が苦手。子供用の絵本を買ってチャレンジしたものの、予想以上に難しくてスラスラ読めない。

棒読みになってしまうし、意味もいまいちわからない。子供も退屈そうだ・・・。しかも一冊もまともに読めたためしがない。

英語の絵本といってもさまざまです。1,2歳向けのものは、文字数も少なく簡単ですが、ネイティブの5,6歳以上向けとなると、大人でも英語が得意でない限りいきなりスラスラと感情をこめて読むのは難しいです。

英語が苦手であるなら、以下の方法で子供と一緒に英語力を伸ばすつもりで挑戦するのがいいと思います

  1. 文字数が少なく、絵がきれいな赤ちゃん用のものから挑戦(英語への苦手意識を軽減)
  2. 少し長めのもので、ストーリーを楽しみたい場合はCDつきのものを使う(英語の音対策)。それでも最初は1ページに2,3行のものをおすすめします。
  3. 昔話など日本語の本もあるものを選ぶ(英語を英語のまま理解するのを助ける。自分があらかじめ知っている内容ならすんなり入り込みやすい)
  4. 文章が長い場合は登場人物のセリフのみ読むというのもアリです。かえってその方が退屈しない場合もあります。

いきなりお手本なしのものを、自分で読もうとしてもうまくいきません。

CDつきでなければ、ネイティブに読んでもらってリズムや感情のこめ方を覚えるのもいいですし、英語の得意な知り合いがいればその人に頼んでお手本になってもらうのもいいでしょう。

英語のリズムがまったくわからない人がいきなり挑戦するのは無理なので、英語独特のリズム、イントネーションをある程度身につけ、あとは親御さんオリジナルでいいと思います。

少々ヘタでも構わないので子どもと一緒に楽しめる、英語を好きになってもらうのが目的と考え、自分がラクに発音できる部分からでもいいのでとにかく楽しむことが大切です。

英語学習を続けるために必要なのことは?

今まで何度も英語、英会話をマスターしようとしても途中で続けられなくてやめてしまったという経験はありませんか?

では、そもそもなんで続かないのでしょうか?続けるために必要なものって何なのでしょうか?

まず、続かない原因として以下のものがあげられます。

1、英語学習が楽しくない

2、効果を実感できない

3、どんな順番で何からやっていいかわからない、どのくらいの量が必要かわからない

上記の3点を解決できれば、苦労はしないんです。

どのように解決していけばいいのか、今後書いていきます。

おすすめのオンライン英会話比較ランキングはこちら ⇒