子供の英語教育を考えた際のバイリンガル教育について

できる事なら子供はバイリンガルに!こう思う親御さんは少なくありません。グローバルになってきているからこそ、子供には外国語をマスターしてもらい世界で通用する人材になって欲しいと願うのは普通の事。

そこで今回は、「子供の英語教育を考えた際のバイリンガル教育」についてご紹介します。

子供の英語教育を考えた際のバイリンガル教育

子供の英語教育を考えた場合、バイリンガル教育と英語教育は違うのでしょうか?バイリンガルというと聞く、話すから読む、書くまで統一した才能がある、というようなイメージが強いですが、最近は英語をビジネスに活かす、グローバル化に対応するのではなく、英語自体をもっと有効に使えるように、と教育に勤しむ親の方が増えているそうです。

胎児が聞くためのCD、というものもありますが、生まれたばかりの乳幼児でもベビーサインを使用して効果的に英語をマスターさせることができるそうです。

ボディランゲージではなくベビーサイン、無意識に出す表現の中に英語の習得が見える、このように早期から英語と日本語の両方を覚えることは、やはりストレスフリーな効果も高く、習慣性を自然に獲得していくことができます。

日本語は独特で英語との違いが大きい、だから難しい、という意見もありますが、バイリンガルといってもたった二ヶ国語だから負担にもならないそうです。

子供の英語、日本語への影響

子供の英語教育で大きなポイントの1つが、日本語への影響についてです。特に乳幼児から英語をマスターさせようとする親が多くなっていますが、気付いた時には日本語がまったくだめになっていた、という例も少なくありません。

発話の時期が遅れると不安ですが、なかなかカウンセリングなどを利用することもできず、やはり戸惑う親も多いと思います。

どちらも均等に使い分けるようにするのがやはり大切だと思います。例えば母親が英語だけ、父親が日本語だけ、というようにうまく割り振って、という場合、日本語を話し始める時期が多少遅れることはよくあるようですが、そんなに気にするほどではなく、幼稚園に入るころにはしっかりと使い分けるレベルになれると言われます。

英語が目的だから英語だけ、とはいかないのが子供英語の難点です、やはりコツをしっかり踏まえることが大切です。朝起きたら英語、そして夜には日本語、このパターンをサイクルさせる、などもよいそうです。

まとめ:子供の英語教育を考えた際のバイリンガル教育について

いかがでしたか?今回はバイリンガル教育についてご説明いたしました。子供の頃からあらゆる言語に触れる機会を作る事は大事ですが、そのバランスが重要という事です。是非本記事を参考にしていただければと思います。