なぜ英語ができる人は英語の教材を吟味するのか?英語の本の正しい選び方

なぜ英語ができる人は英語の教材を吟味するのか?英語の本の正しい選び方

⏳この記事は 2 で読めます。


英語の教材が自宅にたくさんあって、実際ほとんど活用せずに本棚に眠っている・・・

そんなことはありませんか?英語を勉強しようと思っている人のあるあるですね。

いろんな教材に手をだして、中途半端。今回はなぜ英語ができる人は英語の教材を吟味するのか?英語の本の正しい選び方についてお話します。

英語の教材、書籍の購入場所は?

まず、一番簡単に入手できる英語教材が書店で売られている英語関連の書籍です。

お手ごろな値段で、良質な英語教材を手に入れようと思ったら、まずは書店へ向かってあらゆる英語学習に関する書籍を立ち読みしてみましょう。

ポイントは、すぐには買わないということです。

簡単なものから、1冊ずつ確実にこなしていくことが目的であるはずなので、十分に吟味して決めることが大切です。

自分にあった英語教材をみつけるために立ち読みが大事

とにかく、立ち読みは英語の教材をみつけるうえで非常重要です。本のタイトルだけをみて購入し、中身がすっからかんだと意味がありません。しっかりと中身を確認したうえで、英語の教材をみつけるようにしましょう。先述しましたとおり、確実に1冊ずつこなしていくという目的だけではなく、英語の教材も向き不向き、合う合わないがありますので、立ち読みで中身を確認し、この教材であれば、自分のレベルであっても少しずつ理解できるななどと判断することができます。

英語教材は少し背伸びをするつもりで

英語教材を選ぶときは少し背伸びをするつもりで選ぶと良いでしょう。すべて知っている単語と述語で難易度が優しすぎるものを選んでも、英語の上達にはなりません。逆に難しすぎてもモチベーションがあがらずに諦めてしまうことでしょう。

英語教材選びのコツは、背伸びをするつもりで、自分の英語能力よりもやや高いと感じるものを選らぶようにしましょう。英語は積み重ねです。

階段を上るように、少しずつ上達していくようにしましょう。

英語ができる人は着実にマスターしている

英語ができる人は1つ1つのことをしっかりとこなすことができている人に多い傾向があります。日々の積み重ねなので、毎日少しでも英語に触れる環境をつくったり、それぞれの努力をすることができる人たち。

中途半端に教材も手をだしてしまっては英語はできるようにはならないということですね。

まとめ

英語は積み重ねの学問。すぐには英語をマスターすることはできません。英語ができる人ほど、着実にマスターしてから次のステップに進んでいきます。

あれやこれやと英語の教材に手をださないで、少しずつしっかり学んでいきましょう。