ディクテーションで英会話力をアップ


⏳この記事は 2 で読めます。


みなさんは英語学習にディクテーションを取り入れていますか?

実は文法にばかりこだわっている日本人にはとくに、英会話のディクテーションはおすすめです。

今回は英会話力を伸ばすために、ディクテーションについてのご紹介になります。

ディクテーションで英会話を上達させる!

英会話を学ぼうとする場合、まずCDを用意して実際にネイティブが話す内容を理解するところから始めるかと思います。

しかし、聞いてみると、自分がどの程度聞き取れているのか、そして聞き取った英語ははたして正しいのかが分からなかったりするものです。

そこで、リスニング力をアップさせ、英会話を上達させるためにディクテーションという方法が非常に効果があるとされています。

この方法はいたってシンプルで、ただ単に聞き取った文章をそのまま紙に書くだけです。

しかし、これによって自分自身がどのあたりが正確に聞き取れていて、どこが聞き取れていないかが一目瞭然なので、上達していきやすいのです。

ディクテーションではまずCDで同じ英文を何度もリスニングしてみて、その内容をそのまま紙に書き取ります。次に聞き取れていない部分を何度も聞き直します。

どうしても分からない場合や答えあわせをする場合に原文を見ます。さらに何度も繰り返し聞き、すべてを聞き取れるようになるまで行います。

これによって英会話におけるリスニングの上達がはかれるのです。

日本人は形にこだわりすぎる

英会話をディクテーションしていると、海外の人はこんな風に英語を省略しているんだ!とかこういった英語の使い方があるんだ!と様々な発見があります。

主語をどうしよう、文法はこれにあてはめて・・・こう話そう・・・

英会話に頭でっかちになっている人はディクテーションによってフランクな英語を学ぶことが可能です。

英会話スラングも覚えやすい

実際に文字にしてみると、スラングも頭に入りやすくなります。文字を書きながら口に出すことで効果はより高まるでしょう。

まとめ

ディクテーションは、なんとなく英語を耳にしている人にとって様々な気づきがあるはずです。

英語特有の言い回しなども書きながら覚えることができますので、是非今回の記事を参考にしていただければと思います。